千葉景子法相は24日の法制審議会総会で、株式上場企業の規制強化に向け、会社法制の見直しを諮問した。民主党が昨年の政策集で提唱した企業統治(ガバナンス)健全化促進のための特別法「公開会社法」制定の是非が焦点となる。法制審の検討結果を踏まえ、政府は早ければ2011年の通常国会での関連法整備を目指す。
 会社法制をめぐっては、06年5月に商法などを改編した会社法が施行されたが、民主党は株式上場企業について規制を一層強化し、経営の透明性確保や株主の利益保護を図るよう主張。その具体策として、法制審では、監査機能の強化や情報公開拡充、親会社と子会社の関係の新たなルールづくりなどが検討される見通しだ。 

個人型401k、増額の動き=税優遇による上限額引き上げで(時事通信)
大仁田氏応援で松山千春が「恋」熱唱…長崎県知事選(スポーツ報知)
<病児保育>補助金、地域に応じた見直し検討 厚労政務官(毎日新聞)
公務員倫理「低い」29% 人事院が市民アンケート(産経新聞)
普天間移設で首相「ベターでなく、ベスト探す」(読売新聞)
AD