1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>
2015-02-26 23:05:21

存在と本質

Theme: 思想・宗教
西洋世界と中東のアラブ世界の対立は、元を正せば本質論と存在論の対立である。

西洋が本質論。
アラブが存在論。

と書いてわかる日本人がどれだけいるか甚だ疑問なんだが、富士山や御嶽山は山だが、その山という理念が、個々の山である富士山や御嶽山より優先してあるというのが本質論で西洋の基本的考え方。

逆に、富士山や御嶽山といった個別の山がまず存在して、それを概念化した山という理念は幻想にすぎないというのが、中東のアラブの立場。

さらにこれを突き詰めていくと全く逆の神に行き着き、神は西洋では山とか犬とか人間とかいった理念を統合さた究極の理念であり、逆にアラブ世界では、富士山や御嶽山やボチや鈴木一郎などの個々の存在を存在せしめる究極の存在が神と言われる。

と書いてもさらにわからないと思うので、「基本的人権」といったことで説明すると、民族、宗教、国家、集落の生活実態に先んじて、基本的人権があるというのが、どんな未解部族でも男女同権は当然だろうが、何故ならそれを神が保証しているというのが西洋人の考え方で、逆にアラブ人の立場で言えば、うるせーな現実的にそこで生活してんのは俺たちなんだからよー、妻を四人持とうが、女にかぶり物かぶせようが、俺たちの勝手だろー、ほらコーラン読めばそこに書いてある、というのがアラブの立場である。

これは日本人の立場から言えば、アラブの方が正しく見えるが、中国や北朝鮮みたいな独裁国家が、独裁は我が国の伝統文化である、お前らにとやかく言われる筋合いはないと言ってくる可能性もあるので、実際はどちらが正しいか、簡単に決められる物ではない。

いずれにせよ、この本質と存在の対立というのは、有史以前から続いてきた人類のライフワークといった対立であり、現在の西洋とアラブの対立は、それが性懲りもなくまた吹き出したものといえるのだ。
AD
2015-02-18 22:59:41

伝統は自由と民主主義と基本的人権に優先する!

Theme: 思想・宗教
全て一番重要な事は村の寄り合いで決められるべきである。

都道府県はそれを何よりもそれを優先すべきである。

国は、村の寄り合いの決定を優先した都道府県を優先すべきである。

国連はそれらを優先した国の決定を優先すべきである。

そもそも人類に共通の普遍的理念なんてものはないのだ。

世界に存在するのは、現実にそこに住んで生活している人々の生活実態だけであり、それを離れては何も存在しないのだ。

ゆえに一番重要なことは村の寄り合いで決められるべきであり、県や国みたいな上位の共同体が決められるのは、村と村の境界争いで、核兵器とか毒ガスとか使っちゃいけませんということだけで、それ以上は越権行為である。

より具体的にいうと、同性婚とか、奥さんを何人持てるとか、夜這いは合法か否かとか、街角にエロ本の自動販売機を置いていいかどうかということは、全てそこに住んでる住民の自治に任せるべきであり、都道府県や国や思想家がとやかく言うべきものではないのだ。

関西では一夫一妻制でも、東北では何人でも嫁さん持ってもいいってことで、何の問題もないではないか。

あるいは、北陸ではエロ本持ってだけでうち首だが、九州では売春が合法で、村祭りの日には誰と不倫してもいいってことでも、何ら問題はないではないか。

それを人類に共通の価値観があると思って、生活実態を越えてそれを押しつけるのが正義だと思ってる輩がいるから、イスラム国みたいなカウンターカルチャーが出てくるのだ。

フランスが自由と民主主義の伝統を是が非でも守りたいなら、フランス国内だけでやってろよ。

その伝統のない他国にそれを押しつけるのは完全な越権行為!

そもそも、人類の歴史の9.9999%は、村の寄り合いと理不尽な親父の歴史であり、自由と民主主義を良く理解するお勉強のできる優等生の歴史なんか0.1111%もないんだから、生物学的に言っても、ヤンキーと理不尽な親父の方が正しいのだ。

だから、村の寄り合い優先主義にすれば、戦争とかの人類の問題はほとんど解決されるはずなのだ。

これが21世紀の新しい保守の概念。
AD
2015-02-17 21:27:54

ワンピースとは戦後レジームを終わらせる物語である!

Theme: 思想・宗教
日本の戦後レジームだけではない。

第二次世界大戦で作られた世界的な戦後レジーム。

ナチスドイツの検証すら禁じられた歴史やイスラエルという侵すべかざる聖域によって、隠された歴史、失われた歴史を回復して、ひとつながりの世界=ワンピースを回復させるという、無意識の物語なのだ。

だから世界的なメガヒット作になる。

ワンピースの新世界とは、国民国家が崩壊してアナーキー化した中東であろう。

そしてルフィの宿敵である黒ヒゲとは、今売り出し中のイスラエル国であろう。

そして正義を掲げた海軍は、自由と民主主義を掲げた海軍で、天竜人が住むマリージョワはエルサレムで、その真下にある魚人島はバレチナ自治区で、四皇はロシアや中国などの新興国で、七武海はアメリカに従うしかないイギリスやフランスなどのヨーロッパ諸国で、しいて言えばそこに新しく加割ったバギーは安倍総理であるw

あっそれから、Dは当然ムスリムね。すでに世界中に嵐を呼んでるじゃないですかww

ちなみに戦争放棄したドレスローザは日本ではなく、世界の武器輸出のダックスヘブンになってしまったスイスで、ドラミンゴはロックフェラーかロスチャイルド家に生まれたにも関わらず、反戦運動に身を投じたために一族を追放された元ヒッビーの息子。

世界をぶち壊すために、ドラッグの販売に手を染めている。

となるとルフィ海賊団は誰かということになるが、やはりシリアあたりで反体制運動に身を投じている若くて有望な活動家ということになるであろう。

その父親がアルカイダのピン・ラディンで爺さんがアメリカの共和党あたりのタカ派のマケインみたいな政治家。中東で不倫して、ピン・ラディンが生まれたという設定。

そういった複雑な家系を背負って、ルフィは海賊王=カリフを目指す。

海賊団の仲間に、歴史修正主義者のロビンとソーラーエコロジスト王子のブルック=シアターブルック=佐藤タイジを含むのも極めて興味深い。

ということで、ワンピースを読み解くことは、世界の共通無意識を読み解くことに他ならず、その危険性に気づいたモザドにより尾田栄一郎先生方暗殺されない限り、これからの世界史の予言書としてリードしていくことであろう。

現実問題としてワンピースに影響受けてイスラム国入りした人は3人ぐらいいると思うんですよね。
AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村



blogram投票ボタン

-------------------