感情を押し殺す自分は卒業! ホンネで生きる自分に出会うカウンセリング

言わずに我慢して人の期待を先取りするのは今日で卒業しませんか?まじめに頑張っているのに自信がなくてイライラ不安なのは、あなたのせいではなくホンネが地下に潜っているのが原因です。時田のカウンセリングはあなたのホンネに再会し、自分への自信を取り戻します。


NEW !
テーマ:

 

こんにちは

 

「感情を押し殺す自分」は卒業!

本音カウンセラーの時田ひさ子です。

 

 

ご相談に来られる方は、悩みをなくすのが目的で来られていると思います。

 

私も、ご相談中、

「そのお悩みがなくなるといいな。そうなったら、楽だろうな」

という気持ちで、セッションをしてきました。

 

でも、

目的通りに悩み自体がなくなった方もいらっしゃるし、そうでないときもありました。

 

だいぶたってから、じわじわ効いてくることもありますしね口笛

 

でも、「悩みがなくなって、それで気持ちが楽になる」ことが成功なのかというと、そうではないことに最近気づいたのです(゚д゚)!

 

 

 

お金をうまく使えない人がいたとして(私?(笑))、

「お金がいつもないんです」というご相談を受けたとします。

 

ご相談者の気持ちが楽になる解決策は「じゃあ、10万円あげます」といって、お金をあげることかもしれません。

 

その場は、「ありがとうございます!」「楽になりました!」といって帰られるかもしれません。

 

でも、それって解決になるかというと、、、、なりませんよね。

 

一番の解決策は、「お金の使い方を身に着ける」ことではないでしょうか。

 

 

心の問題でも、同じです。

 

一つの問題を、セルフイメージの入れ替えで解決して楽になったとします。

 

「ありがとうございます!めちゃくちゃ、楽になりました!」とお帰りになられます。

 

でも、また悩みが出てきます。

 

別の悩みとして出てきてしまいます。

 

たとえば、

「会社の仕事が何だか楽しくない」という最初の悩みが解決しても、今度は、「お店でお客として行っているのに、お店に自分の要望を伝えられない」という別の悩みが出てくるのです。

 

私も最初、

「お金を自分のために使えない」という悩みがありましたが、それが解決してじゃんじゃん自分のために使えるようになっても口笛、「夫に家事を頼めない」という悩みが出てきました。

 

まったく別の悩みのように見えますよね。

 

でもこれ、実は、つながっているんですよね。

 

「嫌われたくない」っていう根本があるからですね。

 

「嫌われたくない」が解決していなくて、そこからまた別の問題が出てきただけのことだったんです。

 

ゆめみる宝石やっていきたいことゆめみる宝石

 

それで、、、

この根本の部分に気づいていただくことが、私がやっていきたいことなんだと思います。

 

私はきっと、この根本の部分を掘り起こす天才なんで(笑)

 

だから、個人セッションで根本問題の掘り起こしをしていくことが私の一番やりたいことなんだと思う。

 

よかったら、夏の間に個人セッション体験してみませんか?

 

今なら、キャンペーン中です!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

 

こんにちは

 

「感情を押し殺す自分」は卒業!

本音カウンセラーの時田ひさ子です。

 

個人セッションの感想をご紹介しますね。

 

 

1.セッションお申し込みのきっかけ

 

時田先生がメールでお知らせくださったので、、、 嬉しかったです

 

 

2.セッションを受けてよかったことや気づき

 

元気をいただきました。

 

また頑張ろうと素直に思えました。

 

以前に受けたインナーチャイルドセラピーで逢った子が、先生のセッションにも出てきてくれて、うれしい驚きでした。

 

点と点が繋がった気がしました。

 

抽象的ですが。。。

 

 

3.次に行動に移そうと思ったこと

 

感情の書き出し(掻き出し)は、今後も続けていこうと思いますが、

それにプラス、コップの中にオレンジジュースを満たしていくこともやっていきたいなぁ、、、

と思いました。

 

 

4.言っておきたいことやご要望

 

たやすいようで、いまの私には少々やっかいなオレンジジュース満たし。

 

また壁にぶつかったら、よろしくお願いいたします!

