先週末、パラワンに行ってきました。 フィリピンで4番目にデカイ島です。


体調悪かったのでは...?って? え? はは~最近はもう大丈夫みたいです~ 



MONSTERWORKS さんの プエルトプリンセサのUnder Ground Riverの写真が

Philippne Primer(フリーペーパー)の表紙になっていたので、それを目にして、

なんか無性に行きたくなってしまいました。 以前彼の旅行記もBlogで拝見しましたが、やはりここは

行っとくべきでしょう。



スペイン時代は王女様ゆかりの地であった プエルトプリンセサから パラワン入りしました。




Cebu pasi

キャリアはまたまた huimeizi お気に入りのセブパシでっす。

 日本への就航予定も有るとか無いとか聞きましたが楽しみです。


   マニラからパラワンまでは1時間15分


 雨期なので天候が不安定かな~と心配だったのもありますが、

 思い立ったら吉日で、急に旅に出る事にしたのです。 へへ。


 事前に予約していなかったので、直接空港(Domestic)の

  チケットオフィスで、人ごみにもまれながらチケットを

  購入しました。(涙) 14時15分に離陸です。


本当は、パラワンの北部、エルニドに着きたかったのですが...エルニド行きの便は少なく、セブパシも飛んでいません。 唯一のアジアンスピリットの便は午前にすでに離陸済み...でした

  浮気できなかった~

 

Cabin

  国内線の空港税は200ペソ


  ほんまに並んだ並んだ


  どうしていつも、チェックインがトロイのかな~~ うーむ。


   ま、なにはともあれ、


  心配したDelayも...それほどでも無く、

  それなりの時間にちゃんと乗り込めました。

  (拍手~)



搭乗しますと...機内は....フリーザー状態。クーラーが煙を吐いてます。 さむっ


そして、一時間15分なのであっという間に...


プエルトプリンセサに到着です。


空港では、外国人はパスポートの提示をし、入国記録が義務付けられていました。 

まあ、ノートにパスポートナンバーを記録するだけみたいですが。


同じく訪問客は、西洋の若者がうじょうじょで、夏休みを利用して来ているようなグループが多かったです。

フィリピンに目をつけるのは、どうしても西洋人だけなのかな。

日本の大学生など...あまり来ないのでしょうかね。


空港内バゲージレーン(という呼び方?)の片隅に、ツーリストインフォメーションデスクが有ります。

お姉さんが、観光地図とかくれます。(めんどくさげに説明もしてくれます)



Palawan map





  主な観光名所まで所要時間何分かかる...といった

  案内が盛りだくさん。 正直、こんなに観光するところ

  があるんだ~  興味深いなあ 仏教寺院かあ...

  


  とはいえ.....


 


往生際の悪い私は...やっぱりエルニドへ行きたい~ という気持ちが抑えられません。

聞くと、早朝5時と7時くらいに出発する長距離バスが一日2本しかなく、それはSan Joseサンホセのバスターミナルから

出ているらしい。 所要時間は8時間だったかな。 (エアコン無しバス 350ペソ


遠い~~


しかもプエルトプリンセサに到着したのは 午後4時前。 今からではどうしようもできないな~


そう思い、私はとりあえず手持ちの現金があと500ペソくらいしか無かったので、中心地へ

行く事にしました。 (パラワンにはATMマシーンがあまり無い...と情報を見たのですが、

うっかり、現金を用意するのを忘れておりました。 はは、抜けてます~)


空港からの交通手段は トライシクル(バイクにサイドカーが付いたオートリキシャ)かあ...

交渉がじゃまくさいなあ~




Palawan


いいや~ 歩いてみよう。どうせ大した距離じゃないよ~ たしかトライシクルで10ペソくらいだったと思うし。

外国人だと70ペソとか言われるとか何とか...


