俺の味噌汁

テーマ:
今日は代々木ナルにて松村聖華vo、平岡遊一郎gtとのライブがありました。とても楽しく演奏してきました。



ここ数日は暑さも和らいでおりまして、「嵐の前の静けさ」ならぬ「猛暑の前の涼しさ」でしょうか、なんだか不気味です。おかげで食欲も増しまして、お昼ご飯が美味しくて食べ過ぎてしまいました。



家で食事をする時にはほぼ必ず味噌汁を作るのですが、ニラ、エノキ、豆腐の三点セットが入った味噌汁が、俺の味噌汁人生における現在の頂点です。



アクは強いけど元気いっぱいで憎めないニラ、いつも目立たないけど話してみるとなかなかいい味出してるエノキ、ただいるだけで安心感MAXの豆腐。今のところ、この三兄弟が俺にとってのベストメンバーです。



明日は代々木ナルにて内田修一ds、麻宮百vo、吉田豊bとのライブです。皆様是非!



今日はこれを聴いて寝ます
{FF567C77-A242-4747-9F3D-A62211DA3825}

アイズレーブラザーズ、72年作
AD

夏休みの始まり

テーマ:
今日は柏nardisにて紺野智之ds、吉峯勇二郎bとのジャムセッションがありました。楽しく演奏してきました。



とても涼しい一日でした。朝8時過ぎ、あまりに快適なので、起きたての寝ぼけた頭で今が何月なのか一瞬わからなくなりましたが、外では子供たちがギャーギャー言いながら遊んでいるのが聞こえたので「夏休みか…」と気付きました。



夏休みの始まりって、そりゃもう無敵な気分ですよね。寝坊してタッチ観て、アイス食べて昼寝して、このまま人生が続けばいいなと子供の頃は思いましたが、現実はそう甘くはないということを約一ヶ月後に知ることとなります。子供の皆さん、宿題は早めにやっとけよ、ケケケ!



明日は代々木ナルにて松村聖華vo、平岡遊一郎gtとのライブです。皆様是非!



今日はこれを聴いて寝ます
{8B11956D-EBB1-439E-BFBD-319CDE268E94}

セルジオメンデスブラジル66、66年作
AD

Gについて

テーマ:
今日は高田馬場ゲートワンにて舞ds、小杉敏b、2vocalとのライブがありました。楽しく演奏してきました。



高温多湿になると随所で出くわすのがゴキブリです。ここ数年、近所に飲食店がめっきり減ったせいか我が家に訪れることはめっきり減りましたが、それでもやはり、忘れた頃にヒョイと現れます。



そもそも「ゴキブリ」という名前がおどろおどろしいですよね。語源を調べてみたら「御器囓り(ごきかぶり)=残飯だけでなくお椀もかじってしまう」だそうです。もはや虫を超えて妖怪ですね。



もしゴキブリが、ゴキブリという名前ではなくて「ステファニー」とか「オスカル」だったとしたら少しは親しみを感じたのかもしれません。



明日は千葉柏nardisにて紺野智之ds、吉峯勇二郎とのジャムセッションです。皆様是非!



今日はこれを聴いて寝ます
{93B41A9E-CBCC-44D1-AEFB-7E0A5A83850C}

シャーデーベスト盤、05年作




AD

ステーキ屋さんの看板

テーマ:
今日は一日おやすみでした。



お昼過ぎになんとなくテレビを観ていたら「ステーキ宮(みや)」のコマーシャルが流れていました。皆さんステーキ宮ってご存知でしょうか?割と国道沿いに店を構えていて、俺が子供の頃(30年以上前)からありました。


{2D3103B4-D81E-4A16-B3AE-6C785678EFCA}

上のイラストが現在の看板だという事ですが、昔の看板はこれでした。

{807054F5-0E25-4A96-9F3F-DED0BE4B77DB}


当時幼少の俺は、このお店のステーキを食べると何か不吉な事が起こるんじゃないか、あるいは、食べた人は全員ああいう顔になってしまうんじゃないかと思ってました。でも大人になった今は、むしろ当時のその不吉バージョンの方が好きです。



明日は高田馬場ゲートワンにて舞ds、小杉敏b、+vocalとのライブです。皆様是非!



今日はこれを聴いて寝ます
{C1FBDA22-3B58-4B2F-A175-F0EBF4554D54}

J.D.サウザー、79年作








海の日

テーマ:
今日は一日おやすみでした。



今日は「海の日」でした。このブログでは再三書いてますが、埼玉に住む俺は海への憧れを常に抱きながら日々生活しています。



まあでも、海を持たない埼玉県民にとっては「海の日」なんてはっきり言って蚊帳の外な出来事です。でも、できることならばその蚊帳の中になんとか入りたいという望みと、あと、もし許されるならば「海って、いいよね」と、したり顔で呟いてみたいのです。




今日はこれを聴いて寝ます
{A6637599-3A44-4025-8B5A-7E5D70547537}

大瀧詠一、84年作