 

本当にありがとうございました。

 

 

ありがとうございました。

 

梅の花さんからは、以前のセッションでも感想をくださっております。

 

器用なのに、生きづらい。

 

そんな稲の花さんへの一回目の個人セッションでは、

 

 

感情を感じてはいけないと決めている稲の花さん

下矢印

感情を感じることのできる稲の花さん

 

 

に入れ替えさせていただきました。

 

 

押し殺し続けた感情が、稲の花さんを生きづらくさせていたからです。

 

 

ダイヤモンド稲の花さんの2回目のセッションでおこなったことダイヤモンド

 

 

潜在意識は、他人ともつながっています。

ですから、私が、稲の花さんの潜在意識のお悩みの部分に集中すると、稲の花さんのお悩みが、私にイメージとして伝わってきます。


 

このセッションでは、そのはたらきを利用します。

最初に、私があなたの潜在意識に集中して、イメージを見せていただきます。

 

すると、稲の花さんのセルフイメージは、満たされていないコップを、オレンジジュースで満たそうとしている稲の花さんでした。

 


これ(笑)!

 

フレッシュジュースではなく、瓶のオレンジジュースが出てきました(笑)

 

私くらいの年代の人がよく飲んだ、あの瓶のオレンジジュース~!

 

稲の花さんは、ご自分の満たされなさを、この瓶のオレンジジュースで埋めようとなさっている様子でした。

 

 

ダイヤモンドインストールダイヤモンド
 

潜在意識は、Yさんに行動を起こさせる司令塔です。

 

その、潜在意識が「心を満たすために、オレンジジュースを注ごうと頑張っている」と言ってきました。

 

そこで、「頑張らずに心を満たす」にすり代えると、稲の花さんの行動が以前とは違ってきます。

 

そこで、あくせくせずにオレンジジュースを注いでいる姿を、稲の花さんの潜在意識にインストールしました。


 

ダイヤモンドさらにおこなったことダイヤモンド

 

潜在意識から、インナーチャイルドが登場することがあります。

 

稲の花さんのセッションでは、インナーチャイルドヒーリングも行いました。

 

以前、会ったことのあるインナーチャイルドが出てこられたので、稲の花さんにとって、インナーチャイルドを癒すことが、現在のご自分を癒すことと繋がったんだと思います。

 

なんか、インナーチャイルドって、ちょっと他人みたいに感じることがあるから、自分なんだと実感を持てたんですね。

 

インナーチャイルドに、アクセスしたいという方、ご相談くださいね。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

こんにちは

 

「感情を押し殺す自分」は卒業!

本音カウンセラーの時田ひさ子です。

 

夏休みが始まりましたね。

 

 

環境の変化です・・・

 

実は、環境の変化にめっぽう弱い私。

 

今年の4月に三男が小学校に入学した時期も、環境の変化が大きく、あちこちで失敗をやらかしました(笑)

 

ご迷惑をおかけした多方面の方々にお詫びいたします・・・ショック

 

 

とはいえ、

環境の変化についていけないのは、きっと昔からだったんだと思うんですよね。

 

でも、そう見せなかったんです。

 

そう見えないよう、演技していたといいますか。

 

変化に弱い自分を押し殺してきたんです。

 

 

変化に弱いなんてところを、見せるわけにはいかない!

 

そう心に決めて、やせ我慢して踏ん張ってきたんですね。きっと。

 

ここぞという時に外さないように、一人で黙々と(笑)

 

神経をピンと張り詰めて、頑張ったんだろうなぁ。

 

よくやったなぁ。(よしよし)

 

 

まさに、「虚勢を張る」という言葉がぴったり。

 

「虚勢を張る」という言葉は、、、

 

内実を差し置いて、外面的に偉ぶる様子のこと

 

と説明されている(笑)

 

まさにそのとーーり。

 

無表情に「大ジョブ!」と言いまくっていた(笑)

 

内心、大ジョブじゃないくせに(笑)

 

 

ところが最近ではその、外面的に偉ぶる、大丈夫なフリをすることがなくなってきたようで、変化に弱いのがダダ漏れです(笑)

 

失敗しまくり(笑)

 

年のせいともいう(笑)

 

いいのかなーー

これ、いい方に向かっているのかどうなのかわからない(笑)

 

あまりにも失敗の頻度が高いもので、虚勢を張ってだいじょぶなフリをしていたころのほうがよかったんじゃないかって思う部分もあります(笑)

 

でもね、「ママはお金稼いでるんだよ!なんでも買いなさい!頑張ってるから大丈夫!」

と子供に話せる自分もよかったけど、

「ママだめだねーー」と弱音を吐いて、慰めてもらう自分もなんだかいい!

