大学入試センターは5日、先月16、17日に行われた大学入試センター試験について、受験者数や平均点を発表した。

 受験者数は昨年より約1万3000人多い52万600人で、志願者全体に占める割合は94・08%(昨年93・32%)だった。

 科目別の平均点は、3番目に受験生の多かった国語(満点200点)が107・62点で昨年を7・84点下回るなど、29科目のうち15科目で昨年を下回った。

 ただ、受験者数が最も多かった英語の筆記(同200点)は118・14点で、昨年より3・12点アップ。次に受験者が多かった英語のリスニング(聞き取り)テスト(同50点)も、昨年より5・36点高い29・39点だった。

オバマさんの脚みたい、日本一長~い足湯(読売新聞)
<小沢一郎氏>「公正な捜査の結果」(毎日新聞)
日弁連会長戦、初の再投票に=法曹人口問題が争点-得票、規定に達せず(時事通信)
<夕方閣議>「陛下に負担」宮内庁と相談へ(毎日新聞)
双子のヤギ 和歌山公園動物園ですくすく(産経新聞)
AD