大阪府内で初乗り500円(2キロ)のタクシーを運営する5業者が3日、国を相手取り、近畿運輸局が定めた走行距離基準の取り消しを求める訴えを大阪地裁に起こす。近畿運輸局は今年から、大阪市内などで毎日営業しているタクシーの走行距離の上限を250キロと定める規制を実施。格安タクシー会社を中心に反発の声が相次いでいた。

 訴状によると、他地域は高速道路での走行は距離基準の対象外とされているが、近畿運輸局の基準では高速道路での走行距離のうち50キロまでが距離基準に含まれていると指摘。「事業活動に対し過度の制限を行い、裁量権の乱用」と主張している。

 近畿運輸局は「訴状を見ていないのでコメントできない」としている。

【関連記事】
格安タクシー協会が抗議「日勤距離250キロ規制、根拠を」
格安タクシーいじめ?事故防止? 乗務距離“制限”へ新基準
“あいのり”募集!深夜タクシー利用者に朗報
禁煙タクシーは時代の流れ?客離れは「杞憂」
「救命タクシー」快走中 資格を持つ運転手が増加

免許取り立て、納車の翌日…車、コンビニに車突っ込む(産経新聞)
求職者支援の恒久化検討=給付額、対象者を議論-厚労省審議会(時事通信)
学テ、市町村名伏せ公開=京都府教委(時事通信)
参院代表質問 「同志」発言で鳩山首相が答弁(毎日新聞)
<龍谷大>日本史で入試ミス 受験者全員を正答扱い(毎日新聞)
AD