観放題のシネマコンプレックス

テーマ:

がくーん。

間に合うと思っていたのだが、日本の友人知人宛てに送ったクリスマスカードが

今日届いたらしい... 

間に合うと思ったのに~~~

しかも昨日でもなく、今日。 どうなってるの? 以前だったらちゃんと着いてたのにっ。

やっぱりギリギリはダメなんだ~


―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―


さて、この2,3日はと言うと...


23日は講義の後、家庭教師をしている小学生兄弟にプレゼントを届けてから、

観放題のシネマコンプレックスに行った。

一日制限無しの観放題・学割で90元(320円くらい)。(セカンドラウンドです)

緑茶一杯サービスと、隣接しているゲームセンターの券2枚が付いて来る。

ロビーもきれいで広いし、夢見たい。


ここは最近、観放題になったらしい。 このシネマコンプレックスは初めて来た。

(10年前に来た事あったかも)


小さいホールが8つくらいあった。

第一影城 台中市綠川西街135號4F
04-22231472


時間の配分がよくて、あんまり待たずに次のが観れる。

5:50~「忍」

7:40~「婚礼終結者 ウェディングクラッシャーズ」

9:50~「黒社会 エレクション」


日本映画、アメリカ映画、中国(香港)映画と三本...濃いなあ~


「忍」はもう一回観たいなあ。 

観ていた時、後ろのおっさんが携帯電話で話し始めたので、

おっさんに「チッチッチッ」と指を左右に振っている間に、いいシーンを見逃した。


おっさんめ~ なんで平気で話してるのか不思議。

背広を来た七三のざんす系(しぇー)のおっさんだった。


P氏はよく、台湾の映画館で切れていた。 「不要講話~」(しゃべんな~)って。

つかつかと歩いていって、本人に言うのだ。もしくは指でチッチッチッする。

それでもダメだったら、前の方の席に移動する。(付き合わされる)


文句なんか言って、ぶん殴られたらどうしようとか、そんなこと考えないのかな? 

それとも人を見てる?


私も最近よくそういう気持ちになる。P氏の様に実際に文句言いに行ったりしないけど。

映画が始まってもずーっとしゃべっている女子高生とかに、ごみとか投げたくなる。


だから私はできるだけ前の席に座る。 周りに誰も来ないでねと思いながら...


「ウェディング・・・」のようなお笑い映画だと、ちょっと騒がしくても許せる。

でも「忍」のように、日本語をじっくり聞きたいのだと、雑音は許せない。

きっとおっさん的には、「どうせ皆字幕見てるしいいや。」とでも思ったんだろうな。


最後に観た「黒社会」は内容が???だった。

広東語発音だったし、字幕も四文字熟語などの成語が多くてお手上げ。

でも、雰囲気で観れたかな。


後で、インターネットで調べてようやくあらすじがわかった。 

勢力争いしてたんだ~ 仲良くしてたと思ったら、突然殺したり...なんともはや。

仁義ものって感じでも無かったなあ。


梁家輝 C.H Leung (レオンカーファイ) が思いっきりガラの悪い台湾出身の大哥(アニキ)の役で...


私的にはいちばん熱いキャラだった。 


まあいい映画だったかな。


映画を観た後、一人でバーへ行った。 カナダ人の男性が老板の小さなショットバー。

初めて行った。 客は誰もいなかった。 23日の金曜の夜なのに。


まだ若い老板は、台湾に来る前はカナダのハイアットでベルボーイしていた事があると言っていた。

それは私が、ホスピタリティマネジメントを専攻してますと言ったから...


他にも、友だちが台北で日本人のホテルマン相手に英語を教えてるとか...

日本系のホテルだよ、名前挙げてみてって言われたけど、浮かばない...

日本系のホテル有ったかなあ。 最近なのかな。もしかして提携してるホテルなのでは...

それでもよく分からないなあ。


クリスマスはどう過ごすの?って聞かれて...

彼氏はロンドンに帰ったから...

ええっ 君を置いて帰ったの?

うーーー。(なんと言っていいのか分からない)

それ以上は聞かれなかった。


老板は雇われ老板で、本物のオーナーはカナダに帰ってしまったそうだ。

店はどうみても流行って無さそう... 大丈夫かな。


そして、老板のお友だちの外国人の男性がやってきた。

声を掛けてくれたので話してみると、彼はシェフをしていると言う。

なんの? と聞くと、ポリネシアン料理だと...

