テーマ:九塞溝、黄龍、チベッ文化圏
2005-11-12

祈りの街 「夏河」

小さなお坊さん

気の遠くなるような絶景を眺めながら到着した「甘粛省夏河」
高度3000mと天に近く、ひんやり冷たい空気がどこか神聖な感じ。
メイン通りはチベットグッズで溢れ、道行く人々はチベットの衣装。
純粋なチベット文化がしっかり語り継がれている小さな街です。
ラプラン寺1

※ 上下の写真はかさこワールド のかさこさんにお借りしました。2

町の中心であるチベット寺院「ラプラン寺」
山肌をバックに金色の屋根がそびえ、たくさんのラマ僧が巡礼に訪れます。

お寺の前でひざまづき、頭を地面につけて何度も何度もお祈りする人。
お寺の周りを何度も回り、マニ車をぐるぐる回してお祈りする人。
手にボロボロの手袋をはめ、地べたを這いながらお祈りする人・・・
価値観の中心に仏教があるんですね、じゃなきゃこんな熱心に祈れない。
彼らの真剣でひたむきな信仰心に心が熱くなりました。
マニ車 仏塔を回る人々 五体投地

お寺の入り口の前には、必ずこんな「雲」の模様が。
これは、「お寺が天の上にある」ことを示すものだそうです。
雲の絵
通りすがりのラマ僧に中国語で話しかけてみたけど、通じませんでした。
彼らは自分達の文化を守るため、かたくなに中国文化を否定しているそうです。
ここに比べたら、内モンゴルはかなり中国に侵されてるかも・・


こんな小さな街なのに、やたら欧米人の観光客密度が高いところでした。
そんな欧米人のために、街中にはカフェがちらほら。
思わず入ってみると、

ハンバーガー ネパールカレー
ホットチョコレートに、シナモンパンケーキ。
ハンバーガー(もちろんヤク肉)にカレー、ハチミツがけヨーグルト。
中国の山奥のリトルチベットで思いがけない味に出会えました!


「夏河」はチベット族の素朴な生活と一途な信仰心が感じられる良い街でした。
このまま彼らの伝統文化がいつまでも残ってほしいものです。
チベット族
お寺の学校 登校する子供

※ 「かさこワールド」さん  ←夏河のステキな写真満載です!


【2005年国慶節 九塞溝、黄龍、チベッ文化圏の旅】
 1. 地球が生んだ奇跡 ~九塞溝~
 2. 神の水 ~黄龍~
 3. チベットの「バター茶」
 4. 九塞溝、黄龍 番外編
 5. 旅で出会った「チベット料理」
 6. 松藩-若尓蓋-合作-夏河 大移動!
 7. 祈りの街「夏河」
 8. イスラム教徒の街
 9. 黄河とラーメンの町 「蘭州」
☆ 過去の記事一覧はこちら ☆

AD
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

ぐーすか・ぶーすかさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

26 ■blogtoto さん

今回回ったのは、四川省、甘粛省のチベット文化圏。
私もぜひ本場のチベットに行ってみたいです!
その前に、体力鍛えなきゃ!

25 ■tk18412004 さん

甘粛省にまでチベット文化圏が?ってびっくりしました!
ほんとうに広範囲なんですね。
そういえば、モンゴル民族もチベット仏教を信仰する人が多いです。
高地や草原で暮らす人に適した教えなのかもしれませんね。
ネパールはもっと神聖な景色と空気が流れていそう。
日本からのお客さんが、よほど多いところなんですね?

24 ■チベット

一度いってみたい!!
というか是非行きたい場所です。

23 ■チベット仏教

チベット文化圏って、ほんとに広いのですね。
地図で夏河がどこか見てみました。五体投地で祈る姿や、着ている着物がチベットの人々は、ネパールの山のなか、いや、カトマンドゥのボダナートでもたくさん目にしましたよ。
「わたし、ナンミンねー。かわいそうねー」と片言の日本語を使いながらお土産を売っているチベット系の人にも会いました。トレッキングのルートにはけっこうたくさんいましたね。

22 ■ひまわり さん

こんな地べたに這いずり回りながらのお祈りは初めて見ました。
日本人のお正月は神社、結婚式はキリスト教、葬式は仏教というご都合的な宗教とは全く違いますね。
信じる者はぜひ救われてほしいですね!

21 ■玉米 さん

北京空港で堂々とモンゴル服着ていた人はエライ!
内モンゴルもそうやって伝統文化を残していってほしいなー。
そういう日本人も、普段和服は着ていないけどね・・
世界中いつか洋服で覆われちゃう日がやってくるのかしら?

20 ■ペトロニウス@物語三昧 さん

中国は広すぎて「中国って国は・・」なんて簡単には語れませんね。
そんな一筋縄ではいかないところがまた魅力的です!
これからもいろんな中国を見ていけたらと思います。

19 ■とりうち さん

わーおひさしぶりです!
お元気ですか??

