埼玉県警は18日、採用試験のポスターに使用したキャッチコピーが陸上自衛隊の商標権を侵害する恐れがあるとして、ポスター約1万枚の回収を始めたと発表した。キャッチコピーは「明日のために。未来のために。守りたい、『ひと』がいる。」で、陸自の「守りたい人がいる」と類似している。
 県警は、採用試験のポスター作製の際に複数の業者からキャッチコピーの案を募り、その中から選定した。問題となったキャッチコピーは2009、10年度のポスターで採用された。10年度のポスターは約600万円を掛けて作製され、一部がJRや東武電鉄の電車内、地下鉄の駅構内などに掲示されている。
 県警によると、このキャッチコピーについての商標権を業者に確認したが、提案した業者から「特に問題がない」と回答されたという。今後の採用ポスターについては未定としている。
 県警警務課は「警察で(事前に)確認できなかったことは遺憾」とし、陸自側は「謝罪を受け、回収するということなので、コメントは特にない」としている。 

<センバツ>開会式リハーサル 32校の選手ら、力強く行進(毎日新聞)
首相、朝鮮学校の無償化に前向き 「懸念は払拭していける」(産経新聞)
漫画の性描写規制の都条例改正案、成立見送り(読売新聞)
「日本庭園」の景観復活へ 大阪万博40年 草木伸び放題、伐採視野(産経新聞)
アパート前で男女が言い争い=女性会社員の失跡直前-海岸の遺体事件・福岡県警(時事通信)
AD