婚紗照~結婚写真

テーマ:

お友だちのMayが1月に結婚する。 Mayは私と同い年でホテルに勤めている。

 

私が1年生の時、実習させてもらったホテルで知り合った。 今は週に一回日本語のレッスンを


彼女にしている。 もう3年くらい毎週の様に会っていっしょに昼ご飯を食べ、おしゃべりする。


とっても大好きな友人。


私のクラスメイトたちや、シェアメイトたちも勿論仲良しだが、なにしろ皆若い。 


話が合わないことが多々...


それでも私は幼稚なので楽しめる時もあるが、時には大人の会話(?)を楽しみたい。


それに結婚前で忙しいのに、私との時間を楽しみにしてくれている~


そのMayの結婚写真集を見せてもらった。


may may retro


 私の気に入ったのをアップさせてもらいました。 了解済みですよ~


 

 私の見せてもらったのは、「娘子家用」 新婦が実家に置いておく用。

 

 もう一冊のはもっと大きくて、披露宴の時受付に展示される。


このような写真を香港からとか日本から撮りに来る人も少なくないそう...


私の友人も日本から2泊3日で来て、台北で和装と洋装の写真集を撮った。


和装はどれもいい着物ばかりで、しかも新しい! 日本よりもいいみたい...


強行だったが、やってやれない事はなかった。


台湾で遊んで、食べて、思い出を作る... 素敵~


日本ではなかなかこんな写真集って無理ですからね...


台北ナビ  で予約できます。(詳細も)


私も変身写真は何度か... 台中、台北、上海 と撮りましたね~(昔です昔...)


でも、本番の結婚写真の予定が... 目ばっかり肥えてる場合じゃないよ~








AD

229    230   228

 

知り合いの日本人の日本語教師のH先生が結婚される。(っていうか、もう籍は入れたそう)

次の日曜日...

場所は中部では有名な複合式レストラン。

 

H先生は私が日本語教師の養成講座から台湾へ実習に来た時に、お世話になった先生の一人。

もうかれこれ10年以上たつが...

私より2.3歳くらい上だと思う...

 

お相手は台湾の女性。もう6年くらいの付き合いだそう。よかった!

 

何度も先生に浮気されていたが、彼女はどうしても別れたくなかった。(涙)

そのうち、気にしなくなったという。

先生の部屋でなんども他の女性とかち合ったそうだ。(!)

 

そうなってくると、だんだん先生のほうも落ち着いてきた。

歳も歳だし、そうそう若い子にもてまくるはずもない。(以前はもてもてだった)

 

独身主義者だといってはばからなかったのに...

やっぱり、時がたつと落ち着きたくなるんだな~

 

でも、2人を見ていると、先生はちょっと亭主関白なので、彼女がちょっと気の毒になる。

台湾では男性がなんでも女性の世話を焼いてくれたりするので、差がありすぎるというか。

(個人差もありますが)

私でも、あんなに尽くすのは疲れそうと思ってしまった。(人前だからってのも有るかな)

 

そんな日本の男性と結婚したかったのだから、彼女は本当に愛しているんだな~H先生を。

 

台湾の男性と日本の女性だったら...台湾の男性は楽できて喜びが大きいのでは....

(ん~でも結局、女性も楽なほうに流されるから、やっぱり台湾の男性は女性に尽くすのかな)

* あくまでも個人差があります!ね。

 

ま、とにかく幸せそうなのでそれでよし!

 

 台湾では喜帖を渡す時に、いっしょに喜餅(引き菓子?)も渡す場合がある。

今回は先にいただいた。

お祝いは当日‘紅包’ を持って伺う。

 

紅包’ hong2 bao1 ホンパオ = ご祝儀袋 

 

日本から先生のご家族も見えるそうだ。

あとは、語学学校の同僚の外国人の先生とか、知り合いの日本料理店の経営者とか....

 

招待客は当然、圧倒的に新婦の側が多い。

(300人以上だそう。でもこれは普通。少ないほうかも?)

台湾での披露宴は新婦側と新郎側と2回するそうだ。

先生側はこれから日本へ帰って、式を挙げることになっている。

 

いまのところ...私はP氏(彼氏?)と一緒に出席するつもり....

(家族やパートナーを同伴するのが普通)

 

その分は多く包めばいい。

食事がメインなので、日本よりカジュアルなのだ....

 

週末はいいものにありつける~ 

(一応、いったことのないレストラン(有名店)なので、勉学も兼ねております。)

 

 

AD

 春聯 

テーマ:

台湾はコンクリートの3階建て或は4階建て以上のの建売っぽい建物がよく目に付きます。

1階はガレージもしくは店舗で、2階或は3階から上が住居スペースになっています。

入り口のドアの周りには 

yangtai       chunlian

 

“春聯 chun1 lian2” (新年に貼る対句が書かれた赤い紙)が見えます。          

AD

爆竹 ! ! !

テーマ:
爆竹 ! ! !

 F飯店の大庁(ロビー)に飾ってあった大きな爆竹の置物。

 火をつけたくなったりしないの?

 今年の暦は――

     除夕(大晦日)2/8
     初一 (元旦)2/9
     初二 ......
     初三 ......

  とまあこんな感じで、来週いっぱいはどこもお休み。
  大体2/14(情人節)バレンタインデーから通常にもどる。
  
  ちなみに私の新学期は2/21から始まる。