 

虚勢を張って頑張っていても疲れたらやめればいい。

 

 

いま、神経ピンと張って頑張っている20代、30代のママたち、まだまだ人生は長いよ(笑)

 

夏休みはまだ始まったばかり!

 

力を抜いていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

こんにちは

 

「感情を押し殺す自分」は卒業!本音カウンセラーの時田ひさ子です。

 

東海地域から、カウンセリングを受けにきてくださったYさまから、鼻歌まじりのうれしい報告をしてくださいました。

 
なんと!経営しているお店を3店舗に増やしたそうです。
 
すごいです!
 
それまでの2店舗が生計を立てるためなのに対して、3店舗目は「俺の完全な趣味っす」というオシャレな装飾品のお店(笑)
 
 
いいですねーー
 
こんなどっぷり趣味のお店を開店させるなんて、楽しいだろうなぁ

 

きっと、最初の2店舗を死ぬ気で育てたので、「完全趣味の店」が堂々とオープンできたんですよね。

 

 
Yさまが精力的に働いてこられた結果。
 
なのにもかかわらず、「時田さんのおかげです」とおっしゃられる謙虚さ(笑)
 

素敵ですねーーほれぼれーー(Yさん、褒め上手です(笑))

 

 

ダイヤモンドYさんのセッションダイヤモンド

 

潜在意識は、他人ともつながっています。

ですから、私がYさんの潜在意識のお悩みの部分に集中すると、Yさんのお悩みが、私にイメージとして伝わってきます。


 

このセッションでは、そのはたらきを利用します。

最初に、私があなたの潜在意識に集中して、イメージを見せていただきます。

 

すると、Yさんのセルフイメージは、ちいさな店にいるYさんでした。

 

うかない顔で、あくせく働いて、汗を流して焦っているYさんのイメージでした。

 



それを脱却したい。

 

「あくせく働くのではなく、楽しく儲けたいんです」

 

潜在意識は、Yさんに行動を起こさせる司令塔です。

ですから、別の潜在意識にすり代えると、Yさんの行動が以前とは違ってきます。

 

そこで、店舗を拡大してうきうき働いているYさんの姿を、Yさんの潜在意識にインストールしました。
 

 

ダイヤモンドまとめダイヤモンド

 

楽しく働きたい。

 

それは誰もが望む姿ですよね。

 

毎朝、ため息つきながら出社するなんて、辛すぎます。

 

潜在意識に刷り込まれたセルフイメージがつらいものだったら、それ、変えられますよ。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

こんにちは

 

「感情を押し殺す自分」は卒業!本音カウンセラーの時田ひさ子です。

 

 

昨日、我が子が、同じマンションのおじさんから注意を受けました。

 

こういったちいさなやりとり(いざこざ)は、集合住宅では、ほんとによくあることです。

 

ピアノの音が漏れるとか、足音がうるさいとか、玄関の外にものを置きすぎているとか。

 

あ、それ、ぜんぶうちのことですが(笑)

 

気をつけているつもりでも、私は気が回らないのか(いや、間違いなく気が回らない(笑))、注意を受けることがあります。

 

でも、そんなのいちいち気にしていたら、うつ病になります。

 

あ、だから、うつ病ぽかったんですね(笑)

 

今日は、「くよくよ悩む」はやめられます!についてお話していきたいと思います。

 

 

 

「よく人に『気にしすぎ!』と言われます。

でも、気にしないことなんてできない!」と主張している記事を書いたことがあります。

 

自分で書いておいてなんですが・・・

 

この主張をいったん取り下げることにしました(笑)

 

 

なぜなら、私の口から人に「気にしすぎですよー」「気にしなくて大丈夫ですよー」と言えるようになってきたので(笑)

 

もちろん、面倒だから言う訳ではないんです。

 

ほんとうに「意見の違う人の言い分を、いちいち気にするのはバカらしい」のです。

 

 

とはいえ、以前 私は「気にするな」という人のことを、気持ちのわからない薄情な人だと思っていました。

 

