Palawan ④~ El Nido

前回までのお話→ Palawan①~ Puerto Princesa  Palawan ②~ Roxas   Palawan③~Taytay   


いつもちょっと前の思い出話を公開してしまって ゴメンナサイ~

私の思い出話にお付き合いくださるあなた様に ラッキーな事がありますよ~に! へへ。


さて、フィリピン・パラワン島のプエルトプリンセサ~ロハス~タイタイ とVANやバスで移動して

来ましたが、タイタイからパラワン北部エルニドまでもやっぱりバスです。


3~4時間くらいの距離だったかな?と思います。


タイタイのバスターミナルで、一人のフィリピン人女性と出会いました。

彼女は他のフィリピンの女性とは違ったファッションで垢抜けていましたので、外国帰りの人なんだと

第一印象で思いました。 


とてもおしゃべり好きな人だったので、車中で退屈しないで済みました。



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan














 彼女は香港で7年間メイドとして働いて、この最近フィリピンへ戻ってきたばかりなのだそうです。

香港の家庭ではとても楽しい日々だったと言っていました。 いい雇用先だったようです。

残念なことに、この家族はカナダに移民する事になったのでお別れしたそうです。


その後、パラワンに戻ってプエルトで韓国人のご主人の家庭でメイドをしたらしいのですが、

嫌な事があったらしく、仕事を辞めて実家に帰る途中で私とバスが一緒になったとか。


私のフィリピンでの仕事とか、ビザはどうなってるとかいろんな事を聞かれました。 

どうやったら香港へまた戻れるかとか相談も受けました。それは知らんなあ~ お姉さんは香港人に嫁いでいるそうなんですが、親戚ビザとかで行っても、果たして就労していいのかどうかなあ。



海外の仕事のあっせん業者には悪徳な業者も多く、ビザも偽だったりしてトラブルに巻き込まれることが

多いのだそうです。 手数料とかだまされて取られて終わり...とか、変なところで就労させられたりする事もあるそうです。 


昔は海外就業の手続きとかパスポートの発給は マニラでしかできなかったそうなので、

船に乗って一週間くらいマニラに滞在しなくてはならないし、早朝からオフィスの前で行列したのだ

そうです。

この最近はプエルトでもできるようになったので良かったと言っていました。

(今でもマニラではどっかの大使館の前とかすごい行列みたいですけど)


そして、私が向かっているエルニドの情報を教えてくれました。

レストランとかお土産屋さんとか... 


あと、私はこのパラワンで耳にする言葉がタガログなので、とても助かったという話をしましたら、

語源の流れについてとかも教えてくれました。 はは、内容はわすれちゃったけど、セブのとか

南のビサヤ地方とは違うルーツがあるのだそうです。 パラワン各地で地方の言葉は有るらしいですが、村によって少しずつ違うらしいので、それこそ彼らは標準語であるタガログを使うのだそうです。


彼女はエルニドの手前の山の中の村までの乗車でした。

バスからは彼女の家が見えました。 家から家族の人が出迎えていました。

はは、道沿いに家がならんでるので、みんな自分の家が他の人にバレてます。


同時にバスに乗ってやってくるお米や野菜などの物資も待っている人が受け取りに来ます。

バスは人も運ぶけど、宅急便の役割もしています。 屋根の上から物資を下ろす係りの少年も同乗して

います。



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan

これは彼女のお家ではないです。



ご主人様が帰るのを待っているワンコたち。


いじらしいです。














そうこうしているうちに、山間に海が見えてきました。 

山の感じもこんな風に大理石?です。


麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan
































残念ながら、エルニドは曇りで小雨がパラパラ。

でもバスに乗っているとき、大雨に降られましたのでそれよりはマシかな。


バスを降りると トライシケルドライバー軍団(バイクにサイドカーが付いてる乗物)

 が私を熱烈歓迎してくれましたが...


どうやら、貸切でどっかまで行かないか?とかそんなお誘いです。

30分くらい行ったところにホットスプリングが有るらしいのですが、値段を聞くと高い...

