テーマ:北京
2005-11-27

北京の胡同(フートン)巡り 2

1127胡同カフェ
宮廷デザートで心が満たされた私たち。
引き続き、「南鑼鼓巷」という胡同をふらふら散策しました。
レンガづくりの家並がどこまでも続く、昔ながらの下町情緒あふれる細道。
初めて見る景色ばかりなのに、なぜかどこか懐かしいような感じ。
1127胡同2
しばらく歩いていくと、左右にカフェや雑貨屋さんが現れました。
どこも胡同の古い街並に溶け込んだ、いい雰囲気のお店。
その中の「過客」というカフェに入ってみることに。
門を一歩くぐると、そこは別世界。中庭にオープンテラスがありました。
太陽の光あふれる春なんか、気持ちよさそう!
1127胡同3
このお店は昔ながらの「四合院造り」の建物をそのまま活かしたお店だそうです。
店内は中国のアンティーク家具や少数民族の民芸品が並ぶアジアンテイスト。
コーヒー1杯20元と安くはないけど、ゆっくり居心地のよい時間を過ごしました
1127胡同4

そしてもう一軒入った「喜鵲珈琲 zha zha cafe」
ここは「過客」よりもしっとり落ち着いたお店。ゆったり居心地よい音楽とソファ。
窓際に座って、胡同を行き交う人々を眺めながらお茶を飲みました。
1127胡同5

驚いたことに、この辺りの胡同はおしゃれなエリアに変わりつつあるんですね。
しかも古い胡同を壊すことなく、それを上手く現代風にアレンジしている!
すごく有効的な開発の仕方だなーとうれしくなりました。
どんどん古い物を取り壊し、ギラギラ近代的な建物が増えている中国ですが、
ぜひこんな風に古い物も上手く利用して、貴重な歴史財産を残してほしいものですね。
鐘楼
この、「鐘楼」付近の胡同は、人力車でも観光することができます。
偉大な故宮や長城もいいけど、味わいある胡同をを眺めるのも楽しいですよ!

AD
いいね!した人  |  コメント(37)  |  リブログ(0)
テーマ:北京
2005-11-21

北京の胡同(フートン)巡り 1

胡同
「胡同(フートン)」とは、北京の700年の歴史を持った「路地裏」のこと。
土塀、レンガ、屋根瓦で作られた胡同は、古き良き中国の面影を残しています。
そんな胡同を歩いていると、過去にタイムスリップしたような錯覚に!
旅の最後に訪れた北京で、胡同の下町をふらふら歩いてみました。


目指したのは、故宮の北側にある「鐘楼・鼓楼」付近の胡同。
「南鑼鼓巷」という胡同へ入る路地を曲がると、どど~んと山積みされた白菜が!
胡同白菜や
近所のおじさん、おばさん達がワイワイ大量に買い込んでました。
1斤(500g)0.6毛(約10円) と、うれしい庶民価格!
巨大建築物が並ぶ北京で、胡同の素朴な庶民生活を見るとホッとします。

そしてしばらく歩いて行くと、右手にあったのが「文宇奶酪店」。

胡同牛乳プリン
一見パッとしない店構え。

それでも、地元っ子達がキャッキャ楽しそうに入って行きました。
これは、何かある・・・?
つられて寄ってみると、ショーウィンドウの中にはシンプルなデザートが!
胡同牛乳プリン2
甘いのか、酸っぱいのか、味の想像もつかないままに注文。
一番基本そうな「白い小碗」と、「白黒うずまき」

1121胡同牛乳プリン3
白い小碗のぷるぷるした半凝固物は、固まってるかどうかギリギリの柔らかさ。
ヨーグルト?と思いつつ口に入れると・・
水々しくてコクある、新鮮な牛乳がふわーっと口いっぱいに広がりました!
どこか懐かしいようなふんわり優しい味。

そして、白黒うずまきは・・・
この白と黒を一緒にパクリいくと、口の中に至福の時が!これもおいしい!
は、無糖の濃厚生クリーム(ずっしり硬め)。
は、木目の細かい、上品な甘さのこしあん。
生クリームあんこというゴールデンコンビの絶妙なデザートでした。

さすが地元っ子が集まるお店!こんなハイレベルな味に出会えるとは!
胡同牛乳プリンメニュー
ちなみに、牛乳プリン:4元(約60円) うずまき:1個3元(約45円)

改めてメニューを見ると・・・
ぬぬ!「杏仁豆腐」もある!「杏仁豆腐」って中国来て初めて見た。
これは次回必ず!と、課題も残せるステキなお店。 


そしてお店の説明を読んでみると・・・

「宮廷奶酪」

ナントこの店、清の宮廷デザート担当の料理人がレシピを伝授したお店みたい。
うーん、どーりでレベルが高いはず!
ラストエンペラーの溥儀や西太后も、同じデザートを召し上がったんでしょうね!
そんなロイヤルな味がさりげなく庶民価格で食べられるところが、北京の魅力?
ここはイチオシのお店です!

AD
いいね!した人  |  コメント(40)  |  リブログ(0)
テーマ:北京
2005-03-15

新疆(しんきょう)ラーメン (中華料理)

日本の約26倍もの面積を持つ広大な中国。
そんな広―い中国の、最も西側にあるのが「新疆ウイグル自治区」
「世界で一番海から遠い場所」である新疆は、東西文化を結ぶ大動脈として栄えたシルクロードの要地。「イスラム文化」の影響濃い新疆人は、容姿も中国からかけ離れ、彫りが深い西寄りの風貌です。

中国各地に「新疆料理店」がありますが、今回は「新疆ラーメン」について。
今回行ったお店は、フフホトの中でも「新疆のウイグル族」が暮らす区域です。
エキゾチックな香り漂う通りにある小さな新疆料理店は、店内も東洋チック。
そして「新疆ラーメン」を注文してから約30分。
一向に料理を作る気配のなかったお店の人が、ようやく作る気になったみたい?で、調理場に入っていきました。この時間差は新疆タイム? 

