終於~ようやく…

テーマ:

皆様、ご無沙汰しております。

日本へ帰国後、ちょっとだらだらしてますhuimeiziです。


この一ヶ月の間… 何をしていたのか…


実は内定をもらった会社から、勤務開始はいつなのか…なかなか返事が無かったもので…

もうちょっと待ってください…と言われながら… 時間は過ぎていく…という感じで…


悶悶とした日々を送っておりました。 


9月からの新しいプロジェクトの方へ行ってもらいたいとのお知らせが有り…

でも、9月からなのかどうかもはっきりとしないのでした。

9月からなんて… と思い、他の仕事にも何件か応募していました。


とりあえず、単発のバイトなどをしながら、就職活動を続けたり…


いやあ、この単発のバイトっていうのは、派遣されて行くのですが…

私の場合、いつまで仕事ができるのかわからない状況なので、日雇いバイトしか行けないんです…

それでも、仕事が有るのは有難い話なのですがね。


一回目のお仕事――― 工場内でレンタル用のDVDを検品し、ホルダーにラベルをはさむ…

この仕事は本当にきつくて、きつくて、日本での社会復帰第一号としては無理がありました。

単純作業なのですが… 手先が器用でない私には、工場で作業するのも初めてでしたし

神経が擦り切れました。


指導スタッフがついていて、0.5ミリの世界を直されるんです。どこが歪んでいるのか私には

わかりません。 たしかに、こんな細かい仕事は外国でできないと納得させられました。

これが、ジャパンクオリティ?

こんなとこ…誰も見ないし、気にもしないよね、と誰もが影で言ってました。細かすぎっ

でも、それぐらいに厳しくていいかげんなのかも…だんだん自分に甘くなっちゃうんでしょうか。


9時から20時まで… 昼休憩は一時間、その他休憩は20分が二回有ったきり…

しかも休憩場所まで行くのに時間がかかるのです。 それも時間内に含まれるし…

休憩時間は工場内に残ることは禁止されているのです。

もちろん、晩御飯はその20分の間に食べるしかないし…

海外であんな職場環境で仕事をさせたら、強制労働だって言われるでしょうね。シラー


ここは、やっぱり若い人が多かったです。(集中力!命!)

一回行くと時間が長いので稼げますからね。 

私はもう呼ばれないと思います。

無理無理… ガーン


本当は22時までだったんですよ、でも早く終わりました。(ひぇー12時間労働!)

良かった… 22時まで働いたら、人格が破壊されていたでしょう。 (半分は本気です)


そして二回目のお仕事は…

マイナス五℃の食品工場内での仕分け作業… 各コンビニに、豆腐が何丁で、ケーキが何個でとか

仕分けしていくのです。作業は、重いもの以外は楽しく体を動かしてやっていけます。

けっこう楽しかったです。 でも… 重いものを持ちすぎて、が…(この前ぎっくりしたばかり)あせる

男だの女だの関係ないですからね… (男女雇用機会均等法~)

15時から20時までで、休憩は30分間。 


そしてその翌日に三回目のお仕事…

コンタクトレンズのピッキング作業と梱包をエアコンなしの工場内で…あせる

お客様の注文表を見て、商品番号のコンタクトの箱を棚から取り出して一つの入れ物に集めます。


はっきり言ってサウナです。サウナ。仕事的にはきつくないのですが、環境的にきついです。

昨日はマイナス五℃の冷蔵庫で、今日は低温サウナ…


飲み物を工場内に持ち込めないので、のどが渇いて仕方がありません。

でも、誰も水分を取りに行かないのですよ… 汗がしたたり落ちて… 服がびちょびちょ。

がまん、がまん…

12時から19時までで、休憩は30分間…  でもなんとか乗り切りました。 

他のスタッフの方たちはレギュラーでされているようでした。皆さん親切でしたけどね。


そして、次の日は

スーパーでの試食販売。 国産牛ステーキのお勧めです。 ワゴンの上のホットプレートでお肉の

細切れを焼いて、お客様に食べていただくのです。


これは、もしかしたら一番性に合ってるようです。 誰からも出来をほめられることは有りませんが、

買ってくださるお客様がいたり、おいしいと言っていただける事があるので、やる気につながりました。 にひひ


何よりも良かったのは、誰も私を監視していないので気が楽でした。

ああしなさい、こうしなさいとか誰にも言われないのです。

お肉メーカーからの依頼で仕事をしているので、スーパーの従業員の方々も私を自由にさせて

くれました。(忙しいからかまっていられない…のでしょうね)

