同じチームの 中年男性 Rさんは、とにかく女性が大好きで、週に3-4日はマニラ中心部に出かけて


遊んでいる。 (その為に移住してきたらしい。)


どんな遊びかというと、KTVクラブ が大好きらしい。 そこはGROと称される若い女性がたくさんいる所で、


いっしょにカラオケしたり、チークダンスをしたりするらしい。


私も、2度くらい職場のおっちゃん方と一緒に、近所のJapanese KTVに連れて行ってもらった事がある。


彼女たちは、私とも一緒にカラオケは歌ってくれるし、盛り上げてくれるし、優しいし、なかなか楽しかったと思う。


私の隣には、一緒に来たRさんのガールフレンドがいたのだが、目の前でRさんはお店の女の子とチュー


をしてしまった。


それを見た彼女は、たぶんいたたまれなかった...と思うが、よく有ることなのか、まあその場は


こらえていた。 (通常こんな場合は、相手の女性を殴るなどの強行に出る事が多いそうです。)


Rさんと彼女は一緒に暮らしているが、Rさんはいつも一人で遊びに出かけてしまうらしい。


Rさん曰くは、彼女にはあらかじめ言って有る。 気に入らないなら、出てってくれって。


彼女は良く出来た人なのか、じっとRさんの帰りを待ち、掃除など家事をきちんとしている。


そんな彼女が有る日、泣きながら私を訪ねて来た。


この最近、Rさんには特定の彼女ができたらしい...今までのパターンとは違って、結構入れ込んでいる


と言うのだ。


フィリピン女性はね、とても純粋に人を愛するから、こんなのつらいって.....


なんで、日本人とつきあったの? 彼はそういう人でしょ? もっといい人がいるよ~


くらいしか、言えなかったけど...  


フィリピン人の男性の方がはるかに甘くて、優しいのになあ~


(ただ、$は持ってない可能性が高いですが)


この出来事、Rさんには言ってない。 だって、内緒にしてくれって。


まあ、ちょっと話してみたかっただけなのかも。 



我慢強い彼女でも、たまにはキレるらしくて、実家に帰ってしまっている期間も有る。


そんな時は、Rさんの着ている服がいつもと違ってたりするから、すぐわかる。


ああ、洗濯物がたまってて、着る物が無いから、あんまり普段着ないようなのを着てるんだ~~


という感じ。


またRさんは彼女を呼び戻すみたいだが、本当に男って~~~しょうがないなあ~~~




そんな彼女が、自分の古着を利用して作った人形を持っていた。


Rさんは、その間のぬけた顔した、ぜんぜん可愛くない人形は自分だ!ってすぐわかったらしい。


フィリピンの人って、信心深いので、おまじないとかそういう事をよくするらしい。


しかも、彼女のおばさんは、少し有名な ヒロット師(マッサージなどで霊的治療する人)で、


どこかの島で、修行をして来たとか何とか...もちろん霊感も備わっているらしい。


彼女もおばさんのアシスタントをしたりしているので、魔術が操れるのかも.....?



それから、約一ヶ月間、Rさんは酒が飲めなくなってしまった。 胃の調子が悪いのかと、その間は


夜遊びを控えていたと本人は言っていたが....


彼女曰く、


私がそのように願をかけたからなんだよ。


と言う。



Rさんは、あくまでも否定したが、もしかして...


AD

海外で働く...って

ずーっと夢だったんですょ。


その夢がかなったのは、台湾で日本語教師や、インターンシップ生としてホテルで働いた時なので、

夢見てから、約8年後にはかなったようですが、あっと言う間に年を重ねてしまって...はは。


できなかった事がどんどん出来るようになるのって感動的です。

でも、やっぱり、年...のせいか、同じように出来なくなってしまう事も...年々感じます。

そんな~年でもないのかも...ですが、やはりそれなりの年になってしまいました。


海外で活躍されてる方...たくさんいらっしゃると思います。


私が、台湾の大学時代の夏休みにタイ・バンコクのホテルでインターンシップをした時、

たくさんの日本人と出会いました。


特に、現地で就職している人たちは、女性も男性も、中性的な人も、みーんな努力して、

さらなるキャリアアップを目指しているような...


