8日の衆院議員の資産公開で、鳩山由紀夫首相が昨年8月30日から9月16日までの間、個人資産の定期預金から1億8000万円を取り崩していたことが分かった。当時、鳩山首相は資金管理団体による偽装献金問題を抱えていたうえ、衆院選直後の2週間余に巨額資金を引き出していることから、国会で追及される可能性もある。

 鳩山首相は昨年10月の閣僚資産公開で昨年9月16日時点の保有資産を公表。これと今回の衆院議員としての資産公開(昨年8月30日現在)を比べると、鳩山首相の定期預金は10億5670万円から8億7670万円に減っていた。

 鳩山事務所は「定期預金を解約して普通預金に入れた」と説明している。

【関連ニュース】
<特集>鳩山政権
<特集>マニフェストをチェック 鳩山政権の通信簿
<写真特集>鳩山由紀夫首相
鳩山首相:小沢氏「責任論」区切り図る
加藤紘一氏:「秘書がやったことは…」首相に「責任」迫る

覚せい剤摘発、過去最多=5割増の164件-昨年の密輸取り締まり(時事通信)
トラック屋根の上に男性 歩道橋から落下か、軽傷(産経新聞)
自民、元女優ら2新人を擁立(産経新聞)
<痴漢容疑>非番の女性巡査に 47歳逮捕 埼玉の電車内(毎日新聞)
<マンション火災>1人暮らしの50歳女性死亡 名古屋(毎日新聞)
AD