私はこの仕事は生まれて初めてです。 誰にも何にも教えてもらってません…まさに

見よう見まねです。 (後は想像です) プロの人から見たら… お笑い?でしょうね。

確かに、ずーっと声を張上げてのどはかれます…

でも、たくさんのお客様に挨拶する事は全然苦にならないのですよ。 声を出すのも。

銭湯のバイトでも、ホテルのフロントでも、たくさんのお客様にご挨拶しますから…

もう慣れているんでしょうね。


自分でもちょっとビックリ… 若い頃の私にはこんな仕事をいきなりできたかな…

やっぱり、海外生活で度胸がついたんでしょうかね。(って言うか年のせいで厚かましくなった?)


ただ… 履いていった靴が悪くて…足が痛くて痛くて…

その内胃も痛み出して。

朝9時から夕方6時までで、休憩は1時間… 数日の疲れが出たんでしょうか…


帰りは電車を降りて、ちょっと腰掛けたベンチから暫く立てませんでした。

胃と足が痛くて…  (恐怖… を感じました。こんな自分は初めてです。)


まあ、こういった感じで日雇いのバイトに精を出していたのですが…

この試食販売の仕事の後、風邪をひいてしまったのです…カゼ


ちょっと休憩…


するとシンガポールの企業から書類選考が通ったので面接しますとのお知らせを頂きました。

シンガポール行きのチケットを探すべく…いろんなウェブサイトをチェックしてました。


あともう少しで購入…となったときに…


内定をもらっていた会社から… 勤務開始のお知らせが来たのです。


チケットの行き先を変更して又調べ、予約しました。


というわけで…


来週末には新天地に向けて出発します…


ちょっと治安が心配される国では有りますが…

近頃は日本だって安心できないという点では同じですよね。


そう思うと、台湾ってなんて治安の良い国だったんだろうと思います。

身の危険を感じたことも無いし、危ない目にあった事も一回も無かったです。(たまたま?)


久しぶりに用心しなくてはいけない状況に、心配もしますが…

気を引き締めて行かなくては…


そして、一日も早くその国に慣れて、またいろんな温かい人たちに出会いたいです。


どうなるんでしょうね。


とりあえず、ブログは続けますねっ よろしくお願いします~





 





AD

ぎっくり腰

テーマ:

日本へ帰ってきました。

荷物が多くて大変でした…本当にもう物は買うまいっガーン


夕方のフライトだったので、午前中も郵便局へ行き荷物を送りました…

その前前日には花蓮から帰ったばかりで、遊びすぎ&荷物多すぎで…

ぎりぎりまでバタバタ。 


ついに日本の家へ帰ってからは腰痛で動けなくなりました…

ぎっくり。 疲れがたまっていたんでしょうね。


とはいえ…


やっぱり帰ってくると何を食べてもおいしくて… 食べまくってます。ニコニコ


友達にも会って、楽しくお酒を飲んだり、おしゃべりしたり… ビール


それと日本に戻ったんだなーと実感するのは水に触れたときです。

水がやわらかい… 石鹸の泡立ちがいいです。 においも違います。

お肌も心なしかすべすべになりましたね…  髪の毛もやわらかくなりました。


何度も帰国した事が有るのに、毎回こんな風に思います。


後は… 周りがみんな日本語でしかも大阪弁。

中国語が聞こえてこないのが変な感じです。


5年間も台湾で生活したのに、この調子ではあっという間に言葉を忘れてしまいそうです。


たくさん持ち帰ったVCDなどをたまには見ないと…


まだ台湾が恋しくならないですが、 そのうち確実にそうなるんだろうなあ…


P氏からメッセンジャーで台湾が恋しいか?と聞かれました。

これからなるよね… なんて答えましたが。


最後に行った花蓮の景色を思い出して…

「なんでこんな台湾が有ったことを知らなかったんだろう…」 と思います。

大理石の岩肌や野生のイルカがビョンビョンはねて、泳ぐ姿は一生目について忘れられないでしょう。


私の知らない台湾に出会いに、また台湾には行かなくてはいけません。


あ、やっぱりもう恋しくなってるみたいです~




AD