鳩山由紀夫首相は26日の参院本会議で宮崎県で被害が拡大している口蹄(こうてい)疫の対策に関連し、「強制の殺処分などについてはやはり立法措置が必要だろう」と述べ、特別措置法の今国会成立を目指す各党との連携に前向きな姿勢を示した。渡辺孝男氏(公明)への答弁。
 家畜伝染病予防法は、口蹄疫に感染した家畜と感染疑いの家畜を殺すことをその所有者に義務付けているが、ワクチンを投与した後の殺処分までは強制できない。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
社民との連立「維持される」=首相

シバザクラ 見ごろ迎える 北海道・滝上 (毎日新聞)
鳩山首相「ぶら下がりより記者会見を活用したい」(産経新聞)
「逃げろ!」の声で群衆走り出す 一緒にいた友人は帰らぬ人に(産経新聞)
公明・山口氏 「首相は月末に辞任を」(産経新聞)
<秋葉原事件>「社会へのテロ」…遺族が初めて証言(毎日新聞)
AD