だって、「気になっている人」のことをこれっぽっちもわかってくれないから(笑)

 

「私はそれが気になる」

 

「なのに、それをやめろだなんて!」

 

と心の中では、怒りさえ湧いていました。

 

もちろん、外には出しませんでしたがてへぺろ

 

 

でも、それは全面的に違いました。

 

「気にしない」は、練習次第で、誰でもできるようになります。

 

「気になる」人は、「気にする」のが好きだからやっているんです。

 

気にすることが好きだから、

くよくよ考えることが好きだから、

くよくよ考えて、うじうじ悩んで、気にすることを選択しているだけです。

 

 

そんなことを言えるのも、気にしないことができるようになったから(笑)

 

ようやく、以前の自分は、どれだけくよくよ考え、うじうじ悩んでいたか

がわかるようになりました。

 

わかるようになって、本当によかった(笑)

 

すがすがしいですヽ(´▽`)/

 

 

気にしなくなることはできます。

 

私が実証しました。

 

誰でも、できるようになりますよ。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

こんにちは

 
「感情を押し殺す自分」は卒業!本音カウンセラー時田ひさ子です。
 
うちの三男は、天気のことをよく知っていて、びっくりすることがあります。
 
今日は雨降らないだとか、今日は夕方雷がなるかもしれないよ、だとか。
 
で、そのことを、「すごい!」「気がきく!」と思っていたんです。
 
私は、天気のことは気にしないので(笑)
 
でもね、実は私の感覚の方が少数派みたいですね(笑)
 
今日は、この「天気を気にしない少数派」の人たちのお話をさせていただきますね。
 
 
ゆめみる宝石潜在意識は3パターンあるゆめみる宝石
 
 
3番目のタイプの人たちは、芸術家タイプです。
 
こだわる部分はこだわるが、日常生活にそもそもあまり興味がない。
 
生活習慣をちゃんと整えることがいいのはわかっているけれども、とにかく興味ががないので、実行しない。
 
天気予報も、タイプ3は意識しないです。
 
雨が降るなら、降るでしかたがない。
 
雷がなったら、どこかで雨宿りすればいい。
 
そんな気持ちで生きているのがタイプ3です。
 
かたや、タイプ1は、日常生活を無意識のうちにきちんと送ることができます。
 
タイプ1は、「天気がくずれたら自分の行動に影響する」ので(憶測ですが)、天気予報をなんとなく毎朝チェックするんだそうです。
 
タイプ1の方に聞いた話です(笑)
 
それは、「天気予報見なきゃーー」とねばならぬ的にするのではなく、ごく自然にチェックするんだとか(笑)
 
どうやら、その、地に足がついた感覚が、タイプ3にはごっそり抜け落ちているんですね(笑)
 
だから、 タイプ1からしてみたら、 天気をいつも知っていることは普通のことなのに、タイプ3からみたら「ミラクル!」「すごい!」と思える。
 
タイプ3の私が、タイプ1の三男を見て「賢い!」と思うのは、そういうタイプの違いからくるのかも(笑)
 
 
ゆめみる宝石意識しなければできないことはしないゆめみる宝石
 
タイプ1でもタイプ3でも、不得意なこと、意識しないとできないことにエネルギーを割くと疲れます。

 

35才以上の方は、そろそろ無理をするのはやめて、エネルギーを、得意分野に注ぐべきです。

 
最近流行りの「強み」を活かす方向で。
 
どうしても天気予報を毎日チェックしなければならないようであれば、タイプ1の子どもにいてもらうと、強みを生かして今日の天気を教えてくれますよ(笑)
 
あるいは、スマホの天気予報も役立つと思います(笑)
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

こんにちは

 

今日も暑いですね

 

「感情を押し殺す自分」は卒業!本音カウンセラーの時田ひさ子です。

 

 

中学生が塾を変わるなんてよくある話ですが、我が家の中学2年生が塾を変わることにしました。


4年くらいお世話になっていたので、お礼の気持ち(高級ビール生ビール)をたんまり持って、お礼を言いに伺いました。

 

 

が、渡さずに帰ってきました爆弾

 

 

 

お礼を申し上げる間もなく言われたことは、子どもの欠点について。

 

