大阪府の橋下徹知事は2日、私立高校の実質授業料無償化を目的に2010年度から府独自に実施する予定の保護者支援について、11年度には年間所得680万円以下の世帯まで拡大する考えを明らかにした。公立、私立を問わず高校全体の競争を促す狙いもあり、結果的に受験者数が減った公立高校は廃止も検討するなどのルールづくりも進めるという。6日の就任2年を前に報道各社とのインタビューで語った。 

【関連ニュース】
「国民の声が解決の鍵」=拉致家族ら集会で訴え
ワッハ上方、移転見送り=吉本興業が運営へ
訪問販売、規制強化を検討=橋下大阪知事と会談
伊丹の将来需要見込めず=大阪府知事が意見
伊丹は縮小して存続=前原国交相が関空視察

<小1虐待死>心のSOS届かず 父かばい気丈に振る舞い(毎日新聞)
参加を受信料支払者に限定=NHK番組おかあさんといっしょ(時事通信)
日航のハイチ支援 ツイッター後押し(産経新聞)
神奈川県警の不正経理、国費含めて14億円(読売新聞)
<桜島>火山活動が活発化 1月に爆発的噴火131回(毎日新聞)
AD