「旧家出身で土地もある。母の遺産で返す」と言い、臨床検査技師の女性(54)から約900万円をだまし取ったとして、警視庁綾瀬署は1日までに、詐欺容疑で、住所不定、無職石田幸子容疑者(59)を逮捕した。
 同署によると、容疑を認めている。「佐賀に数千坪の土地があり、売れば30億円になる。価値のある骨董(こっとう)もたくさんある」と話し、逮捕容疑を含めて計約7000万円を詐取した疑いがあるという。
 逮捕容疑は2007年4月下旬から同年10月下旬の間、「亡くなった母の老人ホーム代の返済を迫られている。遺産相続手続きが終了したら返す」と偽り、女性から数十回にわたり、計約900万円を詐取した疑い。 

【関連ニュース】
顧客の貯金、詐取容疑=漁協元職員を逮捕
日本語研修の実態調査へ=インドネシア介護士受け入れで
処方薬、検出成分と一致=走行記録、販売日誌も分析
元課長ら4人再逮捕=広島ガス子会社の架空取引
元巨人桑田さんの元義兄を逮捕=架空投資話で詐欺容疑

モニターに映し出されるナイフの売上伝票 うつむいていた被告も顔をあげ…(産経新聞)
外相の「継続使用」発言批判=普天間移設、首相と不一致-社、国(時事通信)
国内売り上げが海外減収分を補い増収増益―エーザイ(医療介護CBニュース)
「隠れ天下り」監視へ新機関、人材センター廃止(読売新聞)
ミリタリー・バランス タリバン勢力拡大 30→160(産経新聞)
AD