福岡県小倉北署は31日までに、偽札を使って援助交際を持ちかけたとして、偽造通貨行使未遂の疑いで、会社員・義経信一容疑者(33)を逮捕した。同署によると「家のカラーコピーで作った」と話し、容疑を認めている。

 同署によると、義経容疑者は30日午後5時ごろ、北九州市内のコンビニで買い物中の女性(20)に「援交せん?」と声をかけた。女性は無視して店を出たが、容疑者は追いすがり「いくらやったらいい?」と、ポケットから偽物の1万円札3枚を出した。

 一見して偽物と分かる色合いに、女性は「これ、違うやん」と指摘。容疑者は「ごめん、ごめん」と偽札を引っ込め「1万円やったらすぐに払えるけん。すぐに下ろしてくるけん」と食い下がった。

 女性は偽札を差し出されたことを、アルバイト先の店長に電話報告し、店長が110番通報。容疑者は同店から100メートル離れたコンビニの前でも同じ女性に話しかけたが、警察がかけつけて御用となった。

 容疑者には、妻も子供もおり、女性と面識はなかった。容疑者の車内から、ほかに10枚の偽札が見つかった。

 【関連記事】
1万円札 を調べる

投資会社「サンラ・ワールド」 上場祝賀会で数億 滞納家賃に充てる?(産経新聞)
寛仁さまが入院(時事通信)
<名古屋食肉公社>保証金15億円回収不能 支払先破産状態(毎日新聞)
未公開株話、巨額集金か 金商法違反 警視庁が近く本格捜査 (産経新聞)
鳩山首相は足利義政か 問題を先送りする優柔不断さ(産経新聞)
AD