原口一博総務相は19日の閣議後会見で、総務省が在京の民放キー局5社に対し、女子中学生の自殺報道の内容を照会していた問題について「照会する側にその気がなくても、受ける側が報道への介入と感じたなら遺憾なこと。今後、十分に注意させたい」と述べた。【望月麻紀】

【関連ニュース】
原口総務相:遅刻で謝罪 参院総務委が中止
原口総務相:出版パーティー開く 会費2万円で「質素」に
夕張市:総務相、再生計画同意 全国初「財政再生団体」に
原口総務相:NTT労組からの献金300万円 返金を表明
原口総務相:新人議員向けの勉強会開く

公立病院医師ら書類送検=薬誤投与の疑い-青森県警(時事通信)
<香美市長選>門脇槙夫氏が無投票で再選(毎日新聞)
水俣病、和解案受け入れ=熊本地裁未認定訴訟で-政府(時事通信)
「4年後までに信頼回復」=年金記録漏れ問題で-長妻氏(時事通信)
センバツ 向陽…伝統の左腕擁した古豪 OB前に堂々復活(毎日新聞)
AD