日本気象協会は3日、桜(ソメイヨシノ)の開花予想を発表した。

 一時的に冷え込む時期はあったが、昨秋からの気温は平年並みか高めで、今後も同様に推移するとみられ、開花も平年より数日早まる地域が多いと予想している。

 発表によると、桜前線は3月19日に高知、福岡両市へ上陸を開始。高知は平年より4日、福岡は7日早い。広島市は平年より5日早い24日となるなど中国地方は各地で2~5日早まる。京都市は3日早い28日、大阪市は1日早い29日、神戸市は平年並みの30日と見込んでいる。

 桜の開花予想は、今年から気象庁が撤退する一方で、新たに気象情報会社「ウェザーマップ」(東京)が参入した。同社が1月25日に発表した予想でも、多くの地域で平年より2~4日早くなるという結果となった。

 04年から予想を始めた気象情報会社「ウェザーニューズ」(同)は、15日に開花傾向を発表する。

雑記帳 「塩竈の藻塩」の携帯ストラップ(毎日新聞)
押尾被告、3月5日に公判前整理手続き(産経新聞)
<中学受験>本格シーズン 受験者数過去最高更新する勢い(毎日新聞)
初公判傍聴の遺族「絶対許せない」…秋葉原殺傷(読売新聞)
小沢氏立件なら議員辞職も=民主渡部氏(時事通信)
AD