職場の同僚にベトナムから来た青年がいます。

ボッディと呼んでいますが、本当の名前の発音をここにいる誰もができません。


彼は職場にたった一人のベトナム人です。

日本人は4人(他のプロジェクトチームの日本人は3人)で、やはりここでは少数民族なので、

お互い気が合う部分が有ります。


彼とは勤務時間が異なるので、たった3時間くらいしか重なりませんが、最近よくおしゃべりします。


今日は彼から突然インスタントメッセージが来たので、びっくり。

しかも日本語で。


はは。  こんな感じです-


■□■□■□■□■□


Trong: いかにするか


huimeizi: 您是...? (どなた?)


■□■□■□■□■□


???ですよね。いきなり。いかにするかって言われてもね~



私の名前をベトナム語で言うと...Hội Mĩ Tử だそうです。(発音できん~)

彼は漢字が少し分かる?ようです。でも中国語はできないみたい。


顔は韓国人のように繊細で色が白いです。

いまどきの男の子なので、おしゃれに余念がなく、服を買うために他にもバイトをしているとか...


中国の血が入ってるの?と聞いたら、それは無いそうです。

でも、韓国人とか中国人みたいなんですよね。ベトナム人のイメージじゃない...(私の思い込みか?)


彼曰くは、同じモンゴリアンだからね。 だって。 そりゃごもっともです。


実は彼のお父さんが外交官で、マニラに去年まで赴任されていたのだそう。

自分だけここに残ったらしいです。

フィリピンを楽しんでいるみたいです。


最後にこんなメッセージが....


■□■□■□■□■□


Trong: how do you pronounce this: 姉 姉ってどう言うの?


huimeizi: Jie3   ジエ


Trong: Ane  アネ


huimeizi: o~ you said Janpanse pronanceation? ああー日本語発音ね。


huimeizi: Yes Ane  アネだよね


Trong: So I can call you Ane アネと呼びますよ


huimeizi: You can call who Anego アネゴと呼ぶんだよ


■□■□■□■□■□


なんて、一回りくらい違う男の子がかまってくれるんですよ~ まあ、アネですが。


外国って楽しいな~♪ 


AD

San Fernando La Union ②


San Fernando ①   ←前回の続きです。



ユニオン州 サンフェルナンドのHONG KONGレストランにて、おなかが満たされた私は、店を後にし、大通りを歩き

ほろ酔い加減で向かったのは、地球の歩きかた なんかにも載っている オリエンタルレストランの2Fのゲストハウスです。


まず、1Fのレストランで聞き、階段で2Fへ上がりました。


受付机があって、ソファが少し並んでいました。 そこには男ばっかり4人ぐらいが座っておしゃべりしていました。


おそるおそる...かお


あの~ 部屋空いてますか?


私の問いかけを、男たちが興味津々に見ています...(ハポン?チノイ? 日本人か、中国人か?みたいな会話してました)


エアコンなしのファン有りの部屋、シャワー、トイレは共同だよ。 


見せてください。


と部屋を見せてもらった。 

狭い部屋にベット。 まあ、どうしてもだったら、受け入れられない事はないけど...


シャワーは?


見せてもらうと....


浴室の窓にはガラスが入っていないし、シャワーじゃなくて、水道の蛇口だし、トイレに便座は無いし...

はっきりいって、無理~ 叫び  汚いし....




確かにお安くて...確か...200ペソ(450円くらい) したか、しなかったか...(記憶に無いです~)


あの...やっぱり私には...あの浴室を受け入れることができませんので...止めときます。。。。


すると、ソファに座っていた男たちが大爆笑....


私の言い方...そんなに変だったかな?シラー


とにかく、次はトライシクルというバイクにサイドカーがついた乗り物で、

MIKKA HOTELHONG KONGレストランで紹介してもらった所)に向かいました。


そこから、数十メートル先の同じ道沿いに有ります。
MIKKA  MIKKA HOTEL Quezon Ave. San Fernando city , La Union

                                       072-700-5737   


ホテルは...

昼間だとこんな感じです。


2Fか3Fからホテルの客室になっています。


受付には可愛い小姐が座っていました。 シングルユースで、一泊750ペソぽっきり...(約1600円くらいかな)

朝食、ホットシャワー、ケーブルTV、エアコンつき。 正午テェックアウト。 タオル有り、アメニティグッズは無し。


 私は台湾でホテルマネージメントを専攻していたのとか言って、値切ったけれども無理でした。ガーン


部屋はそんなにきれいではなかったけれど、ベッドシーツはきれいだったし、浴室もOKだったので

泊まることにしました。



MIKKA

久しぶりのホットシャワーで嬉しかったです。


マニラのコンドには湯沸かし器つけてませんから...





