1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
テーマ:中国の話
2005-11-18

黄河とラーメンの町 「蘭州」

1118黄河
中国の真ん中に位置する「蘭州」
昔から東西交流の要所として栄え、マルコ・ポーロや玄奘も通った町。
今でも市内には長距離バスターミナルが4ヶ所もある交通の中心地。

黄河びーる そんな蘭州の町の中心には偉大な母なる「黄河」が!
広い川幅に、チョコレート色した水量豊富な水がゴーゴー流れています。
そんな蘭州の地元ビールの名前はやっぱり「金黄河」







「蘭州」はラーメンの町
「蘭州ラーメン」とも呼ばれる「牛肉ラーメン」のお店は、今や中国各地に。
それでも、蘭州来たならラーメン食べなきゃ!
市内には至る所にお店があって、人々は朝からラーメン食べてました。
蘭州人の朝食はラーメン!さすがラーメンの町!


まずは小さいお店から。
ラーメン一杯2元(約30円)!安い!
ビヨーンビヨーンと両手で何度も延ばして細くなった芸術的な小麦粉麺。
その麺を牛肉ダシの醤油スープでズズズっと食べます。
あっさりシンプルでストレートなお味。
テーブルに置いてある「焦がし唐辛子」を入れて一気に食べると更に美味!

1118蘭州ラーメン 1118牛肉ラーメン

そしてタクシーの運ちゃんオススメのお店「金鼎牛肉麺」へ。
ここには30元(約450円)もする高級な牛肉ラーメンが!
2元で食べられるラーメンに30元って一体どんな豪華なラーメン?
カニがまるごと乗ってる?それともフカヒレが・・・?
勝手に妄想を膨らませた私たちの前に運ばれてきたのは、3種類の小碗。
1118蘭州ラーメンセット

スープがからまる細麺、モチモチ太めの平太麺、そして中太麺
1118蘭州ラーメンセット2

そして、牛肉薄切り、レバーの薄切り、ホウレン草の冷菜、揚げ餅、肉まん付き!

おおお!さすが30元ですね。なかなか豪華。
カニでもフカヒレでもなかったけど、ワイワイ楽しめたので合格!


蘭州ラーメンは、やっぱり蘭州で食べるのが一番おいしい気がしました。
蘭州に行ったら、迷わず「蘭州ラーメン」を食べましょう!

1118黄河2

※黄河に映るぐー&ぶー


【2005年国慶節 九塞溝、黄龍、チベッ文化圏の旅】
 1. 地球が生んだ奇跡 ~九塞溝~
 2. 神の水 ~黄龍~
 3. チベットの「バター茶」
 4. 九塞溝、黄龍 番外編
 5. 旅で出会った「チベット料理」
 6. 松藩-若尓蓋-合作-夏河 大移動!
 7. 祈りの街「夏河」
 8. イスラム教徒の街
 9. 黄河とラーメンの町 「蘭州」
☆ 過去の記事一覧はこちら ☆

AD
いいね!した人  |  コメント(32)  |  リブログ(0)
テーマ:中国の話
2005-11-14

イスラム教徒の街

回族軍

旅は、チベット文化の街「夏河」から「蘭州」へ。
相変わらずの凸凹道を、バスはゆさゆさ左右に傾きながら走りました。
窓から見えるのは、白い帽子をかぶったコックさん達・・・・?

いえいえ、今度のルートは「イスラム文化の回族地域」。

そう。白い帽子の彼らはイスラム教徒ムスリム達です。

この辺りはトウモロコシの産地。
屋根一面が黄色く染まり、木々にはバナナ(?)が!
どの家も工夫してトウモロコシを干していました。なんだか華やか!