彼はニュージーランドのマオリの人だった。

日本語に良く似た言葉があるんだよって言ってた。


ちょっと残念なのは、私の英語力がイマイチで話が続かない事...

うえーん。


マオリの彼は台湾で結婚して暮らしているそう。


私はビールの次はウオッカを飲みながら、MVを観たり、店の女の子と話したりして過ごした。


そして、レポートに必要なのでカウンターの椅子を写真に撮らせてもらって店を出た。

実はバーに行った目的は...椅子の写真なのであった...


またもや一人で向かった先は...「夜市」

麻辣臭豆腐を食べに行った。


それから帰って寝た。 ダウン...


そして24日はずっと宿題するか、寝てた。


25日の未明3時ごろ目が醒めたので、セブンに買い物に行ったら、人がうようよ。

この日の夜は暖かかったし... 。

それにしても、めずらしいなあ~


この日はまたもやレポートのために、家具屋やスーパーを周って、価格調査。

もう疲れた~~~


でもレポートが無かったら、もっと寂しいクリスマスだったのは間違いなし...
















AD

婚紗照~結婚写真

テーマ:

お友だちのMayが1月に結婚する。 Mayは私と同い年でホテルに勤めている。

 

私が1年生の時、実習させてもらったホテルで知り合った。 今は週に一回日本語のレッスンを


彼女にしている。 もう3年くらい毎週の様に会っていっしょに昼ご飯を食べ、おしゃべりする。


とっても大好きな友人。


私のクラスメイトたちや、シェアメイトたちも勿論仲良しだが、なにしろ皆若い。 


話が合わないことが多々...


それでも私は幼稚なので楽しめる時もあるが、時には大人の会話(?)を楽しみたい。


それに結婚前で忙しいのに、私との時間を楽しみにしてくれている~


そのMayの結婚写真集を見せてもらった。


may may retro


 私の気に入ったのをアップさせてもらいました。 了解済みですよ~


 

 私の見せてもらったのは、「娘子家用」 新婦が実家に置いておく用。

 

 もう一冊のはもっと大きくて、披露宴の時受付に展示される。


このような写真を香港からとか日本から撮りに来る人も少なくないそう...


私の友人も日本から2泊3日で来て、台北で和装と洋装の写真集を撮った。


和装はどれもいい着物ばかりで、しかも新しい! 日本よりもいいみたい...


強行だったが、やってやれない事はなかった。


台湾で遊んで、食べて、思い出を作る... 素敵~


日本ではなかなかこんな写真集って無理ですからね...


台北ナビ  で予約できます。(詳細も)


私も変身写真は何度か... 台中、台北、上海 と撮りましたね~(昔です昔...)


でも、本番の結婚写真の予定が... 目ばっかり肥えてる場合じゃないよ~








AD

*気分qi4 fen1 チーフェン = 雰囲気,その場の空気 中国語の意味はちょっと違います


講義で老師が中国料理の宴会の時のお皿の下げ方がうるさくて仕方なく、我慢ならないと

ぼやいておられた。

そして、皆に聞いた

「みんなホテルとかのレストランで実習した時、音をできるだけ出さないようにお皿をさげるように

 言われた?」

答えは... だいたい「没有メイヨウ~」 だ。 一人くらいは居たかな。

でも、私たちはそれぐらいの技術は持ち合わせているはず...一年の時の「服務技能」という課で

さんざん練習したから。(?) ええ?でも習ったっけ?

そんなことにこだわらない風潮があるのは確かだ...

お皿って...重い!からってのもあるのかな。 


フォークやスプーンなどの扱いもめちゃくちゃだったりするなあ。


お皿に瑕がつきそうな下げ方してるもんなあ。

実際、お皿の下げ方とか見て、びっくりすることがある。 中華レストランに限らない。

残飯バケツを持って客席を回って、残りものを入れていくのだ。

横でご飯食べてるっちゅうねん!


けっこういい値段をとるレストランでもそんな所がある...


台北などではないかも... (中南部は...リラックスしすぎな面は否めず...)


