無許可でホストクラブを営業していたとして、警視庁組織犯罪対策1課などは風営法違反(無許可営業)容疑で、東京都新宿区と八王子市のホストクラブ計3店を摘発。入管難民法(不法残留など)の現行犯で、いずれも従業員の韓国籍の男計6人を逮捕、韓国籍の男32人とオーストラリア国籍の男1人を摘発した。

 同課によると、摘発された3店は主に韓国人ホステスを相手に営業していたといい、男らは「韓国より日本で働く韓国人ホステスの方が金払いがよかった」などと供述している。

 3店とも平均して月600万円前後、従業員1人当たり1日2~3万円の売り上げがあり、従業員は自分の売り上げ分の約5割を給与として受け取っていたという。

 同課はホストクラブの経営者や店長など責任者を突き止めるため、男らを追及する方針。

【関連記事】
15歳でホステス、31歳で大学→苦難越え、異色の女性コンサル
韓国人ホステスに偽装結婚あっせん 44歳男を逮捕 
中井氏、女性問題を釈明「何か問題ならはっきり言って。つけられて分からなかったのは恥ずかしい」
「好きだ」客の女性に売春させる 元ホストら2人逮捕
結婚サギ女がドンペリ豪遊、ミナミで見せた素顔
外国人地方参政権問題に一石

弁護側の同意ない調書 検察、誤って読み上げ(産経新聞)
低温情報14年ぶり…寒い予想、広い範囲で(読売新聞)
<日医連>民主単独推薦を検討…参院比例、執行部内に反対も(毎日新聞)
趣味と実益 都営交通モニター人気(産経新聞)
<女性遺体>福岡のふ頭付近で胴体発見 諸賀さんか(毎日新聞)
AD