史上最年少の囲碁棋士が誕生した。2010年度棋士採用試験女流本戦が6日、東京都千代田区の日本棋院で開かれ、小学5年生の藤沢里菜(りな)さん(11)=東京都新宿区=が入段を決めた。4月1日付(11歳6カ月)で女流プロ棋士の初段となる。これは二十五世本因坊治勲の11歳9カ月を抜いて、史上最年少。

 謝依旻(シェイ・イミン)女流本因坊がもつ女流棋士の最年少記録(14歳4カ月)も大幅に更新した。里菜さんの父は一就(かずなり)八段、祖父は故・藤沢秀行名誉棋聖。【金沢盛栄】

【関連ニュース】
小沢幹事長:新成人、井山名人と対局 逃げ切れず引き分け
囲碁:謝依旻が女流3冠制覇 7年ぶり2人目
囲碁:棋聖戦第2局、張栩十段が連勝
囲碁:関西棋院2人目の外国人女性棋士
囲碁:本因坊戦挑戦リーグ 高尾と山田が勝ち

沖縄連絡室長に瀧野副長官=政府(時事通信)
最高齢棋士有吉九段が引退へ(時事通信)
<自民>週末に全国で街頭演説 首相や小沢氏追及(毎日新聞)
「あの子のところに行って謝って」被害者遺族がコメント 結婚詐欺・連続不審死(産経新聞)
<認知機能検査>高齢者免許更新取り消しは2件 施行6カ月(毎日新聞)
AD