雰囲気の認識~Atomosphere awareness 


・Vision 視覚(外観,看板,メニュー,明かりの演出,色使い,鏡効果,パーテーション,装飾品等)


・Touch 触覚(メニューの素材,餐具の厚みと素材,椅子のクッション,床,ナプキン等)


・Sound 聴覚(雑音,話声,音楽,バーカウンター内の作業音,エアコン,レジ,食器を下げる時の音等)


・Smell 臭覚(アロマ,料理,酸化した揚げ油,人のコロン(客,店員),新しい床,壁,トイレ等)


・Taste 味覚(冷たい物は冷たく,熱い物は熱く,カリカリ感,スポンジ感,肉の火の通り等)


・Temperature温度(室温設定,体温(客,店員),厨房或はコーヒースタンドの熱,空気の流れ,窓等)


・Motion 動態(席待ちゲストの管理,食事中ゲストのプライバシー保護等)


参照文献 

Costas Katsigris, Chris Thomas
Design And Equipment For Restaurants And Foodservice: A Management View

これ教科書なんですけど、アマゾン価格を見てびっくり... 80ドル!日本円で1万くらい...

私たち、文句ぶちぶち言って、この本購入したけど、せいぜい半額以下だったような気が...

そんなに高いと買えないですから...

学割が効いたのかな?  有難く思わなくちゃ...

とにかくものすごく重くてごつい一冊です。



AD

やった~ いいお店を発見! オープンしてまだ半年だそうです!

実は先週室友(シェアメイト)のユイチンと調査に行ったお店です。

indu3  印度脆皮餅Nurra Nan(Crispy Nan)を頼んだら、ついてきた調味セット。

(きゅうりと人参の入った酢の物、タマリンドソース,ケチャップ)

私はこの印度脆皮餅が大好き! ぱりぱりという焼きたての食感がたまりません~

60元(約220円くらい) ちょっと高いですね。量のわりには...タマリンドソースが高いんでしょうね。


indu1   左下 印度甩餅 Romali Roti  ロマリローティ 80元(約290円)

 左上 印度脆皮餅  パリパリナン 60元(約220円)

右下 安徳魯黒扁豆咖哩 Chef’s Special  Dal Andrew 黒レンズマメカレー 210元(約760円)

右下 印式紅醬奶油雞肉咖哩(無骨) Murgh Makhani Curry     

インド式トマトグレービークリームチキンカレー  250元(約900円)


*日本語の名前はhuimeiziがテキトーにつけました。


辛さは調節可能です。

ユイチンは辛いのがダメなので、チキンカレーを辛くしないでとお願いしてました。

でも、彼女にとっては少しピリッときたようです。 スパイスに慣れていないと辛いと思うかもです。


この他には印度茴香白米飯 Teera Rice ウイキョウご飯 50元(約180円)を一碗ずつ...


それから、私は印度啤酒 Kingfisher を注文して2本も飲みました。 ちょっと反省。

小瓶一本120元(約430円ほど)


サモサも食べたかったけど、もう入りません~


この日は、隣のテーブルで外国人のお食事会が催されていて、インドの方とか国籍不明の外国人を

たくさん見ました。 店の店員も、若い老板娘(おかみさん)と一人の小姐以外は外国人スタッフでした。

私が日本人だと知ると、日本人のお客さんも良く来ますと言ってました。

ANDREW  


こっそり、厨房を覗いて見ると、中にもテーブル席がありました。でも私物とか置きまくりで、実際に

お客さんは入れていない様子。その向こうはガラス張りになった厨房スペースで、3人のインド人シェフ

がいました。 一人はローティを指でくるくる回して伸ばしていました。

感動!

でも、老板娘に見つかって注意されました~

「ここは入れないんですよ。」

「あ、スミマセン。」 ←知ってたけど。


席はゆったりと広くて、最大120人収容可能らしい...(実際のテーブルは74席)

インテリアもインドインドしてなくて落ち着けます。

大きなスクリーンモニターではインドの番組を流しています。


トイレもきれいだった! 便器とかも輸入もので高そうだった...


なんというか、この前行ったインドレストランは造りもチャチかったのですが、ここは使ってるテーブル

椅子等、全ていいものです。床はフローリングだったし!(これは台湾ではかなりいい設備)

食器もそうです。いいものでした。

なのに、あの店と値段的にそんなに変わらないので、絶対にここが価値があってお勧めです!

勿論、サービスもいい方だと思います。 ちゃんとお勧めとかしてくれるし...