うざい、うざい、どうせ歩けるに違いないし、地図を見ると一本道だし。

ええい、ままよ~


歩きました。大体20分くらい。 (空港を出てリサールアベニューを右にまっすぐです)


たしかに暑いですが、バックパック一つの身軽さなら大丈夫ですよ。


途中は景色を楽しめますし。  幸い...太陽もピークの時間を過ぎていましたので。


Palawan  おおっ 
こんな樹はマニラで見たこと無いです。
パームツリーの一種だとか。 でっかい扇です。 誰かこれで扇いで~~


Palawan  レストランのゲートがかわいいです~



Palawan


人間のスープでも作れそうな...素焼きのPOTです。 風呂桶にもいいかも。

Palawan



Palawan  
大通りから中に入ると、素朴な地道の竹で囲った可愛いおうち(Kubo)がたくさん。 

こんな感じでお散歩がてらにテクテク....

さて、中心地に到着です。

 先ず最初に見つけたATMは 角のHSBC(香港上海Bank)にありました。 リサール通りと

 フェルナンデスアベニューの交差点だったかな~ (あのあたりだったと)


でも、オフライン...使用不可...


レンタVANで乗り付けてきたアメリカ人の若者も激怒 (なんだよ~ここもつかえねえのか~)

*アメリカ人(ヤンキー)かな~ と思いました。 


ま、仕方ない。 また歩くテクテク...

Palawan

ベトナム食堂を発見。



Palawan   可愛い坊やがポーズを取ってくれました。 むふふ。




しばらくすると、ちゃんと銀行がありました。 でも、国際キャッシュカードが使えるかどうかは...

ちょっと分かりません。 たぶん大丈夫でしょう。 (私は国内のキャッシュカードだったので..)

心配ならば、やはり、現金はマニラから用意したほうがいいかも...その方が確実ですね。


ショッピングモールの中にも有るようですが、やはりオフラインに当たってしまうと大変ですよ~




Palawan










 レッチョン...豚の丸焼きの屋台をよく見かけました。

 皮はカリカリって感じで中はジューシーなのでしょうね~





うわさどおり、町にはごみが散らばっていません。

ここは...マニラと同じフィリピン?


歩行者に車も優しく... ちゃんと先に通してくれます。 マニラと同じフィリピン?


政府の政策で、環境保護に力を注いでいるそうです。(観光事業も)
Palawan


そこにSan Jose行きのJeepが通ったので、乗せてもらいました。 11ペソくらい払ったかな。


とにかくバスターミナルまで行ってみようと思いました。


そしてその日の夜はとにかくプエルトから出て、エルニド方向へ少しでも移動していこうと計画を立てました。


根性!









Palawan  San Jose マーケットです




バスやらVANやら、ここからたくさん出ています。


Roxas行きの乗り合いVANをゲット... 

料金は表に書いてありましたRoxasまで180ペソ


5時間くらいかかったかな~


出発までの時間は ターミナル周辺をぶらぶらしました。

ちょうどマーケットがありましたので、腹ごなしも兼ねて...





Palawan




 新鮮な野菜、肉いろいろ...


そして、魚介類の干物。


 ただ、ハエがすごいわ、ここ。


 ぶんぶんぶんぶん 飛んでます。


 ひぇ~






Palawan





 ゆでトウモロコシ、3本で12ペソ(約30円くらい)。


 もちもちとした品種で、腹持ちもいいです。



 うーん、しかもゆでたてほかほかで美味です。





そして、ゴミ箱がちゃんといたるところに有りました。 ここは...マニラと同じフィリピン?



Palawan








 すんません、画像ボケてますが、これはムスリム(イスラム教  徒)の為の食堂です。 サンホセのバスターミナル付近には何軒かありました。



おお~ さすが... 



マニラにはハラル食堂は普通に無いよ~ (え?有る?見たこと無い~)







では、また続きます~



AD

ご無沙汰しておりました。


このところ、忙しいか体調悪いかどちらかですが 何とか生きています。(Buhay ba !)


3週間くらい前だったと思いますが、フィリピンムービーを観ました。



CareGiver



実は、この日本当は ナルニア を観ようとシネマコンプレックスに行ったのですが、

月曜日の振替祝日の為、モールには結構若い人がうじゃうじゃ... 


ああ~うっかりしてた!

月曜日とはいえ、祝日かあ~ どうりで人が多い...


ってことは、普段から賑やかなフィリピン人...

