岡田克也外相は1日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について「望ましいことではないが、他になければ普天間が今のままということもあり得る」と語った。移設先で結論が出せない場合には、普天間の使用継続があり得るとの考えを示した。

 鳩山由紀夫首相は1月28日、普天間の使用継続について首相官邸で記者団に「危険性が高く、騒音に悩まされている方が多い中で『移設先を探そう』とゼロベースで検討している。今まで通り使うという話はない」と否定。北沢俊美防衛相も同29日の記者会見で「今の形で普天間が継続されることはあり得ない」と否定していた。

 会見で岡田氏は「ゼロベースということは、あらゆる可能性がある」と強調した。キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設する現行計画についても「検討の対象には含まれる」との見方を示した。【野口武則】

【関連ニュース】
岡田外相:「日米同盟深化させる」 外交演説で強調へ
普天間移設:岡田外相が米副司令官と会談「5月まで結論」
岡田外相:ハワイに到着 13日未明に米国務長官と会談
日米外相:12日にハワイで会談 同盟深化を協議
日米外相会談:11日ハワイで 両政府が調整

<転落>川に車2人死亡 スリップ跡、凍結か さいたま(毎日新聞)
臨時交付金少なかった、算定ミス42億円(読売新聞)
<不正経理>神奈川県警で14億円 横浜市でも2.9億円(毎日新聞)
看護職33人の行政処分を公表-厚労省(医療介護CBニュース)
首相動静(2月6日)(時事通信)
AD