ANDREW  何気ないスプーンなども形がおしゃれです。

 私とユイチンがメニューを写していると、老板娘が

「そんなことしなくても、コピーを上げるわよ。どうぞ持って帰って見て。」

と全メニューのコピーを下さいました! なんて太っ腹!よっぽど自信があるのでしょう。


メニューの内容はざっと...(単位台湾元)

スープ類  70

インディアンバーベキュー  190~360

チキン・ラム・シーフードのカバブ 280~380

コマーシャルランチセット(ドリンク付き) 120~190

カレー類(ベジタリアン,豆,鶏,羊,シーフード) 190~310

ご飯いろいろ 40~70

インドピラフ  290

ローティ・ナン 40~90

サモサ・ヨーグルトサラダ・各種揚げ物  50~150

ミルクケーキ,マンゴーアイス,ミルクプリン 80~100

ワイン(カリフォルニア,オーストラリア) 一本1800

ミルクティ  80

ラッシ-(ヨーグルトドリンク),マンゴーラッシ-,コーラ等 80~90

オレンジジュース,りんごジュース,トマトジュース 90

ビール(コロナ,ハイネケン,キングフィッシャー,バドワイザー) 120

ウイスキー(Jw黒,赤、シーバスリーガル,ジャックダニエル) 120~130グラス/1400~1600ボトル

へネシーV.S.O.P  230グラス/2700ボトル


おまけに、年末に行われる抽選会の申し込み用紙を書きました。

なんでもインド往復チケットが当たるそうです。 ひゃー


英語と中国語のフリーマガジン「台中COMPASS」にも広告が載っていました。

(台北版とか高雄版も有るのかな?)

この手のフリーマガジンやフリーペーパーなんかは国際ホテルなどでゲットできます。


この広告を見て又びっくり...一人のシェフはもと、5☆ホテルで腕を振るっていたんですって...

喜来登大飯店ってヒルトンホテルですね。シェラトンみたいな名前で紛らわしいよ~


うーん... まずはコマーシャルランチで試されては如何でしょう~


indu6   indu5   今回写真が小さいですワ...ご勘弁を~


安徳魯印度料理餐庁 Anderew Indian Restaurant アンドリューインディアンレストラン

台中市西区長春街56号(SOGO百貨店の裏の方) 04-2326-5411/04-2326-5391

AM12:00~2:00 ・ PM.5:00~9:30 (VISA,Master,JCB可) 駐車場有り


ここは会社組織なので、統一発票(宝くじ付きレシート)をくれます。

本体は何の企業なんでしょう? 気になる~









この日は、ある酒商(ワインの輸入会社)に行き、テイスティングさせてもらった。

といっても、費用は私たちの学費から支払われているが。


この日は私たちの老師の大老師(大学院の教授)とその研究生の方がたも一緒だった。


ちいさいお教室みたいなところで、葡萄種や成分の説明を聴いてから、3本のワインを味わった。


普段、けっこうAOC(フランスの基準)とか、5年以上のものを授業で飲んでいるせいか、

今回のはどれも若いワインでいつもとは違った感じだった。


酒商の人の話では、名前とかにこだわらないで、葡萄の種類を味わってみてくださいとの事。


うん... 少し置いたら美味しくなったのもあったし、良かったかな。wine class


カリフォルニアのとフランスのが2本。 

あとで、値段を見てみたら、大体600元くらいの物だった。(約2200円くらい)

(安いですよね? でもこちらの物価では普通よりも高めです。)


日本だと、同じレベルのがもっと高いと思う。 そのうち、値段の比較をやってみるつもり...

台湾に来てフランスワインを買って帰る?ってのもいいじゃないでしょうか...(はは)


余談ですが~

今年のボジョレーの輸入数(仕入数) 1位フランス, 2位日本, 3位台湾(66万本), 4位韓国.....

だったらしいです。 台湾の人口からすると、とてつもなく多い!ワイン好きな人が多いって事か。

でも、皆家に飾ったりするのが好きなのかも。 


中華にもワインって合いますよね。 

台湾では主に赤が主流。 健康にも良いからだとか。

市場に白ワインが少なすぎるのがちょっと残念なところかな。


同学たちは、酔っ払った。 老師も酒商の人もちょっと顔が赤い...


kewai  皆だんだん気分が良くなって...

(小黒&Doggy)


なんか、やたらと皆が甘えてくる~(女子ですよ、もちろん) 

もうすぐ卒業だし、寂しいな~って思うのかな?


トビー同学によるいつものワインを表現するコーナーが始まった。

老師はトビーの感性を誉めて誉めて誉めまくる。

羨ましいそうだ。 感性豊かで。


トビーは詩人のように表現する。 私には???である。(文語的過ぎて聞き取れない)


でも今回は少しわかった!

「このワインはまるで...そう、浜辺で波が寄せて返したあとの砂に水分が残っている...