刺激的だったんですよね~  私もがんばらな~~って。


海外で働きたい理由の一つはこんなとこにも有るのですが...


ここ、フィリピン..... 


私の周りには...っていうか、出会う人とか、見かける人は こんな感じの人が多いと思います。


・日本で出会ったタレントさんを追っかけて来た人

・社員旅行などで来て、楽しさにはまってしまって、移り住んだ人

・とにかく、楽して仕事がしたいから来た人

・日本で仕事が見つからないので来た人

・日本で何らかの失敗をしたので、移り住んできた人

・フィリピン人と結婚した、或いはする予定の人

(あくまでも、私の狭い目で感じた範囲です。)


フィリピンって、日本人の仕事の求職条件があまり難しくないのも有るのですね。

職種にもよると思いますが。。。 


現に、私の在籍する会社でも、求人を出しますが、条件は難しくないです。

ただ、あまり求めているような人材が...

とほほ... フィリピンってイメージ悪いからですかね?


同じような仕事の内容で、中国のそれよりも給料とか条件がいいのに、若い人が集まりにくい

ようなんです。若いって言っても、それなりに社会経験がある人が望ましいところですがね~


中国に行くのは中国語と学びたいから...っていうのが有るんでしょうが、同じ位、英語を学びたい

人がいるはずなのになあ~


ここに暮らす日本人、一般常識をいい加減にしか守れなくなってしまった人がたくさん

生息しているんですよね~

あぶない、あぶない。 

怠け癖がついている人が入ってくると、他の人にも悪い影響を与えますしね~


(あくまでも、私の狭い目で見た範囲で感じた事です。)



もともと、海外で暮らす事を想定していた人とか、英語ができる人だといいのですが、

英語もタガログ語もできないで、きちゃって、フィリピン人のパートナーに頼って生活している人が

いるんです~~ (もちろん、$面はちゃんとカバーしてるのでしょうけど)


ある人は、日本で貯めてた$は付き合い始めから、ほとんど貢いじゃったようで、

後は現地採用の安い給料で、パートナーとその家族の面倒(金銭面)を見なくてはいけなくなってます。


それこそ、現地の人よりは良いお給料かもしれませんが、やはり日本食が食べたかったりしますので、外国暮らしの日本人は、現地の人と同じ生活水準は難しいんですよね。


一緒に暮らし始めた最初の2週間くらいは、朝食をつくってもらって、アイロンの効いたシャツなんかを

着せてもらってましたが、それもすぐに、共働きしてるから...と言う事で、今ではそんなにお世話して

もらってないようです。 

掃除は男性がしているとか。


しかも、相手は自分よりもうーんと若いフィリピン人女性だったりするので、夜ねかせてもらえないのか、

朝は覇気の無い顔をして出社してきますね... 仕事中に居眠りしちゃってます...おいおいガーン


遅刻が多かった人もいました。 多分そんなのが原因なんでしょう。



でも、若くてきれいな女性と暮らせるなら...幸せって事なんでしょうね。 



お金は渡すわ、そんなに世話してもらえてないわ、なんか...みじめだなあと...

まあ~ひとごとなので、そんな風に思っています。


AD

今、日本は寒いそうですが、ここは太陽が大きくて、思わずぐったりしてしまいます~


台湾にいた時...この時期は上着を着ていましたヨ。 寒気がやってくるとストーブもつけましたし。


ここは、常夏... 夏と梅雨の二季しかないような感じです。


ただ、今の時期、夜風は涼しいので、ベストシーズンかもしれません。

 


この天候のせいなのか...ナンなのか....


