テーマ:内モンゴル・フフホト生活
2006-02-13

草原の家

草原の家1
  <牛糞を乾燥>・・・牛くんありがとう!冬も安心。

 内モンゴルの草原の牧民は中国政府の政策によって定住させられています。海原のように広がる大草原も今では鉄の格子によって仕切られています。そして、仕切られた草原の使用権を与えられ、その限られた範囲で放牧を行っています。そんな狭い草原では移動に適したモンゴルゲルに住む必要はなく、レンガの家に住むのが一般的です。


  <草原の家>・・・テレビは10年ほど前から見られるようになった。

 まずは写真にあるアンテナ。2つあります。日本でもあるテレビ用のアンテナと、直径1mもありそうな大きなパラボナアンテナ。大きなパラボナアンテナは見た目どおり、衛生放送を見るための物なんですが、もう1つのアンテナはテレビ用ではありません。実は電話のアンテナなんです。電話のアンテナなんて見たことがありませんが、実際に固定電話につながっていました。でも、これも固定電話とはいいましたが、あのアンテナごと持ち歩けば携帯電話に変身!便利?

風力発電
  <風力発電>・・・しっかりテレビも映ります。 

 今回行ったような集落の場合は近くの町から電気も来ているので問題ありませんが、電気が来ていない家は風力発電を使います。思ったより小さいプロペラでしたがしっかり発電してくれているようでした。

 ガスはありませんので、調理、暖房に使う燃料は「牛糞」。牛糞をしっかり乾燥させれば火力のある燃料になります。さすがに炒め物はできないかと思っていましたが、全然火力に問題はありませんでしたし、火力の調整も下の写真のような鉄の輪をつけたり外したりすれば簡単に調整できました。

かまど2
  <暖房兼かまど>・・・鍋の中身は?カレー!草原の皆様にも好評でした。

 零下30℃もある寒い冬でも、牛糞だけで十分部屋が暖まります。朝部屋を暖めれば、牛糞の余熱と太陽の日差しで日中は暖房なしで過ごせるほど家の中は快適でした。
オンドル
  <オンドル>・・・寝床の下を暖気で暖めます。寒い夜も安心。
かまど
  <かまど>・・・ご飯なんかはこちらで。

 草原滞在で一番不安なこと。トイレとシャワー。見事にありませんでした!トイレは自由にということですが、それなりのルールはあるんじゃないかな??男の人が「小」をしているところは見掛けましたが、「大」をしているところには一度もあったことがありません。うむむ、どうして会わないのかな?
 観光地などには草原にもトイレはありますが、これがまたひどく汚く臭いです。それよりも草原で地平線を見ながらしたほうが気持ちいいです!ちょっと病みつき。

 シャワーは基本的に浴びません。夏はどうなのかわかりませんが、冬は乾燥しているし、体の油を落としたらそれこそ体に悪いんじゃないかという気もしました。でも、頭や足は時々洗うみたいでした。まぁ、入郷随俗(郷に入っては郷に随え)と言いますから経験しておきましょう。

 暖房や調理にフル活用した牛糞。草原にいる時はほぼ無臭なんだと思っていましたが、フフホトに帰ってみると体も衣服も牛糞の香り!せっかくですがきれいに洗い流しました。一週間ぶりのシャワーは、体の皮が一枚はがれたような感じがして、なぜか寒いような気もしたのでした。

☆ 過去の記事一覧はこちら ☆

AD
いいね!した人  |  コメント(32)  |  リブログ(0)

ぐーすか・ぶーすかさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

32 ■無題

かまど、なつかしいです。

うちでも、高校ぐらいまで、かまどでご飯を炊いていました。

31 ■これが内モンゴルか なるほど

私は内モンゴルに行ったことがないのですが、いろいろ写真を見て楽しませてもらいました。

これが内モンゴル・フフホトの様子なんですね。
面白かったです。

へ~、なるほど

30 ■ふ~~ん(糞)そうなんだ~(笑)

久々の更新!
と思ったら、日付が・・あれ?
2月だ・・・

確かに、糞は燃料や、肥料にいいみたいだけど、やっぱり匂いがねぇ・・
ちょっと抵抗あるなぁ

29 ■確かにそうですね

郷に入っては郷に随え です

かって、中国に居りましたころ

トイレには仰天しましたし

出てくるお皿の汚れ

その国のしきたりは遵守しなければ

生活できませんしーねー

ご無理なくエンジョイして下さい。

28 ■はじめまして

はじめてコメントさせて頂きます。

とてもかわいくてほのぼのするブログですね。

これからも楽しみにしております。

27 ■madonga さん

大は適当にその辺でしますよ。

26 ■あきぴか さん

最近ではテレビも電話もあるとはいえ、まだまだ日本では考えられないような生活をしていますね。
でも、そんな文化もどんどんなくなっていってしまうんでしょうねぇ。

25 ■sakumi さん

どうぞー。
ご自由にお使いください!

24 ■マカロン さん

最近、中国でもカレールーをみかけますが、バーモントカレーらしいんですが、色も味も微妙に違います。
やっぱり日本のがいいなぁ!

23 ■モンティー さん

水道はないですよ!
毎朝井戸に水汲みにいってました!

