柯同学からのお礼

テーマ:

今日は最後の中間テストが終わりました。 

最後の科目はクラスの必修だったので、久しぶりにクラスの皆と顔を合わせました~


実は昨日 柯同学というクラスメイトの自己紹介文を日本語に訳したんです。


もうすぐ就職の面接がありますから、これからこんなお願い事が増えると思います。

台湾の国際ホテルの面接は言語能力を重視します。(どこでもそうですね)


彼女は 中国語、台湾語、日本語、スペイン語の自己紹介文を用意するそうです。


うーん大変そうですが、これは基本的な準備です。


私も以前、ホテルで実習中に、面接のお手伝いを何度かしました。(台湾、タイ)

当然ですが日本語担当でした。 

日本人が出てくるなんて!とびっくりされたでしょうね。


日本語と英語の自己紹介は必須みたいです。台湾の観光客の多くは日本からですし…

学系の必修にも日本語がありますから…


そこで…


わざわざ、お礼をくれました。 


贈り物  


カードには


 感恩喔,幫了大忙~ Mucho gracias (スペイン語)

ドキドキ2種奶茶&神秘小禮物 希望吥會喜歡恋の矢


と書いて有りました。


「恩にきます。大変お世話になりました。どうもありがとう。

 二種類のミルクティ&神秘的な小さいプレゼント

 気に入ってもらえたらいいなあ」 とこんな感じですね。


神秘プレゼントとは…

もうおわかりですね~


JAYのブロマイドにキーホルダーです。

これわざわざ買いに行ってくれたのかな?



やっぱりひと回りも違う同学はかわいいですっ




AD

黄同学からの....

テーマ:

黄同学はクラスの中でも個性的な女の子なんですが...


私がお土産に渡した英国のチョコレート(小さい)について...こんなものをくれました。


1    

2 3

4 5

6


やっぱり、ひと回りも違う同学はかわいいですっ


AD

xuedi

台湾の有名なABCスター、ワンリーホン似の学弟です。  学弟xue3di4シュエディ=男の後輩


ワンリーホンに似ているとうわさされているので、さっそく写真を撮らせてもらいました。

私が写真を頼みに行くと、そばにいた私の同学たちがキャーキャー言ってました。

「私が頼んであげようか?」なんて言ってくれたり… (私をダシに近寄る気か?)


似てるかどうかは、私にはあんまり判らないんですけどね。


写真よりも実際はもっといい感じでした。 こんな風なジャニーズ系の若者を台湾で

見ることは非常に少ないので、思わず見とれてしまいました。


今 一回生で、もうさっそく同じクラスに彼女がいるそうです。

さぞかし熱い争奪戦があったのではなんて思います。


やっぱり好看の男生はいいものです♪


P.S... 期末テストとレポートに追われて、なかなか更新が出来ません~

      何度ものぞいて下さった方々、申し訳ないです。

      ネタはあるんですよぉ~

AD

一週間に1回 「導師時間」というホームルームのような時間がある。


予定のない時はフリーになるこの2時間は、クラスミーティングや演講(講演)を聞きに行くために

時間割に設けられている。


各学系によっても活動内容はさまざまだろうが、もう4年生になった私たちはやることがほとんど無い。


月一回の班会(クラスミーティング)以外は今のところ予定なしだ。


先週は何人かの同学(クラスメイト)が夏休み期間、海外にインターンシップしに行ったので、

その報告があった。


潭潔・タンジエ(♀)同学は中国の広東省のある工業区にある台湾系のホテルへ。

この子はヒップホップダンスが得意で、先学期までは髪を金髪にしてカーリーヘアにしていた。

派手派手な台北っ子の彼女も髪を黒に染め直し、ストレートヘアにしていた。

そして今回の感想は....


「 物価の差が大きかった。 金持ちはとてつもなく金持ちで、貧乏人はとてつもなく貧乏だ。


 従業員の宿舎は狭い部屋の壁を削って2段ベットがしつらえてあって、ベットは鉄板になってて、

 だれも敷布団とかマットを敷いていなかった!(彼女はこのことがショックだったようだ)


 扇風機も無いから、夜中に起きだして水浴びに行く人が多い。 


 トイレは自動式の水洗で、1時間に1回流れる。 だから、自分のしたものが他の人にも見られたり

 する。 扉はいちおう木製の扉があった。(あったけどねって感じだった)


 この宿舎は、大陸ではまだましなほうだという。


 個人のロッカーにはおそろしく物がはいっていなかった。 

 みんながあの子は 買い物好きだと言っていた女子従業員のロッカーでさえ5枚の服しかなかった。

 

 そして人民は痰を道やいたるところに吐く。エレベーターであろうが、絨毯であろうが。 

 これにはまいった。


 そして、道端で平気で服を脱いで(男性です)、疲れたから道端に座り込む人も多いという。


 買い物のとき、買わないのにいつまでも追いかけてきて、どんどん値がさがる。最後には3、4掛け

 にもなる。(台湾の若者はあんまり値切らないからビックリするみたいだ) 