値切っても500ペソくらいだったかな。 往復だと700とか言われてどんどん高くなります。

往復で行かないと行けないでしょ~   私にとっては高いと思いました。

 ドライバーを横目に温泉に入るのもなんか恥ずかしいです。


それは、うーん と思ったので、お金が無いですから。って言ったら


トライシケルドライバー軍団の よっぱらい親方(海賊のジャックみたいな人)から、


なんで金ないのに旅行なんかしてるねん? 家にじっとしとき。


とつっこまれました。 ごもっともですけどね。


エルニドって高級リゾートもあるので、外国人見ると お金を持ってるイメージなのでしょうね。

私は持ってないです。 はは。

サントラ/パイレーツ・オブ・カリビアン:ワールド・エンド オリジナル・サウンドト
¥2,500
「なんで金ないのに旅行なんかしてるねん? 家にじっとしとき~」  にひひ


小雨も降ってるし、とにかく街の中心に向かうためにトライシケルに乗りました。


やっぱり、少しの距離なのに... 道がわからない為にお金を使ってしまいました。

ちょっとだけの距離やし歩けたわ~


バスターミナルの下ですから、下り坂ですし、歩けますよ。  


トライシケルのお兄ちゃんは、何度も誘ってくれました。 


いくらだったら 出せるんだ?

ホットスプリング行こうよ~ って。 明日は? どう/どう?


せっかく来たのになんで遊ばん? って感じで心配してくれたのでしょうか。


うーん、ごめんね。 気が乗らん... 露天のホットスプリングは興味有るけど、

温泉入浴はマニラでもできるし。 もう一人連れがいたら行ったかもね。




麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan

























空を見ると曇りですけど、山がとてもエキゾティックでした。

岩肌。 


ちょっと台湾の東部を思い出しました。



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan





























麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan






























街の観光案内所は閉まっていました。 土曜日はお昼までだったかな。

翌日も日曜日なので開いてないそうです。


エルニドから今度は 有名なアンダーグランドリバー国立公園のある サバン という所まで

移動したいので、バスを探します。


明日は早朝出発...ということでチケットを購入しました。

アンダーグラウンドリバーに行く途中のジャンクションまでです。


でも、お金と引き換えにもらったチケットが微妙だったので不安になりました。(いくらか忘れました~)

これ有効? 騙されてないかしら? なんて。


私があまりにも疑っているので、チケット係の男性はバスのドライバーに会わせてくれました。

チケット売り場のまん前にバスが停まっていましたので、まあ。


出発場所を確認すると、ここではない場所らしいのです。

ええ~ 不安~


するとチケット係が私の宿を聞いてきました。 迎えに来てくれるらしいのです。

でも、まだ宿を決めていなかったので、とりあえずその彼の携帯番号を教えてもらい、後で私から

テキストメールすることになりました。


なんで外国人の旅行者が携帯を? と思ったみたいですが、私はマニラに住んでるのっ って

説明しましたが、それでも???みたいでした。


んんん~ みんな微妙に酔っ払ってない?


とにかく宿を探すことにして、そこを離れました。



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan


砂浜を歩いていたら 不思議な建物を発見しました。



エルニド編は 続きます




AD

台湾で5年、フィリピンで2年 計7年を海外で過ごしてしまった私が帰国後に受けたカルチャーショック...

についてです。 はは。


今では、帰国して5ヶ月目なので、そろそろ大丈夫なのですが、最初は少し大変でしたね。


今でも時々???だったりします。


たとえば、郵便局以外のお店だと、どこで切手を購入していいのかわからないだとか、ポストが探せなかったり。 まあ実家とは違う地域に暮らしているせいも有るかと思いますが、なんか不便に感じました。

→ 今はコンビニで扱ってるんですね。  (昔は近所のタバコ屋さんで...)


携帯電話にワンセグとかいう機能が付いてたり、同じ携帯会社の間でのテキストメールと、そうでない場合のテキストメールの存在... わかりにくかった... 得意げ


だってフィリピンとか台湾では携帯サービスの会社に関係なく、電話番号があればテキストメールできましたので... 


