鳩山由紀夫首相は4日夜、資金管理団体の政治資金規正法違反事件で不起訴処分となった小沢一郎民主党幹事長の進退について「今、党の人事をうんぬんする状況ではない」と述べ、幹事長を続投させる意向を表明した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 首相は、石川知裕衆院議員が起訴されたことについて「党代表の立場から、現職の国会議員が起訴されたことは国民に申し訳ないと遺憾に思い、おわびを申し上げなければならない」と陳謝した。ただ、石川議員の進退については「自身が判断すべき問題だ」と述べるにとどめた。
 また、東京地検が下した一連の処分については「公正な判断の下で処分がなされたと思う」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~4億円「知人から預かった」~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

横浜の小学校、不登校・暴力行為の専任教諭配置へ(読売新聞)
合成樹脂の倉庫内から煙、消火続く…川崎(読売新聞)
首相動静(2月5日)(時事通信)
<陸山会事件>またも秘書だけ 説明になお疑問(毎日新聞)
<朝青龍関>警視庁に「示談」報告…暴行問題(毎日新聞)
AD