MIKKA





  ホテルの一角は吹き抜けになっていました。(午前中の写真です)



やはり、この夜はマニラから長い道のりをすべてバスに揺られてきたので、

すぐに眠ってしまいました。 (約12時間以上はバスに乗っているはず)



San Fernandoという地名は、マニラから北へ向かって2箇所あるのです。

私が行ったのは、ユニオン州のサンフェルナンド。 歩き方に乗っていたマニラからの所要時間は間違っていました。




翌日、


朝食をいただきにホテルのレストランへ。



MIKKA
   赤いテーブルクロスが印象的なレストランでした。

   

   窓から朝日が照りつけて気持ちがいいです。


   
BF
    

  

               スパニッシュブレックファースト

     

                オムレツがそういうことなのでしょうね。


                コーヒーもOK。


                お願いしておかわりもらいました。ラッキ~
MIKKA



   窓からは山?のような景色が見えます。


   反対側は海なんですがね。




  




Macho
  およ? 窓から


  中国風の建築物が見えました。


  

  ガイドブックを見てみると...



  Ma-cho Temple と書いて有ります。




あそこへ行かなくては~


さっそく行動です!

                                   ホテルから10分ほど歩くと....


Macho   まずはこのようなゲートを抜けます。鳥居のようなものでしょうか。



つづき ます...



AD

San Fernando La Union ①

去年の話ではありますが...

長距離バスで旅にでました。




cubao

CUBAOcubao のバス停から出発....

早朝からこのCUBAOに到着するのに1時間半くらいかかっちゃった。

私の住む所から、北へ向かう長距離バスのターミナルまで遠い~


それでも行きたい方向へ直接向かうバスを見つけられなくて、バス会社が軒を

連ねる大通りで何度も歩道橋を行ったり来たり...


もう泣きそうでした。 だって~聞くと アッチだって言われ、またアッチ側で

聞くと、アッチだって言われ....ガーン


しょうがないので、以前に行ったことのあるBAGUIOを目指すことに。

でも、これも途中のドライブインでバスをチェンジしました。


フィリピンの人って親切な人が多いので、たずねると快く教えてくれます。

(間違っている事も多いけど)


バスの窓からはフィリピンの自然を満喫...音譜


マニラって...混沌としているけれど、郊外に出るとゆったりとした自然が

いっぱい~

農業地帯や山、川、草原....横たわっている水牛すらラブリーです。ドキドキ


バスに揺られること8時間あまり...やっとBAGUIOへ到着。

途中で何度かドライブインによりますが、いやー長い。


そこから、急いで、サンフェルナンド行きのバスはどこか?とバス会社の窓口へたずねに。

すると、また違うターミナルから出ているバスだということで、そこまでの行き方を教わって、タクシーで

5分ほどのバスの出発場所へ。 ちょうど10分後に出発のバスが有りました。


マニラから乗ってきたバスとはえらい違いの ぼろっちいバスでしたが、ガラガラ。

BAGUIOは山の上にあるので、山道を下りながら夕日を窓から楽しむことができました。


そして目的地のユニオン州サンフェルナンド へ着いたらもう真っ暗。7時半くらいだったかな。

うわーやばい...宿をさがさねば~


と先ずは目に付いた HONG KONG という中華レストランへ飛び込みました。

おなかペコペコで...つい。



san fernando
    メニューは漢字と英語だったと思います。

  中国語のメニューを見て質問する私のために、ウェイトレスさんが

 老板(華人のオーナー)を呼んで来てくれました。


  ラオパン、ニイハオ!


  あれあんたは香港人か?

  

  ううん。台湾からです...べーっだ!

  この家常豆腐って、どんなのですか?


それは、台湾のと同じだよ。作り方は教えられないけど。


作り方っていうか、揚げて味付けした豆腐ですよね?


そうだよ~


なんてやり取りをしました。 だって... 台湾のと同じだと嬉しいけど....


とりあえずビールと、家常豆腐 を注文... 



jiachang dofu  おいしかったけどやっぱりケチャップ味やったわ....


それから、チキンMAMI(タン麺)も注文...

MAMI
おいしかったなあ~


さて、ビールを二本飲む頃には気持ちが落ち着いてきました。

ラオパンが宿を紹介してくれると言ってくれました。


MIKKA HOTEL という宿がいいよ...


あの、ガイドブックに書いてある安い宿に泊まりたいんですが...