「ちょっと成績があがると気が緩む」とか「友達次第なところがある」とか。

 

それだけ、子どものことをよく見てくださっているんだなぁと、最初は感謝の気持ちで聞いていたのですが、話が私のことに及んで一気に気持ちが変わりました。

 

「お母さんは、ときどきお子さんに甘いですよね」

 

 

カチンときました。

 

胸の奥で「カチン」という音がしましたし(笑)

 

でも、「次男に甘い」には自覚もあります。

 

次男は私にとって、とてもおもしろい存在。

 

私の発想をはるかに超えてくるので、ついついいろいろ面白くて、言ってきたことをそのままやらせてみたりします。

 

確かに。

 

図星です。

 

でもね。

 

図星ではありましたが、塾を変わる気持ちは、ますます強くなりました。

 

そして、お礼の高級ビールも渡したくなくなり、持ち帰りました(笑)

 

(冷静に見ると、ものすごく怒りが沸いていたんですね)

 

 

ゆめみる宝石図星を刺されても言うなりにはならないゆめみる宝石

 

そこでわかったこと!

 

図星を指されても、人は動かない。言うなりにはならない。

 

ビールも渡さない(笑)

 

相手をきらいになるだけ。

 

私、その図星指してきた塾長、割と好きだったのに、その一件で大嫌いになりました。

 

 

それで、子育ても同じかもなーとも思いました。

 

本当のことを指摘しても、思ったようにはならない。

 

私が「あんたはいつも〇〇で!」とズバズバと図星を指しまくっていた時期には、子育てめちゃくちゃ大変でしたもの。

 

「子どもは、思ったようには育たない」という言葉が慰めでした(笑)

 

図星を刺し、子育てに絶望することなく、子どもはいい感じで育ちますよ。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは

 

「感情を押し殺す自分」は卒業!本音カウンセラー時田ひさ子です。

 

洗濯機が壊れて、修理の方に褒められたい自分を発見してわかったこと。

 

 

それは、

 

「期待にこたえたい」人は、「察するのが得意な人」です。

 

 

ダイヤモンドなぜ期待にこたえたくなるのか?ダイヤモンド

 

期待に応えたくなるには、理由があります。

 

期待に応えたい人は、もれなく、察することができる人なのです。

 

なぜ、察することができる人は、期待に応えたくなるのでしょう?

 

察するには、人の様子をよく見ます。

 

そして、人より早く、人の要望に応えられます。

 

要望に応えると、相手から

「よく気がつくな~」とか

「助かるよ~」という言葉をかけられ、いい気持ちになったことがあることでしょう。

 

そういう経験がある人は、それをマメにやるようになります。

 

そして、ますます人の様子を見るようになります。

 

人の様子を見れば、察することができる。

 

察することができれば、なにも言われなくても、相手が欲するものを提供することができるのです。

 

ですから、期待に応えたくなる人は、 小さいころから、人の様子を察してきた人です。

 

 

ダイヤモンド察することの弊害ダイヤモンド

 

ところが、察することで相手の要望に、先に応え続けていると、弊害が出てきます。

 

弊害1 「相手が察してもらうことに慣れる」こと。

 

弊害2 「自分が察してあげても感謝されないと腹が立つ」ということです。

 

つまり、だんだん、感謝してもらえなくなります。

 

すると「察して先に期待に応え続けているのに、感謝もしてもらえない」と腹がたつようになります。

 

すると、その関係にヒビが入ります。

 

その関係にヒビが入ると、今度は察していた側の人は「あの人は全然察してくれない!」と、自分と同じことがやれない相手を非難し始めます。

 

あれ?

 

どこかで聞いたような話・・・・

 

うちです(笑)

 

うちのように、妻(私)が察して、夫は察してもらい続けている御夫婦には、「察することの弊害」が大きくなり、 積み重なってくるんです。

 

あなたは、人の様子をよく察することができる人ですか?

 

そして、ご主人は「察してもらいつづけている人」ではありませんか?

 

だとしたら、御夫婦の関係に、疲れていませんか?

 

 

 

ダイヤモンド脱出法ダイヤモンド

 

私は毎週土曜日になると、とても腹が立っていました。

 

そして、月曜日の朝は、起きられなくなるくらい疲れていました。

 

それは、土日に夫に腹をたてるから!!(笑)

 

そんなことも今は過去です。

 

それには、これが効きました!