とうもろこし2 とうもろこし 玉米


途中、バスの隣の席に座ったのはイスラム信者の男の子。
山西省出身の彼は、アラビア語を学ぶために臨夏という町にやってきたとのこと。
彼の話によると、イスラムの神アラーアラビア語を使うので、中国語や日本語で語りかけても通じないとのこと。
だから、どこの国のムスリムも必ずアラビア語でお祈りするんだそうです。
彼らの1ヶ月ほど続く断食月(ラマダン)は、貧しい人の心を知るためのもの。
敬虔な信者は唾を飲むことすら我慢するんだと、目を輝かせて話してくれました。

回族

「いやー中国は広い!!!」
今回の旅でつくづく感じました。
人口13億という実感の湧かない数。そして56もの民族。
地域ごとの歴史や文化も違い、それぞれの信仰、価値観に忠実に生きている。
「中国という国は・・」と簡単に語れないところがまた中国の魅力!

印象的なのは、それぞれが自分の生き方に誇りを持っていること。
そして「お互いの間に違いがあるのは当然だ」と自然に捉えていること。
全ての人が違いを持ちつつも、他の人にそれを押し付けない。侵さず侵されず。
民族も宗教も違う人々が一つの国に共存するために必要な術なのかなと思いました。


【2005年国慶節 九塞溝、黄龍、チベッ文化圏の旅】
 1. 地球が生んだ奇跡 ~九塞溝~
 2. 神の水 ~黄龍~
 3. チベットの「バター茶」
 4. 九塞溝、黄龍 番外編
 5. 旅で出会った「チベット料理」
 6. 松藩-若尓蓋-合作-夏河 大移動!
 7. 祈りの街「夏河」
 8. イスラム教徒の街
 9. 黄河とラーメンの町 「蘭州」
☆ 過去の記事一覧はこちら ☆

AD
いいね!した人  |  コメント(36)  |  リブログ(0)
テーマ:中国の話
2005-11-06

旅で出会った「チベット料理」

高度3000m級の高地に住むチベット族。
草原に住むモンゴル族と同じように、その食材は限られています。
彼らの主な食材は「ハダカ麦(大麦)と肉と乳製品」
その少ない食材を工夫して作られたのがチベット料理です。

1106

チベット料理の代表といえば「ツァンバ」。これはチベット人の主食です。
炒ったハダカ麦の粉にヤクのバターやチーズ、砂糖を加えて固めたもの。
この主張の強い独特のしつこい香り・・・
バター茶 に登場したヤクのバターがここでも大活躍でした。
食感は「生らくがん」のようなしっとりした柔らかさ。
ほんのり香ばしく、粟や稗のように滋養がありそうな素朴な味。
あまり積極的には食べられなかったけど・・
前に紹介したモンゴルのトゥット にちょっと似てました。

チベット餃子

似てるといえば、「蔵包(チベット餃子)
ガブリいくとジューシーな肉汁溢れる羊肉メインの具。
これは味も形も「モンゴルボーズ(モンゴル餃子)」とそっくり!
それから「手把肉(ショウバロウ)」という「塩茹で羊肉」も。
これは、ナイフで削りながら食べるというワイルドな食べ方までモンゴルと一緒!
チベットとモンゴルの文化の深いつながりを感じました。

チベットラーメン

「蔵式拉面(チベットラーメン)」
ヤクの肉をふんだんに使った具だくさんのピリ辛ラーメン。
このヒーヒー言うぐらいの辛さは、四川料理の影響?
トマトベースのコクあるスープにもっちり分厚い平打ち麺が美味。
外気で冷えた体がほってり温まりました。


「チベット料理は日本人の口に合わない」と聞いてたけど、
それなりに楽しめました。
ぜひチベットの神がかった景色を眺めながら味わいたいものですね!