 舌にそんな感じが残る...」 とかなんとか言っていたと思う。 もっと詩的な感じなんだろうが。

(私には表現できない~)


老師はまたもや感激して、「大師~」と誉めまくり。 

酒商の皆さんも驚きを隠せない様子...(国内でこんな芸当?ができるのは誰もいなさそう)


フランスとかでは、この様にワインを形容したりするはず...確か。

台湾や香港でも、中国茶葉の大師はこんな感じで表現してたと思う。


トビーは将来どんな大人になるんだろう? とっても楽しみな一人。


そして皆バイクで来てるので、老師は再三注意した。


「この近くにはご飯食べるところがいっぱい有るから、先に昼食をとって酔いを覚ましてから

大學に戻りなさいね。」 ってそう言う老師もお顔が真っ赤。


ワインを飲んだせいか、洋食が食べたくなった同学が多いようだ。


ああ~ 私はこの後、午後から講義があって、しかもスペイン語の小テストもある...

帰ろう... 酔ってる場合じゃないや...


そうして一人寂しくマクドナルドで「エビすり身フライのライスバーガー」を食べた。

ライスバーガーはやはりMosのがいいかな...なんて思いながら。


米漢堡 mi3 han4 bao3 ミー ハン バオ = ライスバーガー



淡水的名産

テーマ:

    これ 淡水のお土産にもらいました~

    ちょっと固めのスナック菓子です。  

    このお店のものが美味しくって有名らしい... 

                              096


食べだしたらすぐに食べきってしまうほど気に入りました☆    

淡水に行かれる方はどうぞ覚えて行ってください!                      

Greeting Card

ちょっとここんところ、宿題に追われてあっぷあっぷしています。

ネタはいっぱいあるのに...


この時期恒例の グリーティングカード... っていうのは如何ですかぁ?

ちょっと送りたい人にネタばれもおそれつつ、今回のラインナップです!


cards  ちょっと 趣味が 若いでしょ~


中華風のやら、可愛いのやら...いろいろです。


クリスマスと新年のご挨拶を一緒にしてしまいます...


でも時間が無いなあ~ 早く書かなくては!


 祝你聖誕節快樂 與 新年愉快!!



卒業写真

テーマ:

toby この前クラスで卒業写真を撮りました。

↑Toby同学はぎりぎりになっても来ないので、私は心配してしまった...

彼はひょっとして来ないのでは...なんて...

でも現れました! 

彼は普段よく私を心配してくれているので、お互いさまなんですけどね。


後ろの三角の建築物はわが大学のシンボルの教会堂です。

              教会堂2   教会堂


集合   


ああ~ 早いものでもう卒業写真を撮っているんだわ...


先ずは、教会堂をバックに集合写真。

なんと二日間に分けて撮りました。 私達がどうしても一緒に写りたい老師の都合に合わせたのです。


他の学系と違って、一クラスしかないので、2回撮っても大丈夫なのでしょう。


この時はみんなで博士スモッグを着用(何て名前か知らないので勘弁して~)

博士帽は卒業式の当日にレンタルする予定です。 投げてみたいなあ~


ああ~ なんだかしんみり気分...



 

tajia

大好きな老師がたを囲んで…

手前の男性は撮影師です。


他の学系は私服で撮影なんですが、私たちは白ブラウスに黒のパンツとそろえました。

4年の間に、なにかと正装するのが「就是我們的Style」(私たちのスタイル)になったんです。


以前、お世話になった非常勤の老師も駆けつけてくださいました。

私たちは感激!


撮影の後は講義があったのですが、老師がたとランチをとっておしゃべりしてしまい、

午後の講義は休講になりました。 

校内のカフェテリアで大騒ぎして周りにご迷惑をかけたのは私たちです...


もう最近なんだか、センチメンタル入ってます...


本当に卒業できるのかどうかはさておいて、校内の何もかもが愛しくてたまりません~

確かに辛い日も有りました。 勉強がわからなすぎて、くじけそうになりました。(涙)


でも同学たちや老師に励まされて、やっとここまで来ました。


今からうるうるしてて、どうすんの?って感じですね...


でも残り少ない大学生活を大切に噛み締めて行きたいと思います。




卒業まであと五ヶ月... 



(だから、本当にできるのかはさておいて。)







夢バトンです。

台中生活雑記のりんごさん  から「夢バトン」を頂きました。では行きますよ~

Q1 小さい頃何になりたかった?
    ケーキ屋さん、おもちゃ屋さん、看護婦さん、バスガイド、学校の先生

Q2 その夢は叶いましたか?
    えー叶ってないですねぇ。 強いて言うならパートで日本語の先生になったくらい...

