知人女性に性的暴行を加えたとして、強姦致傷などの罪に問われた兵庫県加古川市の無職、高原雅弥被告(32)に対する裁判員裁判の判決で、神戸地裁姫路支部(五十嵐常之裁判長)は5日、懲役6年(求刑懲役7年)を言い渡した。
 被告側は合意があったなどとして、強姦致傷罪ではなく傷害罪の適用を主張したが、判決は「怖くて抵抗できなかったという被害者の供述は自然で信用できる」として退けた。
 判決後の会見で、性犯罪を審理する裁判員の男女構成について、裁判員からは「事件ごとに考慮するのは難しい。今回は十分審理できた」「あまり偏らない方がいい」などの意見が出た。
 判決によると、高原被告は昨年7月、同県高砂市内で知人女性をナイフで脅して暴行し、約1カ月のけがを負わせた。 

ビールにパフェ…ファミレスで9時間無銭飲食(読売新聞)
<自民>参院選の公認候補2人を発表(毎日新聞)
橋下知事、私立高の実質無料化制度拡大の意向(読売新聞)
無料化社会実験後もETCは必要馬淵国交副大臣(レスポンス)
<多額窃盗>国内20~30件関与か…香港で逮捕の爆窃団(毎日新聞)
AD