これは外国人のP氏にとってもすごく複雑だったようで... 私もよくわかっていない時に説明を求められたので困りました。 日本人なのになんでわからんの?みたいな。

そりゃあ7年も日本にいなければ 結構いろんな事が変わってたりしますからね。 


こういうのを リエントリーカルチャーショック というらしいです。 


帰国して間もない当時の私の身分証明はパスポートと免許証だけだったのですが、新しい住所の記載が無かったため、いろんな手続きができなかったんです。 

なので、お役所へ行って住民登記カードなるものを作ろうとしましたが、証明写真の撮り方が悪くて却下されてしまいました。 

旧式の撮影マシンだったので、丸の中に顔を入れるという支持どおりに写したら、それだと

髪の毛が切れて写ってしまったので...ダメ!でした。 700円もしたのに。返して~むっ


そんなの知らなかったし、お役所がくれた説明書きにもそのような注意事項はありませんでした。 とほほ。

(これはドンくさい話でしょうか。はは。)


銀行の窓口で口座開設の手続きをしていたら、担当してくれた人がどうも慣れていない人だったらしく、いちいち他の人に聞いてました。

アルバイトにしろ、なんでもいいけど、どうしてそんな基本的な案内ができないのか不思議でした。

サービスの質が落ちているなあと感じました。


それから、これもリエントリーカルチャーショックと言えるのか?どうかですが、


P氏と一緒に過ごして気が付いたのですが、日本の商品って英語の表示が無いものが多くて、商品名の英語表示だけでは用途がわからないのですよ。

(P氏とは... 台湾時代から付き合っている外国人の彼です。)


洗剤についてだと、どれが台所用、風呂掃除用、床掃除用、洗濯用(洗濯機の絵が有るが、ハイターとか柔軟剤の区別もつかない)、そしてスカッとするシャンプーがどれなのか?とか ちんぷん かんぷん で 最初は怖くてなにも買えなかったらしい。(P氏の住む都市にはトニックシャンプーが売っていないようです?) 


P氏はこれらを夏休みに行ったカナダとアメリカでわざわざ購入したらしい。 かわいそうに。

こういうのって、実際外国人の目線にならないと気が付かないですね~

それもだけれど、男性だから特に日用品なんかの商品知識に疎いのかなあ。

そういえば、P氏は過去に台湾で、卵とピータンを間違って買ったくらいドンくさい節はありますね。はは。にひひ

ピータンで目玉焼きは作れませ~ん。


外国人目線で商品の表示とか、お店での案内に役立てたら売り上げ少しは上がるかもですね。

特に薬店さんなんかでは是非お願いしたいです。



それに、P氏が愛用しているフットパウダーが売ってない!と あせっていましたが、

日本で多く使われているらしい足のデオドラントスプレーを紹介したら、そっちの方が使い勝手が良くて

喜んでいました。良かった。


フットパウダーだと、下に新聞紙を敷いて...とか面倒ですからね。 

逆にスプレーを海外でも売り出せばいいのに~


それとP氏は英字新聞をかかせないのですが、私の住んでる大阪南部では駅のキオスク以外ではなかなか

探せません。 都心部だと書店にも置いてますけどね。 まあ、需要を考えるとね...


コンビニで唯一扱っていたのは近所のファミリーマートでした。(デイリーヨミウリのみ) ナイス!

ローソンには無いです。 関西空港内のローソンにすら無いです。 

関空では国内線の入り口付近の売店に有りました~ どんなけ探したか! 

ちなみに、2Fの本屋さんにも無かったです。

国際線出発のフロアでも探せなかったよ~ どうせ飛行機の中に有るからってことかな )

AMPMとか他のコンビニは確かめてないのでちょっとわからないですね。 


台湾のコンビニだと、結構田舎でもちゃんと英字新聞有りましたね。 需要があるって事ですね。


ま、こんな感じですが、ドンくさい話とか、日本は便利なんだか、不便なんだか...と思わせる事、また思い出したらUPしまっせ~~



AD