助産師uticoからプレママ&ママへのメッセージ

福岡で活動している助産師uticoです。
*プレママたちに伝えたい、安全に妊娠・出産するために知っていてほしいことやできる努力*
そういうものを発信していけるblog…にしていきます★★★
レッスン:骨盤ケア、ベビーマッサージ のご依頼もお待ちしています。

一人でも多くの女性に幸せな妊娠・出産・育児ライフを送ってほしい


そんな願いを込めて綴っています


今の女性と昔の女性(おばあちゃん世代が若かった頃)では体型も違うし、食生活も違うし、電化製品によって家事もガラリと変わっています


その弊害が、妊娠・出産に及んでいます


自分の身体を知って、健康な赤ちゃんを授かるために、育てるために、どうしたらいいのか、一緒に考えてみませんか?


身体の変化、心の変化にとまどっているあなた、心配なことがあれば、いつでもメッセージを送ってください


コメントも大歓迎です


★2012年7月より★

ベビーマッサージの出張教室も始めます!!

対象は、1ヶ月健診終了後~一人歩きするまでの赤ちゃんとママです

興味のある方はご連絡ください★→ベビーマッサージレッスンについて



★2012年10月より★

スリングの使い方も教えます!

基本は各種ケア(骨盤ケア・ベビーマッサージなど)のオプションとしてですが

3名以上お集まりいただければ、スリング教室として行います

興味のある方はご連絡ください★→スリングの使い方お教えします



星↓↓よかったらポチッと押してくださいね↓↓星


人気ブログランキングへ






テーマ:
初めての方は、こちらを読んでください→はじめに

ご相談がある方は、必ずお読みください→メール相談の際の注意点

骨盤ケアについてはこちら→骨盤ケアレッスン

ベビーマッサージについてはこちら→ベビマレッスン

*********************

先日、妊婦健診をしていたときのことです

初めての妊娠の方が、お母様と一緒に来られていました

彼女は、妊娠18週

ようやくつわりも落ち着き

これから楽しく妊婦生活を過ごせるかなってときでした

いまの生活についてや、胎動について、からだの変化についてなど

いろいろなお話しを聞く中で

「冷房が効いている社内で、基本的にずっと座っている仕事」

というところが気になりました

お仕事をしている妊婦さんにとって

職場というのは、起きている時間の大部分を過ごす場所です

その時間が赤ちゃんに与える影響は、とても大きい

冷房の調節は難しいでしょうから

冷房の影響を最小限に抑える工夫はできないかしら?

服装や飲み物などで、からだを冷やし過ぎないことはできませんか?


座り続ける仕事だと、からだが固まってしまいます

トイレに立ったときなどに、軽くストレッチなどしてみませんか

座った姿勢にも注意が必要ですね

からだに負担にならないように、このような工夫はいかがでしょうか

など、生活に即した内容で

これからの妊婦生活を快適に送るための工夫をお伝えしました

それを聞いていたお母さま

『それって、妊婦だけじゃなくて、すべての人に言えることですよね

私も腰が痛いから、そういうことを気を付けないといけませんね』

そうなんです!まさにその通り!

妊婦だけが、赤ちゃんのために頑張らないといけないことはないんです

いまの日本人の生活が、からだにやさしくない生活だから

妊娠したら、変えないといけないことが多いんです

すべての人の生活が、からだにやさしい生活だったら

妊娠しても、大きく変えなくていい

いまの子どもたちも、いづれ大きくなって妊婦になります

そのためのからだ作りは、生まれるまえから始まります

妊婦生活からはじまる、子どもたちのからだ作り

妊婦生活が終わっても、妊娠中に気を付けてきたことは

継続して続けていってくださいね

それが、子どもたちのためだけでなく

自分自身の将来にもつながります
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
初めての方は、こちらを読んでください→はじめに

ご相談がある方は、必ずお読みください→メール相談の際の注意点

骨盤ケアについてはこちら→骨盤ケアレッスン

ベビーマッサージについてはこちら→ベビマレッスン

*********************

こんにちは

最近は、助産師学生さんの実習に付いていくという「教員」のお仕事をしています

今、私が関わっている学生さんは

看護師の資格を持っている人です

(基本的なハナシ、助産師は看護師の資格がないとなれません)

ちなみに私は、看護師と助産師の資格を同時に取りました

助産師になるには、いろいろな方法があります


助産師学生の実習のメインは

「お産に10例つかせていただくこと」です

学生なので、資格は持っていませんが

現場の助産師の指導のもと

卒業するまでに、ひとりでお産に関わることができるように育てていただきます

学生さんが、お産に関わるって怖い!って思うかもしれませんね

実際に、学生さんはちょっと…と言われることもあります


ですが、お産につかせていただいた、多くの産婦さんから

「学生さんがいてくれてよかった~」とおっしゃっていただきます

学生は、お産が順調にすすむために

腰をさすったり、足を温めたり

汗を拭いてくれたり、水を飲ませてくれたり

いろいろなことをしてくれます

知識や経験も少なく、たどたどしいケアかもしれませんが

担当させていただいている産婦さんのことだけを考えて、頑張ってケアを行います

しかも、学生のサポートをしてくださる助産師は、ベテランの方ばかりです

私も、学生のときにお産に関わらせていただき

多くのベテラン助産師から怒られつつも

ひとつのお産から、たくさんのことを学ばせていただきました


学生にとって、助産師になる前のお産10例は、かけがえのないお産です

未来の助産師のために、実習を快く受け入れてくださったママたち

ほんとうに、ありがとうございます!

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
初めての方は、こちらを読んでください→はじめに

ご相談がある方は、必ずお読みください→メール相談の際の注意点

骨盤ケアについてはこちら→骨盤ケアレッスン

ベビーマッサージについてはこちら→ベビマレッスン

*********************

最近、薬膳を勉強しています

と言っても、毎日を薬膳料理にしようとおもっているわけではなく

薬膳のエッセンスだけでも取り入れられたらな~というくらいの

ゆる~い感じで勉強しています

しかも、料理メインではなく、知識メインの教室

なので「心」「肝」「脾」など薬膳の視点からの内臓の勉強なんかもしています

その中で、「舌」のお話しが出ました

舌の正しい位置ってご存知でしょうか

私も数年前に知りました

ですが、教室に参加されていた10名ほどの女性はみな知らなかったようで…

ここでもシェアしておこうかなと思った次第です


舌は…

口を閉じたとき、上あごにピッタリくっつきます

舌先は、上の前歯の根本に軽く触れます

いかがでしょうか?

みなさんの口の中で、舌はどのようなポジションにありますか?


舌が上あごにくっついていないと、のどのほうに落ち込んでしまうのです

呼吸がしづらくなり、口がポカンと開き、口呼吸になります

空気中の細菌やウイルスが楽々と侵入できるようになり

風邪をひきやすくなることもあるでしょう

鼻呼吸だと、のどまでの距離が長くなりますし

のどに行くまでに、鼻の毛や粘膜など様々なトラップがあります


舌のポジションひとつで変わる、免疫力

特に、日本語は他の言語に比べると

舌を使うことが少ないと言われています

巻き舌ができない日本人は多いですよね(私もできません)

日本語を話す人は、頬や舌など口周りの筋肉が衰えがちになってしまいます

喋ったり食べたりしていないときには

口を閉じ、キュッと口角を上げ

舌を上あごにつけておきましょう


からだの健康だけでなく、アンチエイジングにも効果的です!


私の地元、福岡では「あいうべ体操」も行われています

あいうべ体操

子どもたちは、遊び感覚で楽しくやってくれますので、ぜひ!

インフルエンザの予防効果もあるそうです



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。