高速道路の無料化路線が発表された。無料化する路線は、首都高速と阪神高速を除いた高速道路全体の約18%、総延長1626km。37区画50路線。

高速道路の段階的無料化実験は2010年度から3年間にわたって、その効果検証をする。今回の無料化路線の発表は、その第一弾。今年6月から実施を目指す。

渋滞による物流への影響などを避けるため、無料化は以下の路線は除外された。
(1)東京、名古屋、大阪の三大都市圏とそれを結ぶ路線
(2)札幌、仙台、広島、福岡の各都市圏内の路線。また、これらの都市圏を相互に連絡する路線
(3)対象外となった都市圏から他の県庁所在地を結ぶ路線

無料化はトラックからバイクまで全車種を対象とする。ETC車載器を搭載しない現金利用車両も無料。

料金システムの改修や現地の受け入れ態勢作りのため準備期間を必要とするため、社会実験実施スタート日は確定していない。ただ、予算に限りがあるため無料化実験終了日は2011年3月末日を予定する。

高速道路の段階的無料化は、民主党政権がマニフェストに掲げている。今回の発表は無料化される路線のみ。土日祝日1000円に変わる上限料金の設定や、軽自動車に関する負担軽減については、別に発表される。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
暫定税率、ガソリン価格が3か月連続160円超で課税停止
年末年始の高速道路、10km以上の渋滞3割増
国土交通省 特別編集
注目の記事 特別編集

「外しに時間」特殊ねじ効果 車やバイクのナンバープレート、盗ませへん(産経新聞)
橋下知事「尊敬する虫はゴキブリ」(産経新聞)
酒気帯び運転で海自隊員を逮捕 徳島県警(産経新聞)
中外製薬、売上高など過去最高の業績(医療介護CBニュース)
企業献金全面禁止で首相「早期に結論を」 衆院予算委が実質審議入り(産経新聞)
AD