いつもの倍以上の人たちと一緒にスクリーンを観る... となると...


ダメだー (絶対にやかましいで~)


他の映画にしよう...どうしようかな~  空いてそうなの...


と思って、↑ポスターを観て、洋画だと思い込んでこのチケットを買いました。


だって...女性のバックがロンドンの景色だし... CareGiverっていう題名からして興味もあるし。

*Caregiver-介護士


入るとき、チケット切りのお姉さんに、

これで間違いないですか?

と念をおされましたが 何の疑問も無く、中へ進みました。


そして...

映画が始まって...えっ


え~~~ タガログやんか~ え~~ 間違った~~~

 ローカルの映画やったんか~~

*タガログ語はフィリピンの共通語です。


と ショックを受けました。 しかも フィリピンの映画って字幕もないし~

せやから、さっきあの切符切りのお姉さんが...びっくりして聞いてくれたんや。。。



ふえ~ん、、、 とりあえず観るか....


ま、たまには....


そう思って観ていました。


が、が、が、


なんと... この映画... いいですよ~


この主役の女優さん... 演技が泣かせる~~~ 

さすがフィリピンを代表する(?)女優さんです!

*Sharon Cuentaという方です


そりゃあ、私はタガログは本当に単語を少し知ってる程度で、会話の内容は全てわかりませんが、


大丈夫です。 


ストーリーが複雑ではないのと、ところどころ入る英語の単語(タガログには英単語が混ざるので)

や英語(舞台がロンドンなので) で意味はわかりました!


あらすじを簡単に紹介しますと...


小学校教師をしている主人公サラ(Sharon Cuenta)は、仕事の合間にCareGiverの資格を取り、 

パートナーの働くロンドンへ行く決意をします。 担任をしていたクラスで、ロンドンへ行ってCareGiverに

なるから今学期でサヨウナラという話をすると、一人の少女から、親戚のお姉さんがロンドンでCareGiverを

しているけど、老人の下の世話ばかりだ~って話てたよ~ と からかわれる場面も。


彼女の息子(小学校高学年?中学生?)は母親の出国を反対し、

少しごちゃごちゃしますが、ほか親戚の励ましもあり、なんとか、ロンドンへ到着。 


ロンドンのフィリピン人コミュニティ(教会)などにも参加しながら、Caregiverとして

働きはじめます。 万引きをしていたフィリピン人少年との出会い。

彼は母親の再婚相手の住むロンドンへ嫌々移り住んで来ていました。

本当はフィリピンが良かったらしい。

サラはこの息子と同じくらいの年の少年を可愛がります。


教師からCareGiverへの転職は想像以上に辛い事もあり...

そして、ある日彼女は気難しい老人の担当になるのですが........


ご存知、OFW(Overseas Fhilipino Worker)ですが、彼らの困難や決意、そしてひたむきさなど...

涙...涙...


フィリピン人のドクターって、外国で働こうと思うとドクターでは無く、わざわざ看護士の資格を取り直して

働きに行くと聞いたことがありました。外国ではドクターの職よりも看護士だと受け入れてもらえ

るのだそうです。


この映画に登場する看護士の男性も本当はドクターなのですが、英国での立場は看護士。

英国人ドクターの間違いを正しても、ドクターという権限が無い為無視され、挙句の果てに看護士としてあるまじき行為だという事で解雇されてしまいます。

(この場面では観客たちから チッチッチッ...と悲観の声がもれていました。)


サラのパートナーも、当初は看護士だとサラに告げていましたが、実は院内で清掃や薬物処理の係を

していました。 なんとも..はや。 (フィリピンでは看護士だったのかな)

彼はそのうちアルコール漬けになってしまい、生活が荒れていきます。


そして、時にはサラ自身もフィリピン人女性という事で差別や侮辱を受けたりしますが...



と、まあこんな感じです。



 トレイラーはこちら →   CareGiver Trailer


良い映画と出会えてよかったな~ と思いました。 

観客も静かに映画の行く末を見守っていたと思います。(普通の映画だとちょっとやかましい人もいます)


また、フィリピン映画... 観てみよ~~~っと。





AD