「新疆ラーメン」は「ラーメン」とは言い難い、パスタに近い感じです。
牛肉と野菜たっぷりのラタトゥユに似たトマトベースの濃厚ソース。
このソースに、やや太めの白いもちもち麺をからめて食べます。
「イタリアの食文化」と「中国の食文化」が融合されたような料理。
柔らかビーフのコクがあるトマトソースに舌鼓を打ちますよ!
これはやみつきになる人も多いようです。私もまた食べたい。
中国でヘタなイタリア料理屋さんに行くよりずっと美味しいので、ぜひ中国でイタリアンが食べたくなったら「新疆料理屋さん」へ行ってみてください。


☆ 過去記事メニューはこちら ☆


 
 tantanmenさんKNDCHKさん  のコメントを元に、少し調べてみました。
「新疆ラーメン」の実際の名前は「ラグマン」
「ラグマン」のソースがミートソースの起源という説もあるそうです。
イタリアのパスタは「中国から伝わった説」と「その反対説」があるようですね。
味が似ているのは事実。どちらからどう伝わっていったんでしょう?

ラグマンについて   → 「ユーラシア大陸横断」
「麺」の起源について → 「麺の博物館」
「パスタ」の起源について → 「イタリア料理について」  
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
テーマ:北京
2004-12-27

あっぱれ!北京西駅 (中国・北京)

「とにかくすごいから!」
と言われて連れて来られた北京西駅北京西駅
タクシーを降りた瞬間「うわ、何だこれ?」って思わず目を見張ったよ。
ひときわ威厳を放ってどどーんとそびえ立つ
宮殿風の異様な建物。
これはタダモノじゃないぞ。
なんでも、東京駅の5倍の大きさだそうだ。
明らかに2008年のオリンピックを意識して作られた建物だと思うけど、このセンスどう?
宮殿風だよ!
しかも夜は黄金色に輝いちゃうからね!
でもここまでがんばったならもうブラボー。
声援を送ります。
いいぞ!中国。今、北京がとっても熱い!
オリンピック開催までは、目が離せませんね。

ちなみに中もとっても豪華!待合室は大きなソファーが並んでました。
ふかふかで体が沈む豪華なソファー。
1つ1つが大きすぎて座れない人も多かったけどね。パンダ
いいね!した人  |  コメント(41)  |  リブログ(0)
テーマ:北京
2004-12-16

中国バスの旅 (中国旅行・北京)

 先日、北京に行く時に寝台バスに初めて乗った。寝台バスの中は写真のように、狭い通路を挟んで3列の2段ベッドが並ぶ形式。ぶーすかは若干背が高いので、足を伸ばすことがでなかったが、普通の背丈の人なら足を伸ばしても寝ることができる。

 夕方の5時に出発。1時間走ったか走らないかの内に、草原の中の道や延々と続くトウモロコシ畑しか見えない道に入った。舗装道路もあっという間におわり、デコボコの悪路をひた走る。車の衝撃がガンガン体に伝わり、「こんなんじゃ眠れないな」と思いつつ、隣のぐーすかに話し掛けてみた。

「・・・・。」

 寝てる・・・。どこでもすぐに寝てしまうぐーすか。仕方なく一人で外を眺めることにした。

 夜10時、小さな街に到着。「メシだ!」の合図で乗客はぞろぞろと下車。小さなレストランで食事をすませたり、近くの売店でカップラーメンを買って各々食事を済ませる。田舎へ行くバスに乗ると、食事ができるところで休憩できないので、民家のようなところで食事をしたこともあった。食事付きのバス。

 トイレに行きたくなったのと、体を動かすために外に出た。近くにいた人にトイレの場所を聞いてみると、その辺で適当にしろということだった。よく見たら暗闇に隠れて、みんなで並んで用を足していた。

寝台バスからの風景 朝6時。目を覚ましてみると、高速道路らしいところを走っていた。さすがに北京は道路が整備されてるのかと思っていると、さっそくインターチェンジで高速を降りた。もうすぐ北京なのかと思い、眠らずに景色を見ていることにした。すると、しばらく小さい道を走ったところで停車。一緒に走ってきたバスの運転手達2,3人が何やら相談を始めた。その後、すぐに走り始めたがバスはUターンし、来た道を戻り始める。

「あぁ、道間違えたのか」

 別に驚きはしない。丹東(北朝鮮国境の街)に行った時だって、運転手が迷子になり、客に道を聞いたり、道を降りて地元の人に道を尋ねながら走ったことだってある。運転手が警察に止められ、無免許が見つかり、現行犯逮捕。運転手がいなくなったことだってある。

 結局、北京についたのは、4時間遅れの10時。まぁ、4時間くらい遅れるよね。中国だし。しかし、困ったのは時間が遅れたことじゃない。着いた場所がどこかわからなかったこと。運転手はここが北京だという。地図を見せてどこなのかと聞いても、わからないと言う。4時間遅れて、完全に開き直っていた。

 ある中国人は「バスは危険だから乗りません」と断言する。そんなバスに乗ってしまったぐーすか・ぶーすか。もう2度とこんなバスには乗るまいと決意したのだったが、ぐーすかに言わせれば

「汽車よりよく眠れていいかも」

だそうです。
   
いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。