先輩の隊員を銃剣で切り付けたとして、殺人未遂罪に問われた陸上自衛官片岡淳弥被告(20)の裁判員裁判で、静岡地裁沼津支部(片山隆夫裁判長)は14日、懲役3年、保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。
 片山裁判長は、被告が被害者と示談を成立させ、懲戒免職が見込まれているとし、「社会の中で更生の道を歩ませるのが相当」と述べた。
 判決後に記者会見した裁判員経験者らは「被告が自衛隊員であることは特に意識しなかった」(男性)、「自衛隊員ということは気にせず、事実そのものを考えた」(30代女性)などと語った。
 判決によると、片岡被告は昨年9月21日、静岡県小山町の富士駐屯地で、先輩隊員の首を背後から銃剣で切り付けた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
今度は裁判官月給一覧表=阿久根市長、自身のブログに「おカネ持ちが判決」
裁判員対象除外を申請=暴力団幹部の爆発物事件
男性の復職、なお拒否=免職取り消し判決を無視
復職へ「まだ通過点」=勝訴の阿久根市職員が会見

チリ大地震津波勧告 避難率、4割を切る(産経新聞)
イチゴ畑でミツバチ盗難続発=不足で価格上昇、転売目的? -頭抱える農家・静岡など(時事通信)
鳩山首相の徳之島入りに反発も=普天間移設反対-地元町長(時事通信)
認知症の女性の顔に落書き、撮影…栃木の施設(読売新聞)
福島党首、石原知事の発言「人種差別」と批判(読売新聞)
AD