1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>
2015-06-22 23:39:43

アンチ・リベラル!

Theme: 思想・宗教
アンチ・リベラルこそ、21世紀の基本である!

ネオ・ナチ上等!

反主知主義っていうヤツが反主知主義的~!

だってそうだろ。アウシュビッツや憲法第九条で、思考停止しろって言うんだから。

自分の頭で考えちゃいけません。既製品の正義に従えって、どっちが反主知主義よ!

あんたらの哲学や思想なんて、今ある地位を守るための物に過ぎないじゃん。

悔しかったら、大学教授の職や弁護士の資格をすてて、火炎ビンにガソリン詰めて、武装闘争してみろっていうんだ。

その覚悟も無しに、規制の権威に寄りかかって、俺様は偉いんだぞ~って、そんな言説なんて誰が聴くか~!

21世紀の現代において、正しい思想家のあり方というのは、ネオナチとかファシストとか言われて、大学やマスコミの安定した職を追われて、女のヒモに成り下がり、その女にもすてられて、失意と貧困のうちに死ぬこと以外ないだろう。

ファシストと呼ばれなくとも、最低限反リベラル!

ルソーやランボーやボードレールを見てみろ。誰か大学の名誉教授やって豊かな老後を送ってる。

そういう生活している時点で思想家失格なんだって!

そんなヤツの意見は一切聞く必要はない。

そういった意味で、憲法違反といわれている安倍総理の立場は正しい。

安政の大獄ならぬ平成の大獄で、憲法学者を全てさらし首にして、最後は自分も桜田門外の変で暗殺されて欲しい。

殺されてこそ、コンプレックスの元、岸じいさんを超えることができるのだ!

後先考えずに、安保法制ぐらい強行採決せよ!

強行採決ぐらいできないと、総理の支持者は話し合いよりそれを支持しているんだから政治生命終わるぞ!

だから、絶対強行採決せよ!

リベラルの理念のために、世界はまだ終わらせられない!
AD
2015-06-12 00:12:31

「人間性」こそ全て!

Theme: 思想・宗教
中小企業の人事担当者かよー!

でも、これが21世紀を生きる最終兵器である!

ゴムゴムのルフィとその仲間たちも言ってるではないか。「あいつはいいやつだ」って。

そこが重要。赤丸要チェックポイント!

これはヒューマニズムとか、峠の三ちゃんが「にんげんを返せ」とか言ってた「にんげん」とか、戦後民主主義とか憲法第九条とかとは違う。

だっていくら言ってることが正しくても、思想が立派でも、やなヤツはやなヤツだろう。

逆に、思想がレイシストだろうが創価学会だろうがオーム真理教だろうがイスラム国だろうがいいヤツはいいヤツなわけで、逆にいくらいい事を言っていても死んで欲しいヤツは死んで欲しいわけで、そういった意味で、人間性は哲学も思想も超えるのだ!

知性もへったくれもない、漢字も書けない、九九も全部言えない、工業高校中退のヤンキーだって、セクラハエロ親父だって、この人間性をもってすれば仲間にする事が出来るのだ!

なっ最強だろ!

ヤンキーやエロ親父だけじゃない、犬だって猫だって種の壁を越えて友達になれるぞ~!一節によると爬虫類や植物だって。宇宙人だって友達になれるかもしれない。

だから、国家や宗教や性的嗜好などが、それぞれいがみあって殺し合ってるこの21世紀を生きる最後の思想は、誰でもわかるこの人間性しかないのだ!

自分にとってはいいヤツだとしても、他人にとっては最悪なヤツってのもいるかもしれない。

でもそれでいいのだ!

世の中、それで普通だから。

みんな素直になろーぜ♪
AD
2015-06-11 23:42:03

思想としての反知主義

Theme: 思想・宗教
人類の歴史の99.9999…%は理不尽な頑固親父と難波のオバチャンが作った!

折り目正しい知識人が作った歴史なんていうのは、0.0000…1%も無いのだ。

ビートたけしが昔演じていた鬼瓦権三みたいなセクラハパラワラエロ親父の価値観が、人類史の殆どの局面において正義であり、偏差値高夫の優等生が世界のイニシアチブを握ったのは、近代の資本主義社会が始まって、マスコミがグーテンベルクの発明っで、情報を大量生産出来るようになって、商売になるようになってからの僅かな期間に過ぎないのだ!

人類の人口比率において、理不尽なセクラハパラワラエロ親父の比率の方が、偏差値高男のお勉強くんよりも常に多数派であって、それがたまたまマスコミによる情報支配によって、自分たちが権力者で偉い人間であると勘違いしている知識人が、インターネットの登場で、労務者のオッサンも情報発信するようになって、自分たちの一時的な優位が脅かされて、焦って騒いでるのが、今のリベラルの反知主義批判である。

子供の頃みたいに、またジャイアンに苛められるー!と。


でもそんなのび太やスネ夫のトラウマなんてどいでもいいのだ!

民主主義の根本法則からいって、理不尽な親父の方が多数派なんだから、その主張が通るのは当然なのだ!

だいたい、普段直接民主主義だの住民投票だの言ってる輩が、多数決やったら負けそうだから、いきなり批判し始めるって何なのよー!

そういうことやってるから、ネットで賛成コメントの100倍も批判コメントが来て、炎上するんじゃないですか。

吉本隆明の「大衆の原像」は、理不尽な頑固親父の意見を真摯に聞くことから始まるんじゃないのかい?

思想とは、そういった知識人階層から疎外された、理不尽な連中の声を言葉にすることじゃないのかい?

つまり、ネオナチとかネット右翼とか呼ばれていり人々の声に、真摯に耳を傾けることこそが、思想の始まりであるということ。

まあそれをやったら、大学やマスコミに職を得られなくなり、一生貧乏で野垂れ死にせざるを得なくなるわけだが、そんな世間的な知恵も回らず、悲惨な人生を送る人こそ、真の思想家たるのだ!
AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

AD

Amebaおすすめキーワード

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村



blogram投票ボタン

-------------------


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