22 ■大は

結局どうしたんですか?
草原でするんです?
この質問、誰か聞いてるのかしら。もし、ダブっていたらごめんなさい。

21 ■はじめまして

知り合いの内モンゴル人に出身地の話を聞くたびに、文明から遠く離れた生活を嘘だろうと思いながら聞いていましたが、こちらのブログを拝見して、彼らの話に何の誇張もない事がわかり、逆にびっくりしています。
いろいろとおもしろかったので、また寄らせて頂きます。

20 ■ゆうき さん

中国では基本的にホームステイはできないはずです。
特に団体となると難しいと思います。
こちらの日本語のできる旅行会社の方をご紹介できますので、メールでご連絡いただければまたご連絡いたします。

19 ■はじめまして!

内モンゴルに行きたくて、いろいろ調べていたらこのブログを見つけました!学生最後の春休みにどこかひとつのところに少しの間滞在して、その国の人とか文化とかいろいろ感じてみたい、と思って自然がだいすきなのでモンゴルに行こうと思いました。でもモンゴルはビザが必要で少し時間がかかってしまいそうで・・・それではやく出発したいので、内モンゴルに行こうかと考えています。そこで質問があるのですが、モンゴルのホームステイとかはよく調べてるとでてきたのですが、内モンゴルでもそういったことは可能でしょうか?また、もしホームステイなどをやっている団体とかご存知でしたら教えていただきたいです!突然ごめんなさい。よろしくお願いします!

18 ■無題

「可楽と露露」の記事のところにもコメントさせていただいたのですが、わたしのページで「露露」の話をするのに写真がなかったため、そちらの写真をお借りしました。
事後報告でスミマセン。

ところでわたしも中国内蒙古の赤峰市に何度か滞在したことがあり、記事を懐かしく読ませていただきました。
また、こちらに遊びに来ますネ~。

17 ■だいぶ前ですが

クラスの中国人(カナダ在住)が作ってきたカレ-(お米はなかった)が日本のに似ていて、似てるよといったら、日本のル-を使ってました(汗)。なので、中国でも人気というのはわかります。
でも牛糞とカレ-でちょっと余計な想像してしまった私です(すみません)

16 ■見事な

牛さんの糞ですね。ところでそこでの水事情はどうなってるのでしょう?水道は引いてあるのですか?トイレもシャワーもないということだけど、、、、。

15 ■kndchk さん

ほほぅ。
ストーブは基本形なんですね。
調理にも使えるし便利ですね。
草原でもどこから持ってくるのか薪もありましたよ。
やっぱり薪の火力は強いですね。

14 ■BON さん

書き忘れました。

草原の用足しは最高ですよ!
海に向かってするのも気持ちいいけど。
草原は女性もOK!

13 ■BONさん

草原での生活を見ていると、確かに無駄が無くてすごいなと思います。
自然界はどうしてこんなにうまくできているのかって。
自然はすごいです。

12 ■ほかをさん

日本に現役のかまどがあるとは!
ご飯とかおいしく炊けます??

11 ■pinoko-life さん

人間のうんちは燃料にならないんでしょうかね?
ひょっとして臭いのかな?

10 ■まぎー さん

なんというか、自分でできることは自分でする生活はとても楽しかったです。
物の大切さもわかりますし、本当に良いことだと思いました。
寒い中汲んだ水なんかやっぱり無駄にできません!

9 ■genkihasshinnchi さん

便利じゃない生活は、便利な生活よりストレスを感じないと思いました。
都市の生活は時間を無駄にしてはいけない!なんて考えて行動していますが、どんな作業でものんびりやるので、便利も不便もないというか。
生活にのんびり時間をかけるは、優雅な感じがしました。

8 ■旺角さん

カレールーを持っていってみました。
思いのほか好評でうれしかったです。
お世辞ではなかったみたい!
みんなおかわりしてくれました。

7 ■kndchk

実にワイルドですね~~!!(冬のそ草原のレンガの家はなんだかちょっとナチの強制収容所の様ですね・・・)ストーブはイタリアの田舎で今でもたまに使われているのを見るものと、ほとんど同じです。が、燃料は薪です。牛糞が良い燃料になると知ったら、やる人出てくるかもしれませんね。

6 ■そうなんだ!!

火をおこすのは木だけだと思ってたんだけど、牛糞も燃料になるんですね~。
なんて無駄がないんだ!!

草原で地平線を見ながらも用足しはそんなに気持ちがいいんですかっ!
んーーー、男に生まれたかったヽ(´▽`)/へへっ

5 ■かまど

うちの田舎にもありますよ、現役で!
しかし、牛糞が燃料になるとは知りませんでした。。

4 ■ウシ君

大活躍ですね☆
アフリカでは、乾いた象の糞を燃料にしてコーヒーとか作ってるのを見ました。
自然と同化する生活。
厳しいけど人間は本来こうなのかも・・・。

3 ■素晴らしい

何もかも、人任せ、便利な生活からなかなか抜けられないでいますけど、
「牛糞さん、ありがとう!」って言えるって素晴らしいですね。こんなに火力が強いなんて想像もしてみませんでした。
風力発電、土地に余裕があったら、我が家でも一基ほしいな~

草原では、クリーンエネルギーをみんな実践中なのですね。納得!

ぐーすかさん、ぶーすかさん、カレー美味しかったでしょうね!

2 ■人間の生きる道の原点のような。。

場所ですね。そんなご経験をされたぶーすかさんたちも便利な世界の有難さが当たり前じゃないって感じられますよね。北京に何度か行ってたときに穴のトイレや、お隣さんこんにんちはトイレで、私も日本の便利さ発見しましたが、そのレベル以上のものですね。

1 ■カレー作ったんですか?

電話が無線電話とは面白いですね。充電が風力とか太陽電池とかは見たことがあります。
で カレーを作ったんですね。 ルーを持っていったんですか?

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。