総合物流大手「鴻池運輸」(大阪市中央区)で、幹部の住所録や契約書、報告書などの機密情報が外部に漏洩(ろうえい)していたことが6日、分かった。元社員が情報を持ち出し、内通している在日中国人の手に渡り、中国側へ流出した可能性があるという。

 同社関係者によると、漏洩させたのは中国に留学経験がある元派遣社員の40代半ばの女性とみられ、6年前から海外業務管理担当として勤務していたが、昨年春に「一身上の都合」として契約満了前に退職した。

 女性は社内パソコンから抜き出したデータを大阪府内に住む中国人男性に渡していたという。関係者は「この男性は日本のさまざまな情報を収集し、中国の企業か政府に渡しているとみられる」と話している。

副知事室で現金手渡し=県庁など捜索-町村会汚職・福岡県警(時事通信)
山崎氏、離党せず=自民(時事通信)
オフィス街も真っ白に…東京都心に今冬初の積雪(読売新聞)
同盟深化、普天間で議論=日米が外務・防衛局長級協議(時事通信)
【一筆多論】松村雅之 コールドケースを追え(産経新聞)
AD