Cebu 宿霧 セブ~③

前回のお話→ Cebu 宿霧 セブ~①    Cebu 宿霧 セブ~②  


セブの思い出日記が...はは、忘れてました。

このときのセブ旅行で気に入ったところです。

P氏も私もセブ島は初めて訪れました。

P氏は、老後を過ごすのにどこがいいか、いろいろ考えているらしいのですが、

ここ

セブも候補に上がっているそうです。


マニラに比べて、空気汚染がマシなこと、文化施設もたくさんあり、有る程度発展しているが

自然もたくさん残っていて、物価もそれほど高くない...と条件に当てはまるそうです。


さて~ はりきって観光~~~


セブ島で最初にできた目抜き通り...といわれている所へ行きました。

んんん、道の名前忘れました。スンマセン


cebu




P氏に連れられるまま、街をぶらぶらしていました。




私はかねてから、不思議に思っていた事がありました。


このお人形さんは何? なんで、サリサリストア(雑貨食料品の店)なんかにも飾ってあるの?


このあたりに来ると、露天でたくさんこの人形さんや、お守りのような物が売られているのです。



cebu


  それにしても、


  マニラで見かけるのよりは 日焼けしてるなあ。
  
 ←これはセブのChawking 超群 ファーストフードのお店に

   有りました。



 




無知な私は、そこで知りました。  このお人形さんはサントニーニョ(キリストの幼少版)でした。



そうか~

ここは サントニーニョ教会 !!!


cebu



cebu     熱心な人々がお祈りに来ていました。


cebu   cebu


cebu   cebu  


cebu



 このように、中にもいろんなお人形さんが展示されて

 いました。

  

 マリア様とかでしょうか....(無知です...スンマセン)








cebu    


なんでも、その昔、マゼランがセブに来てキリスト教を浸透させるため(親善のためかなぁ) 

その当時の王室に贈ったのが、サントニーニョ像だったのです。


社会科のセンセーだった事があるP氏曰く、 


色の白いキリスト像は、セブ人にとって馴染みのないものだったので、何とかして親しみを抱いてもらおうと

褐色の肌の幼きキリストの像を贈ったらしいのです。 そういえば、フィリピンの子供っぽい。


上の写真は そのオリジナル像です。 このサントニーニョに会うために、人々は行列に並んでいました。

私は、ちょっとズルですが、横からセキュリティガードにお願いして、カメラで撮ってきてもらいました。


cebu   皆さんが行列を作っている廊下には、

この様な絵画が展示されています。

マゼラン上陸の歴史物語になっています。


cebu  外にも像があります。 


cebu    cebu


cebu    赤いろうそくを使ってお祈りしています。


なんだか、アジアチックです。



そして、同じ敷地内に 有るのは....



Magellan's Cross マゼランの十字架 です。

cebu  このとんがりお屋根のドームの中には


cebu   

すばらしい世界が......
cebu

鉄格子の窓からのぞくのですが、その時私の腕ををつんつんしてくる手がありました。


見ると、小学校低学年くらいの男の子。


手にアクセサリーのぶら下がったボードを掲げています。


こっちから見た方がいいよ Maam と 見やすい場所を教えてくれました。


普段だったら、子供とはいえ、無視するのですが....


この子の親切がたとえ商売の為とはいえ、なんか嬉しくなった私は、2つピアスを買いました。



cebu   









 はは.....



  晩酌のお供になったかも。




そして、この時 CR(トイレ)に行っていたP氏が戻ってきました。

さっきの子よりもまだ小さい男の子がP氏にまとわりついて離れません。



とうとう......



cebu


ひつこいで!

うわ~~ん(泣きあせる
AD