1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>
2016-04-21 22:28:18

タックスヘブン=荘園、イスラム国=武士団!

Theme: 政治経済
タックスヘブンの真の問題というのは、格差とか不平等ではない!

それはゲリラやテロリストなどの武装集団を生み出し、世界を戦乱の渦に巻き込む!

だからこそ、自分たちの不利益に直結する可能性のあるパナマ文書が公開されたのだろう!

ぶっちゃけた話、イスラム国を壊滅させるためには、小出しに軍隊を送ってるだけじゃ駄目なのだ!臭い臭いは元からたたなくちゃ駄目であり、そのためには資金源をたたなくてはならない。

その資金源がどこかと言えば、世界中の富裕層が利用しているタックスヘブンに行き着くわけで、そこを断つことは、自分たちの不利益にもなるけれど、世界がぶっ潰れるよりマシだろうってこと!

何故タックスヘブンを断たなくてはならないかってことは、歴史を見れば一目瞭然、良くわかる。

古代のタックスヘブンである荘園や都市の楽市・楽座が武士団を生み出し、それが律令制を打ち破り、戦国時代を経て、武士の世を生み出したのだから!

それは日本だけじゃなく、ヨーロッパでも中東でも中国でも同じような事が起こっていたわけで、タックスヘブンは武士団の、武装集団の、テロリストの始まりなのだ!

何故ならば、使い切れない富を得た、人口比率1%の超富裕層が次に目指すのは、世のため人のための革命に決まってるじゃないですか。古今東西。

せめて死ぬ時ぐらいはいい人として死にたい。歴史に名を残したい。

その他大勢の大衆にとっては、迷惑先晩かもしれないけれども、汚いことして富を得た金持ちだって、死後はいい人として天国に行きたいんだからさぁ~。

いずれにせよ、成長なき世界にさらに成長をもたらすために、古来よりタックスヘブンは必要悪な政策として使われてきたわけで、それが現行の政治的権力を打ち破る武装した革命勢力を生み出してきたことも歴史的に説明されている。

それがゆえに、現行の政治権力がタックスヘブンを問題にせざる得ない状況も生じてきたわけだ!

でも現行の富裕層の利害関係が複雑にからんでいるから、止められはしないけどもw
AD
いいね!(13)  |  Comments(2)  |  リブログ(0)
2016-04-15 23:17:29

富とバブルが資本主義を生んだ!

Theme: 思想・宗教
マルクスの資本論を書き換える試み♪

ほらあれ、生産力が拡大して資本主義が生まれ、それが富を生んで、好況になってバブルになって恐慌になってみたいに書いてあるじゃないですか。

それは間違いである!

最初に富が存在し、それが都市を生み、文明を生み、最近では資本主義を生んだ!が真実ではないか?ということ。

何故ならば、歴史をきちんと検証していくと、資本主義以前に、アメリカなどの新大陸から略奪してきた富があり、それがスペインやポルトガルを生み、オランダでチューリップバブルと毛織物産業を生み、さらにイギリスに行き、富が使っても減らずに逆に増えて行くという、投資と蒸気機関とマニファクチュアの資本主義を生み出したから。

つまり、資本主義が生まれ、景気循環が生まれ、それがバブルと不況を生み出したというのではなく、最初にバブルとか景気循環というものがあり、それが資本主義を生み出したのではないかということ。

そう考えると、それは資本主義以前の、ローマやメソポタミアや中国や日本の江戸時代や室町時代の説明にも使えるわけで、資本論を越えた統一理論が出来る!

俺って天才♪

まあそれはどうでもいいとして、全ての文明の発祥には、交易や略奪による富の突然の流入があったと考えることができるのではないだろうか?

つまり、「バブルが文明を生んだ」ということ。

文明が進化して、生産力が上がってバブルを生み出したのではなく、何らかの偶然によって生じたバブルが最初にあって、それが生産力の拡大を生み出して、文明を生み出したということ。

そう考えると、今流行りの金融政策なんてものは、実は新しいものじゃなく、原点回帰に過ぎないんじゃないかっていうことも出来る。

新大陸からの金や銀だけじゃなく、ダックスフリーなんてのも、すでに堺の楽市楽座とか、新田開墾したらそこには税金かけませんみたいな荘園制度で、すでに昔の人がやってたじゃないですか。別に新しいもんじゃないわけですよ。

中国の発展だって、圧倒的な外資の投資があって生産力が発展した結果でしょう。何も無しで中国の生産力が発展することはなかった!

とすると、資本主義という近代システムがつけ加えたのは、より精緻な計算式だけということになる。

昨今の金融資本主義が、新しいものではなく、単なる原点回帰だとしたら、そこにどのような階級闘争を組み込めるのか?
AD
いいね!(1)  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
2016-04-05 23:06:37

ビジネスチャンスとしての保育所不足!

Theme: ブログ
「保育園に落ちた!日本○ね!」

「よ~し、ビジネスチャンス到来だ~!保育園作って大儲けだぁ~!」

そうならないのが一番の問題なのだ!

認可とか無認可とか言ってる場合じゃねーぞ!

かつての介護ビジネスみたいに、保育が儲かるビジネスになるように、適当に規制緩和して、補助金つぎ込んで、通信教育で簡単に保育士の資格とれるようにすればいいだけの話なのだ!

そうすれば企業のみならず、会員を増やしたい宗教団体も、共産主義の魂百までもの政党も、市民団体もみんな保育事業に参入して、保育所不足なんてすぐに解消するのだ!

それを許さず、省庁が縦割りか何か知らないが、いちいち規制しようとするから、日本中の働くお母さんが困るのだ!

これは保育所不足の問題だけではなく、小中高、大学の奨学金に至るまで共通する問題である。

そもそもアメリカのハーバード大学あたりは、学生の授業料とか補助金じゃなくて、卒業生とか企業からの寄付金で経営成り立ってるんだろう。

だったら日本もそうすべきなのだ。

お主の大学は原発賛成のなかなかいい人材を量産してくれる。ならば東電が100億ぐらい寄付しよー♪とかね。

そうすりゃ補助金も奨学金の返済もいらないわけで、さらに財政赤字も解消するわけで、万々歳じゃないか!

企業の言うがままになるのが嫌ならば、共産党や市民団体は自分たちで寄付金を募って、自分たちの保育所を作ればいいじゃないか!

そうすれば、将来の赤旗の購買層を育成できる!党員を永遠に再生産できれば共産党は永遠だぞー♪

いずれにせよ、何か不満を感じたら、自分たちで何とかする時代なのだ!イスラム国もヒズボラもそれを地道にやって大きくなった!日本の反体制もやるべきなのだ!

反体制じゃなくとも、企業だって託児所完備にすれば、いい人材を確保できるってもんである。

ただそれをやるためには、省庁が握っている規制を緩和しなくてはならないが。
AD
いいね!(1)  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

AD

Amebaおすすめキーワード

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村



blogram投票ボタン

-------------------


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。