テーマ:内モンゴル・フフホト生活
2006-01-23

フフホトの正月準備

対聯-03

みなさんもご存知かもしれませんが、こちら中国の正月は新暦の1月1日を祝うのではなく、旧暦の1月1日、今年で言えば1月29日です。旧暦の元旦は年によって変わるので、2月になったりもします。


そんな正月もいよいよ一週間前に迫ってきました!
街中で正月飾りが売られ、鮮やかな赤が街を彩っています。
売られている「対聯」は、玄関の扉に貼り、運気を招き入れるものです。


対聯-01 対聯
  <街角のお店>
倒福
  <正月飾り>

それから正月に欠かせない物といえば、爆竹花火
花火は日本では考えられないような大きな打ち上げ花火まであります。正直、危険なんですが、これを街中でドンパチやってくれないと、盛り上がらないのも確かです。けが人や死者も出るみたいですが・・。
新年を迎えてからだけではなく、一週間も前から花火や爆竹はなりはじめているので、これもまた正月の気分も盛り上げてくれています。

花火屋
  <花火屋さん>
花火
  <打ち上げ花火> 大きいのは2000円~3000円

爆竹
  <爆竹>  大きいのは2000円くらいかな。

食料品の買出しも大事。
安売りのスーパーでは豚肉10kg20kgを買っていきます。
たしかに正月は賑やかで華やかですが、その反面ひっそりした部分があります。
正月の一週間くらいはみんなそろって休んでしまうので、
スーパー、レストランも休業になり、閉ざされた街のように静まりかえります。
そんなわけで、大量に食料品も買い込んでおかなければなりません。

縁起の良い魚も正月にはかかせません!が・・・。買う??
魚
  <廃棄されてる感じな、お魚たち>
酸菜
  <酸菜-白菜の漬物>
調味料
  <香辛料>
鳥肉
  <売られて行く鶏たち>
豆腐
  <ほかほか豆腐>

さて、正月はフフホト から列車で12時間のシリンゴルの小さな町で
モンゴル人の友だちのお宅にお邪魔しようと思っているのですが、
まだ列車の切符を買っていません。駅は正月の民族大移動を目前に大混雑。
駅に行くだけでブルーになります。(ブルーになる理由はこちらの過去記事
切符の販売員も怖いし・・・。あーあ・・。

春運-01
  <切符を買う人々>

☆ 過去の記事一覧はこちら ☆
AD
いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)

ぐーすか・ぶーすかさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

24 ■水鳥 さん

こんにちはー。
韓国ではキリスト教徒は多いんですか?
内モンゴルにもキリスト教の人が少しいると聞いています。
そういえば、中国の正月番組はあんまり面白くなかったなぁ・・。

23 ■春節~♪

おひさしぶりです。
こちら韓国も旧正月(ソルラル)の習慣の国なのですが、中国ほど華やかではないです。
しかもうちの旦那様の家はキリスト教なので、名節の行事はナシ。
楽しみなのは、テレビの旧正月特集ぐらい?(汗)

22 ■linden-leaf さん

たしかに正月の正月らしさってどんどん失われていますね。
正月自体ゆっくり静かに過ごすこともそうですが、正月の準備期間も楽しんでるわけですね。
日本はクリスマスにかなり力が入っていますが、正月はクリスマスが終わって突然やってくる感じですね。
旧正月は大連で一度過ごしましたが、草原は未体験なので楽しみです!

21 ■どこでもやっぱりお正月

お正月前は、やっぱりみんなワクワク感と準備で忙しいんですね。
お正月一週間は殆ど皆お休みになってしまうとありましたが、私にとってそれって理想。
本当に年明け一週間くらいぜーんぶお休み、みんな平らにおやすみーになったらいいのになぁ日本もと思います。
日本は元旦からお店があいてるからだんだん何も変化がなくなってきているような感じがします。

旧正月・・・一度どんなか体験してみたいな。

20 ■ひまわり さん

フフホトは寒いですが、雪はあまりつもりませんね。
飛ばされるのか削られるのか、わりとすぐになくなります。
気温は日中で氷点下10℃くらいかな。最近はあまり寒くないです。
爆竹は点火したらダッシュで逃げないと、本当に危険だと思いますよ!

19 ■tk18412004 さん

基本は爆竹。そして餃子でしょうかねぇ。
家族揃って餃子を包む伝統はなくならないでほしいものです。
写真の魚は黄河のものか、どこかの湖のものだと思います。
鶏は生きたものも売られてますが、最近はどうでしょう。鳥インフルエンザもあるし。

18 ■フフホトは何度?

