東京都は12日、開会中の都議会に提出する子供との性行為を描いた漫画など“2次元”児童ポルノを規制する青少年健全育成条例の改正案について、都議会予算特別委員会で説明し理解を求めた。2次元児童ポルノの規制は全国初の試みで19日の総務委員会で採決される。

 改正案は、漫画やアニメ、ゲームに登場する服装などから18歳未満と想定されるキャラクターを「非実在青少年」と規定。こうしたキャラクターとの性行為を主題とする2次元児童ポルノの販売について、業界に自主規制を求めた上で、婦女暴行などの場面がある悪質な商品を「不健全図書」に指定、青少年への販売や閲覧を禁じる。

 一方、識者や漫画家などの間では、改正案に対して「行政による表現の自由の侵害」とする反発も根強くあり、12日の都議会予算特別委員会でも民主都議が改正案への反対を訴え、議会が紛糾した。

【関連記事】
規制強化か、プラス活用か…「子供とケータイ」めぐる動きが活発化
日本製「エロ画」所持で有罪判決! カナダ人の双子青年
「神待ちサイト」乱立 家出少女が“援助”持ちかけ
疑似児童ポルノ摘発 成人が剃毛し少女役
【News解説】児童ポルノ摘発過去最多 935件

<衆院委>子ども手当法案を可決 高校無償化法案も(毎日新聞)
路上に男性変死体、殺人で捜査 手縛られ頭部打撲跡 国分寺(産経新聞)
<新潟市美術館>文化庁方針に市長不満 仏像展示問題(毎日新聞)
福島震度5弱 政府が情報連絡室(産経新聞)
青い目の議員たち 日本国籍で得た重き一票(産経新聞)
AD