平野博文官房長官は2日午前の記者会見で、大地震で被害を受けたチリへの国際緊急医療チーム派遣について、「チリ政府の方針として派遣を見合わせてほしいという申し出があった」と述べ、当面延期することを明らかにした。ただ、1日夜に日本を出発した外務省職員や医師ら先遣隊3人は、予定通りチリ入りする。
 政府は20人規模の医療チーム派遣を決めていた。チリ側の申し出の理由に関し、平野長官は「おそらく治安(の問題)や受け入れ態勢ができ上がっていない状況なんだろう」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記~被災地の1週間~
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕2010年チリ大地震~日本にも津波~
政府、迅速対応をアピール=津波・大地震、初の危機管理
地震による火災か、黒煙覆う=衛星「だいち」、チリ観測

<富士山の日フォーラム>5年でごみ123トン回収を報告(毎日新聞)
<プルサーマル計画>伊方原発3号機で送電開始へ(毎日新聞)
シー・シェパード妨害 第2昭南丸、横浜で見分へ 侵入船長、傷害容疑も視野(産経新聞)
夕張市 カジノ、産廃処分場…迷惑施設で起死回生?(毎日新聞)
チリ大地震 太平洋一帯50以上の国・地域が影響(産経新聞)
AD