訳あり物件  専門家  麗花です。

 

 

かぼちゃの馬車のシェアハウスは700人と投資家の数が多いので

代表的に話題になっておりますが

 

 

スマートデイズデイズばかりではありません。

 

ゴールドゲインはシェアハウスのプランが入らない土地には苦肉の策で

民泊のプラン設計がされていました。

 

取引価格は10坪1億円。

しかも実際の取引価格とは異なるようです。

通常の不動産取引価格はおよそ4000万の地域になります。

 

10坪1億の取引となると一個人が売買契約を締結する金額では

ないのではないでしょうか。

 

しかも建物代金は別口融資で、一部実行されています。

 

スルガ銀行では土地の決済時に1億の融資実行をしているというのですから

土地の評価で融資を実行しているのではないのでしょうね。

 

事実上、担保割れしているのに融資実行する金融機関は他にはないでしょうが

スルガ銀行の審査基準は不可思議なものがあります。

 

なにか裏事情があったに違いないという憶測が働かざるをえません。

 

スルガ銀行の不可解な点…とりっぱぐれる可能性のある融資実行は何のため?

 

ゴールドゲインに立腹する点…民泊は24時間管理人を常駐させること

                   (区の行政指導)が不可能なプランで建築請負を行っている。

 

 

 

 

話は変わりますが

メデイアの発信の仕方ひとつで物事は事実ではあっても真実とは異なったまま社会に浸透します。

 

冷静に判断するには情報は偏っていて

テレビが発信するとこの役人は辞任して当然という風潮になるわけですが

 

その風潮にするために仕掛けがされているかもしれないと

ちょっと引いた思考で物事の本質を見抜くことが大事な時です。

 

↓このような記事を見つけました。

 

https://naniga-nandemo.com/bad-bank/


不動産投資は自己責任

 

どのように思うのかは人それぞれに異なりますが事実は何ら変わらない。

 

 

 

私、こちらのNPO法人の理事も務めておりまして

この度のシェアハウス問題一連の最善の解決方法について

理事長と話し合いを設けておりますが

 

前代未聞の事象に最善策の結論が非常に出しずらい状況です。

 

https://www.shiennet.or.jp/


NPO法人 住宅ローン問題支援ネット

 

 

 

 

 

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/kabocha-basha

 

困ったときは一人で考え込まないように

 

どうしたら最善なのかセカンドオピニオンとして

連絡いただければと思います。

 

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

訳あり物件  専門家  麗花です。

 

 

今日は老健施設で看護師として働いていました。

高齢者と接していると人はこんな風に老いていくんだな。というのがよく理解できます。

 

今の日本では70歳はまだまだ若くスタッフとして働いている方がたくさんおりますし

以前、私の同僚看護師は85歳で現役でした。

 

一方、50代で老健施設を利用している方もいらっしゃいます。

人は戸籍年齢ではなく活動年齢のようなものがあるように思います。

みなさん、それぞれの事情の生きざまが人生をかたちづくっています。

 

そんな中、かぼちゃの馬車のオーナーに

自殺者が出た。というニュースを見ました。

 

 

思考の行き詰まりは絶望感と直結します。

精神的に追い込まれた末の行動だったのでしょう。

 

https://www.nikkansports.com/general/news/201804170000610.html


かぼちゃの馬車で自殺者が

 

 

 

 

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00010005-biz_shoko-bus_all

 

 

民事再生棄却

 

そして

ますます解決が困難な状況になってきました。

 

 

スルガ銀行に金融庁が立入り調査とニュースになって5日ほど経ちます。

今後何らかの処分がなされるのではないかと予測されます。

 

相談者の中にはスルガ銀行に対して憎悪の感情を抱いている方がたくさんいます。しかし、

スルガ銀行がどんなに社会的にたたかれてもシェアハウスの所有者であることからは解放されません。

 

今は解決手段とされる自己破産も任意売却も決断し実行する時期ではないという

流れになっていますし

精神的苦痛が長期に渡ると正しい判断が困難です。

そんな中で最善の選択をし実行するのは不可能です。

 

 

そして、人はいろんな体験を積み重ね学習し成長していく生物です。

 

あわてなくとも死は誰にでも必ず訪れますので

今回に限ったことではなく精神的に追い込まれた状況での自害の選択は留まるべきです。

 

そして

訳あり物件とは何らかの事情で価値が下がってしまう不動産のことを

意味しますので

 

これ以上、シェアハウスの不動産価格が下がるようなことが起こらないように祈念します。

なぜなら、訳あり物件に関わってきた経験から云えることは、

 

事情が似通った条件のものは連鎖するからです。

事故物件、アウトレット不動産になってしまいます。

 

不動産業者は任意売却を勧めるでしょうし、コンサル業者はさまざまな解決策を提案すると

思います。

 

知識としては大変重要ですから自分が今後どんな選択をするのが

最善で賢い考え方なのかを見つけるために

 

・今の状況と向き合うこと

・解決策案を理解すること

そして、

※一番大切なのは決断したことをいつのタイミングで実行するのかということ。

 

感情で解決できる問題ではなく被害金額史上第4位の規模の事件です。

 

そんなに簡単に解決できなくて当然ですし、無いものは払えないのですから

 

