3日午前8時20分ごろ、羽田発女満別行きの日本航空1183便(ボーイング737型)が離陸直後に左側の第1エンジンから出火、異常を知らせるランプが点灯したため羽田に引き返した。

 同機は午前8時38分ごろ、緊急着陸。乗客121人と乗員6人にけがはなかったが、機体の点検のため羽田のA滑走路が14分間にわたり閉鎖された。日本航空などで出火の原因を調べている。

【関連記事】
NZ機、急ブレーキでパンク 成田、滑走路30分閉鎖
JAL機、エンジン異常で引き返す 乗客・乗員にけがなし
旅客機エンジンに鳥衝突 日航機引き返す 新千歳
バードストライク DNA鑑定で「危険な鳥」防除
航空祭で空自F15尾翼落下 福岡・築城基地

<塩分取りすぎ>がんなど万病のもと 厚労省が8万人調査(毎日新聞)
亀井金融相、郵政分社化を「酒鬼薔薇事件」になぞらえ小泉批判(スポーツ報知)
センター試験平均点、15科目でダウン(読売新聞)
千葉県警の不正経理5億7000万円(産経新聞)
悔い無き最期、迎えるために 求められる「死の予習」(産経新聞)
AD