茨城県笠間市の県道で昨年10月、新聞配達員の女性(46)のバイクが道路に張ってあったロープに接触、転倒してけがを負った事件で、県警笠間署は30日、殺人未遂の疑いで、笠間市内に住む私立高校1年の男子生徒(16)と、知人の無職少年(16)を逮捕した。2人はロープを張った事実は認めているが、殺意については否認している。

 同署によると、男子生徒らは昨年10月11日午前3時5分ごろ、同市下郷の県道にナイロン製のロープを張って女性を転倒させ、頭や首を切るなど全治3週間のけがを負わせた疑いが持たれている。ロープは太さ約1センチで、約1・2メートルの高さに張られていた。

 

「仕事の大変さを分からせたい」HP改竄で元社員逮捕(産経新聞)
郵便不正第4回公判 倉沢被告への質問詳報(産経新聞)
JR常磐線の線路脇に放火 容疑の男逮捕 ひたちなか(産経新聞)
東京地裁、石川衆院議員ら3人の保釈決定(読売新聞)
公訴時効見直しで対案=「撤廃」で一致せず-法制審部会(時事通信)
AD