7日午前7時半からフジテレビ系で放送される「新報道2001」。民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐり、元秘書の石川知裕衆院議員ら3人を政治資金規正法違反罪で起訴したが、小沢氏本人は不起訴とした。これを受け、民主党内では小沢氏の幹事長続投を容認する声が広がる一方、党内の一部や野党からは道義的責任を求める意見も相次いでいる。小沢氏の説明責任などについて、民主党の細野豪志副幹事長ら与野党の論客が討論。また、元東京地検特捜部長の宗像紀夫氏を迎え、小沢氏をめぐる捜査のあり方と、今後の展開を検証する。

【関連記事】
続投の小沢氏 「剛腕」再始動
側近に圧力「小沢が倒れたら鳩山も終わり」
「力=金」ザル法を利用して党費独占
「責めは当然感じるべき」小沢氏問題で鳩山首相
石原知事、民主2トップに「不愉快、不可解」

日医会長選に京都府医師会長が立候補へ 近畿6府県で推薦予定(産経新聞)
<北極振動>気象予想のかく乱要因 2月東日本、異例の修正(毎日新聞)
【偽りの果てに 連続婚活詐欺・不審死事件】(上)“名家育ち”破滅の人生 (産経新聞)
復元進む遣唐使船=奈良〔地域〕(時事通信)
NHK「無縁死3万人」に大反響 「他人事とは思えない」コメント殺到(J-CASTニュース)
AD