    あ、叶ったんだ~

Q3 現在の夢は?


    目先だと、とりあえず無事卒業したい...(切実っ)

    長期的な夢だと...いっぱい有りますよ~

    本当は100ぐらい夢が欲しいです。 

    夢は多いほうが人生は楽しめるかな~って。

    

    夢の一つは...またどこかの国へ留学してみたい!事です。

      
Q4 宝くじで3億円当たったら?

    当たったら... 留学もしたいけど、

    なにか商売でもしてみたいです。

    でも、当たったら怖いような気もする...


Q5 あなたにとって、夢のような世界とは?
    

    いくら飲んでも食べても太らない世界...

Q6 昨晩見た夢は?


    なんだっけ...確かに夢を見たのに。

    テストで悪い点を取る夢はしょっちゅう見ます...(現実?)

Q7 この夢の話をきいてみたいと思う5人は?
    

    ロンドンのjamjam-magさん


    ヤバいハワイさん


    「周杰倫とイマドキの台湾音楽聴く」のすみれさん


    サンフランシスコのmeow2gourmetさん


    「どぐされ日記」のdogusareさん  

  


  みなさま~ もしよろしければ...お願いします!(過去にやってたらゴメンナサイ)

    

    

    

「周杰倫とイマドキの台湾音楽を聴く」のすみれさん  から「ブログバトン」を頂きました~


Q1. あなたのブログの説明をどうぞ(テーマ 内容)

   

   台湾中部の大學でホスピタリティマネジメントを専攻中の私の日常生活で見たこと、感じた事。

   けっこうしょうもない私のこだわりなどが垣間見れるかな...

   あ、そうそう...もうとっくに30過ぎですというのも、ポイントになるかも。(笑)

   

    

Q2. ブログタイトルの由来は?

   

   私の麗しの島は台湾...本当に「たからもの」がいっぱい詰まった島だと思いますので...

    (例えば、人との縁、人の優しさ、魅力的な明星、懐かしさ、豊富な果物など...)

   でも最初どこだか分からない人が多かったです。

  ほほえみの国タイ、情熱の国スペインなどその国のキャッチフレーズって有りますよね?

  

  台湾は「麗しの島」なので。(昔オランダ人が名付けたそうです)

   

Q3. ブログを始めたきっかけ、動機は?

    

    寂しかったんでしょうかねぇ。(それとも閑だったのかなぁ)

    自分を励ます為のブログですから...

    記録としても残しておきたかったですしね。

    自分で書いといて、後で読むとけっこう、あーはずかしーと思ったりして。

 

  Q4. お使いのブログサーバーを選んだ理由は?

   

  始めたきっかけは田口ランディさんのブログがアメーバだったので...

  それで「簡単にできるブログ」という存在を知ったのです。

  田口ランディさんは前に、[台湾の癒し」についてコラムを書かれてましたので、それを友だちから

  教えてもらって、それからよく記事を探して読んでいました。

  (癒しだったよな~確か...記憶があいまい)

Q5. ブログを始めて良かったことは?

   

   私の駄ブログを楽しみにしてくださってる人がいるという事が嬉しい...

   それにいろんな人との出会いが有りますね...

   かなり励まされてます。

Q6. 反対にブログを書いてムカツクことは?

   

   そんなにムカツクことって無いですね。(有った?) 

   パソコンがおかしくなって、記事がパーになったりとかは...辛いかなあ。ムカツクっていうよりも。

   ああ、あの、人の記事の無断コピー事件の片棒?の時かな...

   知らずにコメントとリンクしちゃった... あれはウカツだった...

   でも、今ではそんなにムカつきません。 忘れちゃった~ 

   私は直接的に被害を受けたのでは無いからですね...

    私の場合、批判メールとかもらった事も無いですねぇ...

   批判されるというのも、人気のバロメーターみたいですね。


Q7. 好きなブログ

   

   いっぱい有ります。おもしろいの! 

   皆さんお上手ですよね~ 本当に。

   台湾にいても、情報にうとかったりするので、他の台湾ブログは必見です!

   あと、ニュースねた、外国暮らし、旅、グルメ、映画のとかも好きです。

   私の見てる範囲って狭いかなあ...もっといろんなジャンルの中から興味があるものを

   探して行きたいです。

   

Q8.バトンを渡す人

  だれか...もらってくれませんか?

  

  もらってくれる人募集します!お願いします~