節分の3日、三重県四日市市海山道(みやまど)町の海山道稲荷神社(林一翁宮司)で、厄年の男女がキツネの面をつけて花婿と花嫁を演じる神事「狐(きつね)の嫁入り道中」が行われた。

 今年の主役は、氏子から選ばれた花婿役の会社員、田中宏明さん(23)と花嫁役の高校2年、畦地和音さん(17)。赤鬼と青鬼の先導で境内を練り歩いた後、特設の舞台で結婚式に臨んだ。仲人役がキツネの鳴き声をまねて「コーン、コーン」と祝福すると、三三九度の杯を交わして夫婦となり、福豆をまいて見物人の招福を祈願した。【井上章】

<障害者基本法>抜本改正で推進会議一致 差別禁止法制定も(毎日新聞)
香港に捜査員派遣=銀座・高級時計窃盗で警視庁(時事通信)
別のブラジル人同乗者が出頭=携帯の男か、名古屋ひき逃げ-愛知県警(時事通信)
<鳩山首相>小沢氏の招致、明言せず…参院代表質問(毎日新聞)
新型インフル対策「別室」も 関西の私大入試本格スタート(産経新聞)
AD