杉並区大宮の区立郷土博物館では、館内にある古民家裏の稲荷(いなり)社で、「初午(はつうま)」の飾り付けを展示している。

 初午は立春を迎えて最初の午の日に、稲荷神をまつる地域の稲荷社などに、のぼり旗やだじゃれを書いたあんどん「地口行灯(じぐちあんどん)」などを飾り、五穀豊穣(ほうじょう)や商売繁盛などを願った年中行事。

 郷土博物館は「区内には稲荷神をまつる神社が6社あった。地域に伝承された初午行事を区民に見てもらい、伝えていきたい」としている。14日まで。

<介護保険>過徴収10億円 東大阪で設定ミス(毎日新聞)
<石綿>輸入部品から見つかる スズキが回収・交換へ(毎日新聞)
平山郁夫さん 800人が参列、お別れの会 広島・生口島(毎日新聞)
首相がブログ読者集めお茶会 子ども手当に感謝の声続出(産経新聞)
【from Editor】テロで失われる命の尊さ(産経新聞)
AD