これは今のフフホトの風景なんですよね。
こちらよりずーっと厳冬のイメージだったんですが・・・
自転車にも乗れるなんて・・・・
庄内は、すっぽり雪におおわれて自転車には乗れません。

想像とはずいぶん違うんですね。

お正月を迎える風景は、花火・爆竹と中国らしい、にぎにぎしそうですね。
こんなに大きな爆竹に点火するのは、怖いですね。

お魚とにわとりの姿・・・・
ちょっと・・・・

シリンゴルで中国のお正月を迎えるのですね。
楽しんできてください。
また、お話を聞かせてくださいね。

17 ■中国は広いから

ものの売り方とか、正月の祝われかたとか、地方によってかなり違うのでしょうね。。
お正月の飾りはいかにもおめでたくて、福がたくさんやってきそうな感じですねぇ・・。
フフホトのお魚は、川魚ですか。海から取れた魚が運ばれてくるのでしょうか。
15年前の延吉では、鶏はかご入りで生きたまま取引されていたような・・・

16 ■モンティー さん

以前は泣きたくなるくらい嫌だったけど、最近はそれほどでもないかな。
慣れてきたから?
販売員の態度と、切符を買う人の圧力に負け勝ちでしたが、最近は窓口が増えたり、割り込みができないようにされていたりして安心して買えるところもあります。
でも、やっぱり気合いれちゃいますね。

15 ■マカロン さん

魚ねぇ・・。
いかにも、死んでるって感じですよねぇ。
同じく死んでいても、やっぱり活き活きしてるって感じがほしいような。

14 ■この指とまれ! さん

豆腐は専門的に売っているところは
切り売り、量り売りが多いですね。

花火、爆竹はかなり強力ですよ。
恐ろしくて近くでは見れません・・・。

13 ■tabinosora さん

日本も旧正月も祝って休みにしちゃえばいいのに。
もっと休み増やしたらだめなのかなぁ?

12 ■のほほん さん

写真の豆腐は木綿かどうかわかりませんが、硬いと思います。
一般的に硬い豆腐が多いですよ。

11 ■香月さん

やっぱり正月はこちらですか。
おいしい肉をたんまり食べて日本に戻られるんでしょうねぇ。

10 ■こちらでも

旧正月は、毎年香港、台湾、シンガポール等からの観光客で大賑わいになります。どこの国でも正月は海外で、、ってな感じでしょうね?!あーー、私は中国で列車の切符買えたことがありません。船の切符を買うのも中国人の知り合いに頼んで買って貰ったのを覚えています。あの場では気合いれないとちょっとね、、、。

9 ■私の町でも

1/29中国の新年が町で祝われますよ。たくさんの中国人がいるから。竜も町を練り歩くんです。去年初めて見てびっくりしたんですよ。
魚がなんとも痛々しいというか、美味しくなさそうですよね、こうされちゃうと。

8 ■お正月飾り 

こりゃ
縁起よさそうだわ

花火 爆竹
こんなに大きいの~
かなり 派手に 鳴りそう

鶏にもびっくりだけれど
お豆腐 切り売り?

7 ■旧正月

韓国も旧正月で祝いますよね。
私は何かわからないまま旧正月を韓国で迎えた事があります。

やっぱり何処の国でも正月という響きはいいですね。
中国は買い物とか大変そうだけど..

6 ■(〃⌒ー⌒〃)

やっぱりお豆腐に目が行きます♪
硬い木綿豆腐なのかな?

たまりませんなぁ~♪
花火も欲しいですが 日本じゃ逮捕されちゃうかしら?

5 ■いよいよ・・・

お正月ですね。
李波さんも、お正月を迎えに、そちらに帰国しましたよ。
素敵な新しい年をお迎えになられますように。

4 ■じじ さん

きっと慣れると大丈夫だと思いますよ。
日本人なら慣れるためにそれなりに冒険しなければならないかもしれませんが。
不衛生かもしれませんが、現地の人たちはしっかり洗って食べていると思います。

でも、たしかに少し不衛生なくらいが人間の体を強くするかもしれませんね。

3 ■ほかを さん

株にも影響するんですねぇ。
それもなんとなくわかります。
時間が止まったかのように
みんなそろってしっかり休みに入りますからねぇ。

2 ■どっちが、おかしいのか・・・?

日本もほんの30年前くらいは
こういう物の売り方してたのでしょうが
今、見ると
すべての物が、不衛生に見えるのですが・・・?
慣れると大丈夫なんでしょうか?

もしかしたら、このような環境なら逆に
アトピーや花粉症、気管支喘息とかの病気や
ちょっとした雑菌に打ち勝つ人間を作り上げるのかも・・・♪

1 ■旧正月って

年によって日が違うって最近中国株の本読んで知りました。
中国では一大イベントだそうですね。株式も旧正月前は手控えられるとか…

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。