【2005年国慶節 九塞溝、黄龍、チベッ文化圏の旅】
 1. 地球が生んだ奇跡 ~九塞溝~
 2. 神の水 ~黄龍~
 3. チベットの「バター茶」
 4. 九塞溝、黄龍 番外編
 5. 旅で出会った「チベット料理」
 6. 松藩-若尓蓋-合作-夏河 大移動!
 7. 祈りの街「夏河」
 8. イスラム教徒の街
 9. 黄河とラーメンの町 「蘭州」
☆ 過去の記事一覧はこちら ☆

AD
いいね!した人  |  コメント(34)  |  リブログ(0)
テーマ:中国の話
2005-09-19

中秋節

過剰包装月餅

おひさしぶりです!
昨日、9月18日(旧暦の8月15日)は中秋節で中国ではお祝いの日でした。
中秋節では一家団欒食事をしたり、花火を打ち上げたり、爆竹を鳴らしたりして、
町中がにぎやかになります。
そして、中秋節といえばやっぱり「月餅」
お歳暮のように、お世話になっている人などに送るのが一般的なんですが、
みんながみんな月餅を送るので、食べきれないほど月餅をもらってしまいます。
そのせいか、新聞なんかでは月餅をもらった人の70%の人が月餅をもらっても
嬉しくないと言ってるとか。
実際に送られる月餅は上の写真のように豪華絢爛過剰包装です。
年々包装は立派になっているように感じますが、お味は進歩していないような・・。

お味はどうかとさっそく箱を開けてみると・・。
ん?
んん?
まさか・・・

空箱・・
なんと6つの小箱のうち4つが空箱!
これって過剰包装とか、底上げじゃなくて入れ忘れ!?
なんか軽すぎるとは思ったけど・・。
プレゼントは気持ちですからね・・・。


気を取り直して試食!箱から出した中身は下のよう感じ。
今回いただいたものはフルーツミックス餡という感じの味でした。
月餅

月餅のほかにもこんな感じのおめでたそうな果物ももらいました!
中秋のプレゼント

中秋節は家族や友達を大切にする中国らしい祭日なので、
こういう伝統はずっと長く続いてほしいなと思っています。

しかし、今日も月餅もらってしまった・・。
今月中に食べきれるかなぁ・・。

☆ 過去の記事一覧はこちら ☆
いいね!した人  |  コメント(69)  |  リブログ(0)
テーマ:中国の話
2005-06-08

やられた!

中国 自転車

いつもどおり家で昼ご飯を食べて、出かけようと思ったら、
「あれ??」
自転車がな~~~~~~い!!
ぐーすかの自転車の籠を見ると、ぶった切られたぶーすかの自転車の鍵が・・・。
これは明らかにプロの仕業。しかも白昼堂々と・・・。
確かにフフホトの昼休みは、みんな一斉にしかっかり休むので、
街が静かになるほどです。
昼寝をする人も多いせいか、昼休みも自転車を盗む絶好の機会?
まさか昼に盗まれるとは~~!

無くなった物は2度と帰ってきません。
さっそく次の日に新しい中古自転車を買いました。
お値段50元(約600円)。今度は盗まれないように少し頑丈な鍵も装備!
これで安心!わはは、もう盗まれないぞ!


次の日は午後から出勤で、自転車置き場に行って見ると・・。
「ん?あれ?」
また無くなってるような・・・。
今度は盗まれた痕跡すら残っていないようだし・・・。
昨日自転車買ったのって、夢だったかな??


世の中に二日続けて自転車を盗まれた人っているんでしょうか?
盗まれるほうが悪いのかな?
泥棒が泥棒するのは、
「泥棒したくなるような状態(盗める状態)にしておくから悪いんだ」
なんて聞いたことがあるなぁ。
そうですか。ワタクシが悪ぅございました。
以後気をつけます。


ってなわけで、今は自転車がありません。
誰か買ってください!

☆ 過去の記事一覧はこちら ☆


このところ、仕事の都合等で更新が遅くなっております。
また、みなさまのブログにも足を運ぶことがあまりできなくなっています。
当分は、更新は隔日になりますが、少しずつ更新していきますので、

今後ともよろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(82)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。