鳩山由紀夫首相は1日午前、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる事件に関連し、党内の有力議員から小沢氏に幹事長辞任も含む「けじめ」を求める発言が相次いだことについて、「自浄能力は党として発揮しなければならないが、この具体的な問題については冷静に見守るしかない」と述べた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~ゼネコン側、妨害恐れ献金~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~

【施政方針演説】全文(4) 危機を好機に-フロンティアを切り拓く-「ピンチをチャンスに」(産経新聞)
座り込みや集会主導 都職員10人懲戒処分(産経新聞)
「A少年じゃないが切り刻んだ」 亀井発言に批判(J-CASTニュース)
バレンタイン QRコード付きチョコあげます 大阪で(毎日新聞)
【郵便不正事件】弁護側冒頭陳述要旨(産経新聞)
AD