私の周りにいる日本人は ケッタイ だったりします。

(ケッタイって大阪弁ですね。。。 奇怪という意味です。)


さて、新シリーズです...が続けられますかね~? はは。



私の業務は4人いるチームのコーディネーターです。チームメイトは私以外男性(日本人)です。


個性的すぎるメンバーにはいつも頭を悩まされています。 ほんまにっ


たとえば、こんな感じです。



Bさん... 妄想、虚言、アル中......ケッタイ度 99.9999....%


関東出身、45歳くらい。離婚暦有、過去に韓国と中国にて就労経験が有るらしいが、国際感覚 ほぼゼロ


フィリピンでは酒が安価なので、安ブランデーにおぼれている日々。


そのため仕事の効率が悪く、後から入った人よりも仕事ができない。 というか、わざとしないのかも。


酒が残ったまま出社してくるときも多い。 酔っ払っているのかで、マウスのすべりが悪いとガンガン打つ。


もうアル中間違いなしだが、バイクに乗りたがって、しょっちゅう転んでケガをしている。


虚言癖が有り、小学生レベルの嘘を平気でつく。もしかしたら、妄想しているのかもしれない。


日本人ならおじーちゃんでもモテモテのこの国に於いて、どうしてもフィリピンの女性にモテないのだが、


俺は色が白い中国人か韓国人がいいんだと言い訳している。


今まで(1年半)聞いてきた嘘は星の数ほどで、忘れてしまうくらい有るが、ここ最近のヒットな話は...



会社を無断欠勤した日、心配して会社の総務スタッフ F君 が彼を訪ねていった。


部屋に行くと、腫れて、傷だらけの顔をしたBさんがF君を部屋の中に招き入れた。 


Bさんの傍らにはマタドールとかいう安ブランデーのビンが置かれていた。


さすがに F君の前では飲まなかったらしいが、明らかに飲んでいた様子...


そして、テーブルの上にポリスレポートの用紙がこれ見よがしに置かれていた。


Bさんは昨夜近所でホールドアップに遭い、携帯と財布を巻き上げられたと言う。


F君はすっかりその話を信じて、会社に報告をしたそうだ。


しかし.....


この手のストーリーは...今に始まった事でなく、渡非一ヶ月目でもうこのような問題を


起こして、いろんな人に心配と迷惑をかけた事が有ったのだ。 


ピストルをある人間から取り上げて、そいつをシバいて...というような変な武勇伝。 


そのアルコールでいかれたガリガリの体でどうやったら、人をシバけるというのか..... 


結局いろんな人が彼の話を信じて、狼少年のストーリーのように、多くの人がだまされてしまった。


(すぐバレテいたが)


今回もそんな感じの話を考えたようだ。


次の日、私にこんな風に言った。


そのホールドアップに遭った時、いっしょに居た近所の住民?がその犯人たちに向かって発砲してしまった。


自分も持っていたサバイバルナイフで相手のももを刺してやった。


いっしょに居た人は警察に拘束されている。俺ももしかしたら、やばいかもしれない...


というような内容だ。



記憶が無いのもいいかげんにしてほしい。


その事件が有ったと本人が言っている時間、私はコンドのロビーでBさんと会った。


顔中血だらけで、ロビーのソファで寝ていたのだ。


その時、ちょうど帰宅した私はセキュリティに呼び止められて、彼を見に行った。


びっくりして、どうしたのか聞くと、


バイクで転んだと言っていたのだ。


その二時間前、サングラスをかけたBさんがロビーに居たところを他の同僚が目撃している。


その後、彼は飲みに出かけて、べろんべろんになって、バイクで転んで、ロビーでダウンして


いたのであろう。 たった2時間でべろんべろん?とお思いだろうか。 休日は朝から


呑んでいるらしいので、呑みに行く前から出来上がっているのだ。


近所に有るバランガイオフィスの人が彼を連れて来たという証言がセキュリティガードより


得られた。 (バランガイとは 町内会?隣組?みたいな組織)


ハロウィンでもないのに、なんでBさんは今頃そんな装いを?


なんて、冗談がヒマなセキュリティガードたちの間で流行ったらしい。







こんなBさんは問題行動が多いのだが、日本人が不足している為、かろうじてクビが繋がっている。









AD