「閔妃(ミンビ)暗殺-朝鮮王朝末期の国母」など近現代史をテーマとしたノンフィクション作品で知られる作家の角田房子(つのだ・ふさこ、本名・フサ)さんが1月1日に死去していたことが12日、分かった。95歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で済ませた。

 フランス留学などを経て執筆活動に入った。綿密な取材、検証に基づき、甘粕正彦ら軍人や満蒙(まんもう)開拓団、ブラジル日系移民などをテーマにした作品を数多く発表。「責任 ラバウルの将軍今村均」で昭和60年に新田次郎文学賞、朝鮮王妃暗殺事件を追った「閔妃暗殺」で63年に新潮学芸賞を受賞した。

 このほか、「悲しみの島サハリン」「甘粕大尉」など著書多数。

【関連記事】
角田房子の著書を紹介【産経抄】7月10日
占守島の日本軍戦車展示へ 終戦後の悲劇、サハリンで
作家の立松和平さん急死で惜しむ声「早すぎる…」
ミステリー作家の北森鴻氏が死去 48歳
講談社ノンフィクション賞に佐野眞一さん

現代の傾奇者集う 武蔵野市・月窓寺(産経新聞)
転覆した車に高速バス追突=中国自動車道、2人死傷-山口(時事通信)
鳩山邦夫氏、平沼元経産相との連携目指す(読売新聞)
工場火災 東大阪市で700平方メートル全焼 けが人なし(毎日新聞)
30代女性の財布に負ける諭吉1枚 会社員の懐具合 民間調査(産経新聞)
AD