相変わらず映画には詳しそうですね!
ダライラマの映画作られるんですか。
映画見てからチベット圏旅行すると気分が盛り上がりそうですね!

18 ■genkihasshinnchi さん

10月なのに恐ろしく寒かったです。
ホテルでも夜寒くて寒くて。。
年間のほとんどが寒い季節なんだろうなぁ。

17 ■0443 さん

どんな気持ちで来てるんでしょうね?
やっぱりやってみると少しわかりますかね?

16 ■dive さん

diveさんの写真、画面いっぱいで大迫力!しかも量もスゴイ。
至る所シャッターチャンスだらけのステキな場所だったんでしょうね。
なになに?スノーランドホテルはケーキが半額ですか。
おいしい情報ありがとう!覚えときます。

15 ■祈り!

手にボロボロの手袋をはめ、地べたを這いながらお祈りする人・・・
習慣文化の違いがあるとはいえ、
真剣なお祈りをする人の姿には
頭が下がりますね。

この写真をみていると
心が洗われるようです。

14 ■フフホトでは

モンゴル服姿の人は見かけなかったですね。
ハイラル方面に旅行に行ったときに、おばあさんが着ているのを見たぐらいでしょうか。
でもなぜか、北京空港で全身モンゴル伝統衣装のモンゴル人が歩いているのを見ました。何のため…??

13 ■お久しぶりです。

ああ、チベットっぽくて美しいですねー。更新再開なされたのですね、すごくすごく嬉しいです。でも、ほんとうに中国の広大な大地を旅できて羨ましいです。

12 ■おひさしぶりです(^-^)

ちょっと休眠してたんで久しぶりにお邪魔しました。

いやぁ、いい所ですねぇ~
ダライラマの映画も作られるそうですし、行きたいなぁ

11 ■既に。。

寒そうですねぇ。。雪も深い地域なんでしょうか。。日本は先週初雪が北海道で例年より13日遅れでありました。

10 ■祈りたいです

地面にすって拝みながらそこへ行きたいです。。。

9 ■チベット

写真を見てたら懐かしくなって僕もHPにチベットの写真をアップしてしまいました。
http://dive-world.hp.infoseek.co.jp/
ラサではスノーランドホテルの半額ケーキ、よく食べたなあ。

8 ■毛沢東 さん

元気そうですね。

7 ■玉米 さん

玉米さんがフフホトにいらっしゃったころは、モンゴル服を着ている人はいましたか?
シリンゴルあたりならまだいるのかもしれませんが、フフホトじゃいませんよね。
民族服を着てりゃいいってもんでもないですけど、受け継がれる伝統のよさもありますよね。

6 ■のほほん さん

将来は立派なお坊さんになるんでしょうかね?
そして、今、何を考えているんでしょうね?
案外晩ご飯のこと考えてたりしないもんですかね??

ちなみに靴ですが、革靴屋さんがあって、手作りで靴を作っていたので、きっと革靴、ブーツなんかじゃないかと思いますよ。

5 ■aiai さん

おひさしぶりです!
お元気ですか?

本当に中国はいろんなとこがあって、いろんな人がいますね。

中国はとにかく広いので、時間がたくさんあったほうが有意義な旅行ができるかもしれませんねぇ。

4 ■あっ、そう

http://www.tibethouse.jp/situation/index.html

3 ■生活の中に

きちんと伝統文化が根付いているんですね~。
街中を民族衣装で歩く姿がいいです。

チベット行きたいなぁ…。

2 ■小さなお坊さん

クリックして大きな画像で見ると 涙が出てきます
とってもお気に入りの写真です!

坊主頭で 眉間をちょっと寄せて
何かを追い求める目
真っ赤なほっぺたに擦り傷?汚れ?
昔は こういう男の子いっぱいいたよな?

靴も もしかしてゴムなのかしら?
夫が昔 ゴムのズックを履いたことがあると言っていたのですが・・・ 


「お寺が天の上にある・・・」面白い
ですね!
我が家の神棚は1階にあり その真上には部屋があるのですが
「神」の上は「空」でないといけないそうで
神棚の中の一番上に「空」と書いた紙を貼ってあります

「空」か「寺」か・・・一番上は どちいなんでしょうねぇ?(〃⌒ー⌒〃)

1 ■ご無沙汰しております。

お久しぶりです、aiaiです。遊びに来ても、コメントは残せないでいました、すみません…。

お写真拝見して、やっぱり中国って広い!!っと痛感しました。同じ国の中に様々な習慣・文化がありますね。
今はちょっとムリですが、祖中行して少し落ち着いたら、また是非中国へ行きたいと思っています。問題はやっぱり…お金と時間でしょうか(^_^;;)

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。