明石歩道橋事故で神戸第2検察審査会が兵庫県警明石署の榊和晄(かづあき)元副署長(62)=退職=を起訴すべきだと議決し、全国で初めて強制起訴されることを受け、神戸地裁は4日、検察官の代わりに起訴や公判を担当する「指定弁護士」に、県弁護士会から推薦された弁護士3人を指定した。

 元裁判官の安原浩(66)▽同弁護士会犯罪被害者支援委員会副委員長の中川勘太(37)▽同事故を審査した検察審査会で審査補助員を務めた長谷部信一(31)--の各弁護士。安原弁護士が主任を務める予定。地裁は同日、3人に指定書を、神戸地検に指定通知書を交付した。

 今後、3人は県警や地検の捜査資料などを基に榊元副署長の起訴状を作成し、地裁に公判を請求する。

【関連ニュース】
明石歩道橋事故:元副署長を強制的起訴へ 検察審が議決
明石歩道橋事故
兵庫・明石の歩道橋事故:元副署長、起訴へ 改正法初適用--検察審再議決
兵庫・明石の歩道橋事故:2回目「起訴相当」 初の「市民による起訴」
兵庫・明石の歩道橋事故:検察審起訴議決 「100点満点の内容」喜びかみしめる遺族

2次補正予算が成立(時事通信)
民家の玄関先、へその緒ついた乳児置き去り(読売新聞)
首相、日本郵政社長は「天下りではない」と強弁(産経新聞)
追及1年、巨額資金暴く=「本丸」到達せず-東京地検・小沢氏不起訴(時事通信)
<参院代表質問>「同志」発言で鳩山首相が答弁(毎日新聞)
AD