2011-11-16 02:05:45

ギリシャ革命の可能性

テーマ:政治経済
ギリシャ問題は、ギリシャが世界経済にどのような影響を与えるかから、完全にギリシャが今後どのようにして生きていくかに移ったと言って良いだろう。

あの国民投票を境にして。

要するに、生命は帳簿上の数字より重いということ。

それに伴い、ギリシャ国内の世論も、他のユーロ諸国に救済を求めるものから、自らの生活を守るためにユーロ圏離脱も辞さずの方向に変わりつつある。

ギリシャのような小国が、周辺諸国との関係を絶って、自給自足の自立した経済を作っていけるのかおおいに疑問だが、今後の動向次第によっては、国際情勢にデフォルト以上の大きな影響を与えそうである。

デフォルト以上というのはどういうことかというと、「革命」ということである。

だって、他国からの借金を返しながらじゃとても日々の生活が成り立たないとしたら、ここはケツをまくって、暴力的手段で強制的に全ての外国資本を国有化して、「借金なら返せん」って宣言するしかないじゃない。

一時的に北朝鮮並みに貧しくなったって、律儀に借金返して栄養失調で飢え死にするよりマシなんだからさ。

これはたぶんギリシャに不法入国して暴動を煽っているアナーキストたちの入れ知恵もあるんだろうが、仮に本当にギリシャに革命政権が成立してしまったら、世界の他の食うや食わずの国に波及する可能性もおおいにあり、資本主義社会は金融危機とは別な形で新たな危機を迎えることになる。

要するに、世界の経済秩序を維持しようとする努力が、逆に世界の経済秩序を崩壊させる芽を生み出しているといいこと。

まあ革命政権が出来たところで、パリコミューンみたいに、他国からの干渉ですぐに消え去る運命なんだろうけど。

ソ連を中心とした共産圏が消え去って20年を経た現在、どのような革命が可能なのかを見てみたい気もする。

石油持ってるイランあたりと結べば、あるいはうまくいくかな。

でもギリシャ人、場所がらイスラム教徒嫌いだろうから、それはないか。

あと、イタリアやスペインがギリシャの動きに呼応して、ユーロ南北分裂なんてのも面白い。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

目黒駅は品川区さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村



blogram投票ボタン

-------------------


ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。