?そんな安い宿なんて無いよ。。。海のそばにもいいホテルがあると思うけどね。


そう言って、ホテルの名刺とラオパンの名刺をくれました。


その後、ラオパンのお兄さんという人が、またもや私に話しかけて来ました。


小姐、いっしょにトライシクルで連れてってあげるよ~


ああ、大丈夫です。一人で。ははは。


かなりご機嫌さんだったので、私をつれて海を見に行きたいみたいでした。


とりあえず、レストランを出て、安宿のある中華レストランを目指しました。



つづく~


AD

ごぶさたしております... huimeizi は元気です~


 気が付けばもう四月ですね~ はや。


フィリピンもだんだん暑さがまして、太陽光線が衣服の下まで届きそうな勢いでございます。晴れ


最近は仕事もようやく落ち着いてきましたので、早速溜まった情報なんかをアップして

行きたいと思います~


さて、去年の八月からフィリピンの生活がスタートしたのですが、ザーッと振り返ってみますと...


2006年

8月 生まれて初めてフィリピンへ...思ってたよりも怖くなかった。 

   人がひかえめで優しいという印象。

   ロンドンに住むアジア系ヨーロッパ人P氏が来比3週間目の私のもとへやって来た。 

   彼のおじいちゃんが設立したカレッジがたまたま住処の近所に有った...なんという縁。

   (たまたま就職したのがフィリピンだった)

   P氏のルーツはフィリピンと中国に有ったと今回知る。 いとこたちに紹介された。


9月 P氏と出かけたりして、だんだんフィリピンについて学ぶ。 遠出もしてみた。 

   P氏10日間ほど中国へ出張。

    中国のお土産をたくさんもらって幸せ。 でも体調がすぐれない日が多くて辛かった。


10月 P氏がロンドンへ戻った。 寂しい生活のはじまり... でも、職場の人たちに仲良くして

    もらって楽しい日々。


11月 職場の雰囲気が悪くなった。(会社の体制と、あるリーダーに対しての不満) 

    連休が有ったので一人で長距離バスに乗って旅に出た。 フィリピンの美しい自然に釘付け。


12月 更に職場の雰囲気が悪くなった。 不満がつのった人たちが退社した。 

    私も転職を考え、おもわずGMに辞めると言ってしまった。 

    恋人や家族のいないクリスマスは寂しかった。 

    水シャワーが辛いのでスポーツクラブのジムで毎日サウナに入りだした。


2007年

1月 人員が半分になり、仕事量が倍以上になった。 忙しくて忙しくて、ゆっくりできない日々。

   でも寂しくなくなった。

   他部門に入った日本人女性、元ホテリエのRさんと仲良しになる。 

   中国のあるホテルへ転職を迷っているうちに、もうそこは他の人に決まってしまった。かお


2月 一人で奮闘しなくてはならない事が多く、残業ばっかりの日々。 

   だが同郷の新メンバーが入り、職場が楽しくなる。

   嬉しいことに日本と台湾から友達が遊びに来てくれたので、仕事を休ませてもらい、

   久々に観光したりして、一緒に楽しんだ。 パクサンハンという観光地にて英語で奮闘。

   自分の進歩に気づきおどろく。えっ


3月 各言語チームのリード会議に参加する機会が与えられ、日本を紹介するプレゼンをした。

   (ボロボロ)おやしらず 

   外国からみえた2人の女性、ローカル従業員とともに温泉プール付きのゲストハウスにて

   遊び、飲み、歌い、食べた。

   こんな天国みたいなところがあるのだなあと感動。 

   そして社内外でいろんな人から誕生日を祝ってもらい、思わずほろり。


4月 ---問題は~ このホーリーウィークをどう乗りきるか....



いやーネタフリ長かったかな?


そうなんですよね...

フィリピンの人たちにとってはとても大事なホリディらしく、フィエスタなど(お祭り)もたくさん催されて、

里帰りする人が多いらしいです。メトロマニラはガラガラになるのかしら...?


要するにイースターホリディなんだそうですが、スペインから来ている週間なのでしょうね。ホーリーウィークとは。

スペインではたしか3人のおじさん神様(Semana Santa)を祝うような...

だったとスペイン語クラスで聞いた話を思い出しました。


この間はお店が軒並みに閉まってしまうそうで、食事の確保を考えておかなければと...

4月5-9日までだと思いますが、この前後1-2日もそんな感じらしいです。


私の仕事は休みではないけれど、同僚の一人は休暇をとって、地方へ行くそうです。

鳥人伝説のある島のフィエスタを見に行くんだそうです。

(鳥人とは...ガッチャマンみたいな...と説明してました。)


この時期は外国からの観光客も増えるのかな?











*職場の人に見つからないように一部記事&M氏ネタはすでに隠してしまいましたべーっだ! 

 コメントくださってた方ゴメンなさい。