無いものにするということが解決策の1つになるであろうと思います。

 

そもそも命はお金と比較する価値の物ではありません。

 

 

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/kabocha-basha

 

困ったときは一人で考え込まないように

 

どうしたら最善なのかセカンドオピニオンとして

連絡いただければと思います。

 

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

訳あり物件   専門家   れいかです。   

 
 
 
 
 
 
ビビットで放映されたものです。
 
 
投資家たちはスマートデイズに対し
訴訟を起こしましたが
 
毎月5億円の赤字をだしている
と社長自らが語っています。
 
 
投資家たちは被害に遭ったうえに
弁護士費用を支払っています


二次的被害に遭わぬようご祈念しております。

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/kabocha-basha

 

どうしたら最善なのかセカンドオピニオンとして

連絡いただければと思います。

 

 

 

住まい(不動産・土地) ブログランキングへ 

 

ポチッとな。↓

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へにほんブログ村

 

 

 

 
 
 

 

 
 

 

訳あり物件  専門家   れいかです。

 

先週末 金融庁がスルガ銀行に立ち入り調査に入りました。

 

 

シェアハウスのほとんどの融資は横浜東口支店からのものだったようで

裏事情があったにちがいないと予測せざるを得ない状況ですが

 

 

二次的被害者が出ないように投資家たちには留意して欲しいものです。

 

というのも

騙されたという思いが強いと

憎悪感がいつも心の中にはあります。

 

仕返ししてやりたい。と思うことも起こると思います。

 

自分を内観するということができかねる状況の中

 

新たに物件を購入しローンを増やす。

新たに別法人を立ち上げてそちらに不動産を所有権移転させる。

など

 

絶対に負けは認めたくない

という気持ちが

 

実は今の現状よりも泥沼になる可能性が非常に高い

ということを理解したほうが良いと思います。

 

今年は空の年

詐欺事件が多く目に見えないものの流通が多くなる年です。

 

 

自分の置かれている状況を見極め、未来に希望の持てる選択を

していただければと思い

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/kabocha-basha


かぼちゃの馬車のシェアハウスでお困りな方へ

 

 

ウェブサイトを公開いたしました。

 

 

 

 

住まい(不動産・土地) ブログランキングへ 

 

ポチッとな。↓

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へにほんブログ村

 

 

 

 
 
 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

す訳あり物件   専門家     れいかです。

今日は



↑こんなニュースが飛び込んできました。


シェアハウスの賃料収入は
毎月の借り入れ返済額におよばず
投資家たちは不安に苛まれています。

スマートデイズに損害賠償請求の訴訟を起こしても

お金ありません!

と宣言されてしまったのですから。


では、
スルガ銀行に
金利の減免はしていただいたものの
収支の合わないものを30年あるいは
リスケして35年間の方もいますが、

現実的にどうやって支払っていけば
良いのでしょう。


中には支払いを止めていらっしゃる方も
いますし

任意売却のスキームをご自分で考えて提示して
いただいた方もおります。

3億の借金を1億で任意売却して‥。
買い手はこちら現金で、
司法書士はこちらの先生で‥。
など。

実際に取引した経験がなければ
実務はわからないので

それは不可能ですよ。
とお伝えしなければならない事が
たくさんあります。

そして、

・支払いを止めて任意売却が不可能だと競売ですか?
・競売になって完済できなかった場合は給与を 差押え
    られますか?
・任意売却した時の仲介手数料が用意できないのです    
    が。
・支払いを止めたままでいると他の投資物件や自宅も  
   差押えられます か?


とたくさんの質問がきます。
 

任意売却でも競売でも他の手法でもよいですが、
どうするのが一番最善なのかを理解して
決断しましたか?

弁護士、不動産業者、税理士、などの意見を
参考にする以外に自分の本音と相談してみましたか?

売れない物を仕入れてしまい支払いができない状態。
収入を産まないものを購入してしまった。 
と、いうことで投資に失敗してしまった事を
理解し、受け止める。そうすれば、何の痛手も被らずに解決する手法は残念ながらないということ事がわかるはずです。


解決策も
精神的苦痛、経済的苦痛が可能な限り
軽くなる手法は人によって異なります。





不動産屋だから任意売却を知っているわけでは
ありません。
そして、
不動産屋だから競売を知らないわけでもありません。


ですが、
任意売却や債務超過においての
豊富な経験と知識、弁護士とのやりとりが得意で
スルガ銀行の体制を熟知しているなどの業者は
さほど多くはないということ。


誰に相談して、誰に依頼すると
どんな出口になるのか。

依頼する先が変われば結果が違います。
結果が違うと人生も変わります。




さまざまな要素を含めて賢い選択をしてください。



追い詰められてるのは思考です。
慌てずに。

昔じゃないので借金取りが家に


金返せ!と脅しには来ないですから。

借金返せない事が悪い事をしてるように
考えないことです。

借りた金が返せない人はたくさんいます。
開き直るのではなく、現実的にそうだと
いう事です。



コンサル業務と不動産業務を手がける
会社を経営している私には、弁護士が
手がける範疇の法律を擁護したアドバイスは
できかねますが

弁護士と共に
更なる経済的負担は出来る限り
最小限にした形でのアドバイスと
出口戦略を手がけております。