 田舎から今度は上海へでたら、これはまた

 別世界で、おしゃれな店がいっぱいあった。 

 外国人がオープンカフェやレストランにいっぱいいてまるでそこだけ別世界のようだった。 

 差がありすぎ。 」


彼女は別の管理職用のサービスアパートに住んでいたそうだ。 そこにはエアコンもあり、豪華だったそう。

カルチャーショックな実習だったそうだ。

体制も違うなかで、もっとも大変だったのは台湾からの客人の苦情だったという。

そして、部屋にはコンドームがおいてあるのだが、それはチャージされるもので、そうとは知らない

客人はあとで請求を受けるはめに。 (ちゃんと書いてないのか)

チェックアウトの時、部屋を確認しにいったハウスキーピングからの連絡で、それが請求される。

それをフロントで客人に伝えるのは、なんとも辛かったそうだ。

台湾のモーテルなどでは、コンドームはチャージされないから、客人もちょっとはずかしい思いをする。


でもホテルではいろんな事を経験させてもらえたと大喜びのタンジエであった。







 

 


胡樂祈同学

テーマ:
 
 ロッキーは香港からの僑生。
 ママからプレゼントされた手作りの背心を披露。
 
 背心 bei4 xin1 = チョッキ、ベスト

 彼の服装はいつもユニーク。
 
 手染めTシャツも自分のデザインで作る。
 色のセンスがいいのだ。

 香港の青年野球の選手なので、よく国際試合に参加する為
 外国へ行く。
 もの怖じしない彼は外国人の友達がたくさんいる。
 
 将来は大物なるか....?
 
 

 

我們系上的宝物

テーマ:

 入学当初、私のクラスには7つの宝があった。 
 
 7人のサムライではなく、7人の男同学たち。  

 小宝、二宝、三宝、四宝、五宝、六宝、大宝  

 というニックネームがついている。 
 入学式の時、少なかった男子を大事にしたい思いから 
 この名がつけられた。(はずだ)  
 
 残念だが、いちばん体が大きかった小宝と、
 いちばんハンサムだった五宝は もういない。
 (いちばん小柄なのが大宝だ)  
 
 二宝と大宝だけは、いまだにこの名で呼ばれている。 
 のこったのはこれで、5宝ということだ。  
 
 クラスのあと48人は女同学である。(怖い!)  

 写真は、左から トビー、イェンザ、ロッキー 
 3人でなかよくお弁当タイムだった。  


Ven子~

テーマ:
 
 ベネッサは香港からの交換留学生で西班牙語のクラスの同学。
明日帰ってしまう。
一緒にいると楽しいと言ってくれた。
今日はいっしょに“麻布茶房”という日本のフランチャイズの店に
行った。彼女のお気に入りだそうだ。
私は初めて行ったのだがとてもよかった!日本料理だ~。
 21歳の彼女は私を慰めてくれたりする。大人だ。

阿Bu~

テーマ:
 
 阿Bu~はとっても開朗な優等生。客家系。姓が黄なので黄色が大好き。
テスト期間中なのに、学内の“校友会館”という宿泊施設のフロントで
打工(バイト)している。
 彼女の夢は日本の高級クラブで酒を飲む事とシングルマザーになる事だそうだ。
(有一点奇怪!?) 

育菁與彦澤

テーマ:
 
 夕べ室友ユイチン(育菁)と男同学イエンザ(彦澤)と3人で晩ご飯を食べた。 照片はこの二人だ。

まず“赤坂”という日本人老板の店で日本韓国式焼肉を食べて、その後“双聖”(スウェンセンズ)へデザートを食べに行った。
いっぱい食べたなあ~また。

なにを隠そうこの二人、最近急接近中なのだ。
二人とも否定しているが、なにか甘酸っぱい感情が見え隠れする。
ちょっとおじさんの雰囲気があるイエンザはユイチンの好みのタイプだよ~
この二人、よくたわいの無い言い合いとかしてるし~
いいなぁ~その青春してる感じが。

元々はユイチンと私が約束していたところにイエンザが入ってきたのだ。
私はお邪魔虫したわけでは決して無い。
あえてここに記述しておく。

 私はちょっと“かませ犬”になった気分。
(負け犬が、かませ犬。妥当か)
是までにも私をはさんで成就して結婚したカップルが何組かいる。
私はそういう宿命を負っているの?
私のことを人間交差点と言った人もいる。

そうか~
ま、上手くいってほしいなあ~
加油!






附加―日本美眉

テーマ:
 
 日本から遊びに来ていた一まわりりくらい年の離れた友人。

 中国語ぺらぺらさん。

 この子がいつのまにか店の副店長のおばさんと仲良くなっていて、酸梅湯と

 いう飲物をサービスしてもらった。

 なんでも副店長は彼女のマスカラに興味をもったようだ。

 ボリューム感があるのでどこのメーカーの物か知りたいらしい。

 好奇心旺盛な副店長だ。