長崎県知事選が4日告示され、無所属の新人7人による選挙戦となった。7人の立候補は同知事選では最多。選挙戦は民主、社民、国民新の3党が推薦する前農水省改革推進室長の橋本剛氏(40)と、自民が実質支援する前副知事の中村法道氏(59)による「与野党対決」を軸に展開する見通しだ。投開票は21日。【阿部義正】

【関連ニュース】
長崎県知事選:過去最多の7人が立候補を届け出
選挙:長崎県知事選 7人が届け出
諫早湾干拓事業:堤防開門問題 面会先延ばし発言で知事、農相対応に「不満」 /佐賀
長崎知事選:過去最多の7人届け出 現職不出馬で新人同士の争いに
選挙:長崎県知事選 過去最多、新人7人届け出--告示

<シンポジウム>困窮の子ども救済目指し開催 330人参加(毎日新聞)
反捕鯨団体がまた調査妨害=水産庁(時事通信)
「1Q84」続編、4月16日発売=初版で50万部-新潮社(時事通信)
大雪 北陸、関西に最強クラスの寒気…京都・金閣寺雪化粧(毎日新聞)
関学大入試で出題ミス、全員を正解へ(産経新聞)
AD