 

 

宝石紫 こまめに相談する

 

ちいさなことを相談してみる

 

大問題をいきなり相談するのではなく、ちいさな問題を投げかける

 

メールとか、LINEとかで、こまめになげかけていました

 

「次男が〇〇ほしいって」みたいなことを投げかけました。

 

 

上矢印 これらが何の役に立つかというと、実は、、、


「言葉で伝える」練習なのです。

 

 

察することが得意な人は、人も同じように察することができると思い込んでいるふしがあります。

 

でも、実際、察することができない人たちには、それを要求してもできない。

 

たぶん、察することは必要な能力ではないんでしょう。

 

彼らには(笑)

 

「察してもらうことはできない」と悟るのが早道です。

 

そのためには、トレーニングが必要(笑)

 

なぜかって、それは、

 

ここまで何十年も、「察すること」を杖にして生きてきたから。

 

脱出法は、「相手に言葉で伝えること」です。

 

「言葉で伝えるの、私にはできそうもない」?

 

であれば、言葉で伝えることができるセルフイメージを、まず自分に許可してみてくださいね。

 

私も、「察してもらえない」とぐずっていた妻だったので、気持ちはよくわかります(笑)ウインク

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

こんにちは

「感情を押し殺す自分」は卒業!本音カウンセラー時田ひさ子です。



洗濯機が壊れました

壊れてはいけない家電製品の第二位(勝手にそう決めた)なのに、壊れました。

で、あわてて修理をお願いしました。

そしたら、その修理の方が、とても優しそう!


その上に、扇風機を用意しておいたら

「助かります。
夏場は修理する場所が暑いことが多いもんで」

とおっしゃるので、うれしくなってしまって。


私はその一言で、あるスイッチが入ってしまいました(カチ


そのスイッチの名前は、、、


「人の期待にこたえたいスイッチ」!


そのスイッチが入ったので、
私はぐるぐると考え始めました。

なにをぐるぐる考えたかというと、
「喜んでいただけるには、どうしたらよいのか?」
について


修理の方に
「助かります」と言って欲しい!

「飲み物を出そうか」、とか
「うちにペットボトルのお茶がないから買いにいってこようか」、とかぐるぐる

ぐるぐる考え、

そしてそこではたと気づいた。

「おかしいよね?」と(笑)

修理の人に、なんで喜んでもらいたいと思うんだろう?

今日は、そんな私の気づきから、ブログを書いてみたいとおもいます。

続きは、また午後ヽ(´▽`)/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは

「感情を押し殺す自分」は卒業!本音カウンセラー時田ひさ子です。

セッションを受けてくださったBidanさまより、感想いただきました。

 

 

Bidanさまより

 

1.セッションをお受けいただいたきっかけ

 

初めて聞いたので、どんなことが行われるか興味がありました。

 

 

2.セッションをうけてよかったことや、気づき

 

体に触れずに、顔を見るだけで、私のイメージがどんどん出てくることに驚きました。

 

ただ、聞いていて、かけ離れた内容ではなく、自分らしい姿だなと思いました。

 

ブロックを外すという行為はよくわかりませんでしたが、今後の自分の変化に期待しています。

 

 

3.次に行動に移そうと思ったこと

 

大役を任せられそうになると、尻ごみしてしまうが、自分に自信をもってその役割を受けるようにしていこうと思いました。

 

 

4.時田への要望など

 

どうして顔を見ているだけで、イメージが見えてくるのか不思議です。

 

また、どこまで見られているのか不安もあります。

 

また機会があったらセッションを受けたいです。ありがとうございました。

 

Bidanさまは、とても大役を任されそうな方なんです(^O^)

 

仕事って、人柄がでますよね。

 

人柄を見て、仕事のレベルを見て、大役を任すような方なんです。

 

ところが、Bidanさまの方には、その覚悟ができない。

 

なぜ、覚悟ができないのか?

 

について見せていただいたセッションでした。

 

Bidanさまの器に合わせた仕事を与えられていると思われますので、次からはその大役をぜひとも胸を張ってうけていただけると、人生がまた大きく変わってくること間違いなしですよ!

 

「これだ」とピンときたら乗ってみてくださいね。

応援しております!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)